【朝日杯フューチュリティS(G1)】(2018インパクトデータ活用術予想篇)

画像
朝日杯フューチュリティSに関する過去データ

血 統 篇(朝日杯FS限定)
父王道血統が走りやすくなったが、スピードの血も重要!?
クラシック血統(ディープ産駒、キンカメ×サンデー系)。人気薄は、父か母父がPサンデー系、ヴァイスリージェント系、ダンチヒ系の短距離指向の血統。

該当馬(ディープ産駒)=グランアレグリア
該当馬(父Pサンデー系)=アドマイヤマーズ
該当馬(父ヴァイスリージェント系)=エメラルファイト
該当馬(母父ディープインパクト)=ファンタジスト
該当馬(母父Pサンデー系)=ソルトイブキ
該当馬(母父ダンチヒ系)=コパノマーティン

画像
阪神に開催が移行されてからの勝ち馬は、ディープインパクトとキングカメハメハの産駒で占められており、主流血統が走りやすいレース。また、阪神JFと同様に父または母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の好走も目立つ。
騎 手 篇(阪神 芝1600㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.12.9.)
画像

ルメール騎手
【20-14-10-34/78】勝率25.6%/連対率43.6%/複勝率56.4%
5番人気内に騎乗した場合
【19-14-9-27/69】勝率27.5%/連対率47.8%/複勝率60.9%
該当騎乗予定馬=グランアレグリア
厩 舎 篇(阪神 芝1600㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.12.9.)
画像

藤沢和雄厩舎
【6-4-5-12/27】勝率22.2%/連対率37.0%/複勝率55.6%
5番人気内に推された場合
【5-3-4-8/20】勝率25.0%/連対率40.0%/複勝率60.0%
該当馬=グランアレグリア

ちなみに、ルメール×藤沢和雄厩舎
【4-2-3-3/12】勝率33.3%/連対率50.0%/複勝率75.0%
4角通過位置&キャリア篇
馬 名前走レース距離着順4角通過キャリア
171ダノンプレミアムサウジRCG3芝161 -2-22戦
172ステルヴィオサウジRCG3芝162 -14-163戦
173タワーオブロンドン京王2歳G2芝141 -6-74戦
馬 名前走レース距離着順4角通過キャリア
161サトノアレスベゴニア500芝161 -7-74戦
162モンドキャンノ京王2歳G2芝141 -9-83戦
163ボンセルヴィーソデイリーG2芝162 -1-14戦
馬 名前走レース距離着順4角通過キャリア
151リオンディーズ新馬芝2016-5-41戦
152エアスピネルデイリーG2芝161 -3-22戦
153シャドウアプローチ京王2歳G2芝143 -3-44戦
馬 名前走レース距離着順4角通過キャリア
141ダノンプラチナベゴニア500芝161 -4-43戦
142アルマワイオリデイリーG2芝164 -3-34戦
143クラリティスカイいちょ500芝161 -4-34戦
馬 名前走レース距離着順4角通過キャリア
131アジアエクスプレスオキザリ500芝161 -2-22戦
132ショウナンアチーヴからま500芝141 -7-64戦
133ウインフルブルーム千両賞500芝161 -1-13戦
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、キャリア)を検証。

『前走4着以内に好走した馬』が有力で、馬券絡みのなかに4角2~4番手以内またはキャリア3~4戦の馬が好成績。


馬 名前走レース距離着順4角通過キャリア
アスターペガサス京王2歳G2芝145 -5-53戦
アドマイヤマーズデイリーG2芝161 -1-23戦
イッツクール兵庫ジG2ダ146 -2-2-26戦
エメラルファイトアイビーOP芝183 -2-3-33戦
クリノガウディー東スポG3芝187 -3-2-22戦
グランアレグリアサウジアG3芝161 -2-22戦
ケイデンスコール新2歳G3芝161 -8-83戦
コパノマーティンもちの500ダ1810 -5-5-86戦
ソルトイブキ未勝利芝161 -9-63戦
ディープダイバー秋明菊500芝142 -2-26戦
ドゴールサウジアG3芝162 -7-72戦
ニホンピロヘンソンもみじ500芝141 -1-12戦
ヒラソール未勝利芝121 -11-86戦
ファンタジスト京王2歳G2芝141 -3-33戦
マイネルサーパスきんも500芝181 -10-10-84戦
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、キャリア)を検証。
まとめ篇

狙い目前走4着以内に好走した馬で、
4角2~4番手以内かつキャリア3~4戦の馬。


該当馬

アドマイヤマーズエメラルファイトファンタジスト
阪神(芝)1600㍍ コース分析篇
~「コースの鬼」城崎哲著書より一部抜粋~

長い直線と大きな角でスタミナ勝負!

逃げ馬にとって特に厳しいのは長い長い3~4コーナー。平坦でもアクセルをゆるめた状態ではスピードが維持できない。4角半ばの下りまでたどり着けば流れ込む競馬もできるが、そこまで先頭でたどり着くことがかなりの難事!!

1番人気の逃げ・先行馬は強いが、スタミナが必要なコースだけに人気薄で期待できるのは先行馬よりも差し馬になる。


先週の阪神JFと同じです。


当日(12/16)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!







今 週 の 重 賞
12月15日(
中京11R【ターコイズSG3)】

12月16日(
阪神11R【朝日杯フューチュリティSG1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント