【中日新聞杯(G3)】(2018インパクトデータ活用術予想篇)

画像
中日新聞杯に関する過去データ

血 統 篇(中日新聞杯限定)
ボールドルーラー系など米国型ナスルーラー系の血を持つ馬。
サンデーとボールドルーラーかトニービンの血を両方持つ馬。

該当馬(父ディープ×母父米国型ナスルーラー系)=
スズカディープ
該当馬(父サンデー系×母父ロベルト系)=
サイモンラムセス、メートルダール

画像
ディープインパクト産駒が強く、3月開催の中日新聞杯を2014年から3連勝。同じ舞台で行われる金鯱賞でも毎年のように上位を賑わせており、圧倒的な適性の高さを見せている。ほか、キングカメハメハ産駒の好走も目立ち、該当馬はプラスに評価できる。12月開催に移った2017年に母父Silver Hawk(ロベルト系)のメートルダールが勝ったので、傾向は踏襲(トウシュウ)されている。
騎 手 篇(中京 芝2000㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.12.2.)
画像

福永祐一騎手
【11-15-5-43/74】勝率14.9%/連対率35.1%/複勝率41.9%
5番人気内に騎乗した場合
【10-14-4-35/63】勝率15.9%/連対率38.1%/複勝率44.4%
該当騎乗予定馬=メートルダール
厩 舎 篇(中京 芝2000㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.12.2.)
画像

藤原英昭厩舎
【9-6-0-26/41】勝率22.0%/連対率36.6%/複勝率36.6%
5番人気内に推された場合
【9-5-0-20/34】勝率26.5%/連対率41.2%/複勝率41.2%
該当馬=ギベオン
前走4角5番手以内篇
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
171メートルダール牡4関屋記G3芝1612 -11-1133.7
172ミッキーロケット牡4天皇秋G1芝20143-9-1040.6
173ロードヴァンドール牡4天皇秋G1芝20141-1-544.4
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
161サトノノブレス牡6日経新G2芝2432-3-334.3
162ファントムライト牡7白富士OP芝2025-5-534.0
163レコンダイト牡6AR共和G2芝25109-10-1134.5
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
151ディサイファ牡6アJCC G2芝2254-6-534.4
152デウスウルトセ7中山金G3芝20310-9-933.9
153マイネルミラノ牡5小倉大G3芝1856-2-237.5
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
141マーティンボロ牡5飛鳥1600芝181 -5-235.2
142ラキシス牝4京都記G2芝2244-5-434.1
143ラブリーデイ牡4有馬記G1芝25103-3-439.7
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
131サトノアポロ牡5アJCC G2芝22410-7-736.2
132アドマイヤタイシ牡6中山金G3芝2023-3-335.0
133トウカイパラダイス牡6日経新G2芝2433-3-335.2
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、上がり3ハロンタイム)を検証。

昨年は4歳馬が馬券圏内を独占。そのなかでも、勝利を収めたのは、C.デムーロ騎手騎乗のメートルダールだった。今年も年末にかけて多くの外国人騎手が短期免許で来日中、注目!?また、好走パターンに前走(オープンクラス)、4角5番手以内の馬が馬券に絡んでいる。


馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
ギベオン牡3セントラG2芝22134-4-336.5
グレイル牡3菊花賞G1芝301017-17-1734.3
アメリカズカップ牡4アンドロOP芝2036-9-734.3
マイスタイル牡4福島記G3芝2022-2-236.5
エテルナミノル牝5エ女王G1芝221511-12-1234.8
エンジニア牡5AR共和G2芝2554-4-533.2
ストロングタイタン牡5小倉記G3芝20125-5-1241.3
ドレッドノータスセ5アンドロOP芝2013-4-434.2
ハクサンルドルフ牡5キャピタOP芝168 -13-1332.6
メートルダール牡5新潟記G3芝202 -12-1333.6
レイホーロマンス牝5エ女王G1芝221312-10-1134.7
スズカディープセ6アンドロOP芝2076-7-734.6
マサハヤドリーム牡6福島記G3芝201415-15-1435.8
ショウナンバッハ牡7アンドロOP芝201112-12-1034.4
サイモンラムセス牡8チャレンジG3芝2082-2-235.8
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、上がり3ハロンタイム)を検証。
まとめ篇

狙い目前走(オープンクラス)、
4角5番手以内の3、4歳馬。


該当馬
ギベオンマイスタイル
中京(芝)2000㍍ コース分析篇
~「コースの鬼」城崎哲著書より一部抜粋~

1番人気が不思議と勝てない

他の中京芝コースは道中下りの比率のほうが大きいが、このコースだけは6:4で上りの比率のほうが大きい。芝が軟らかい影響もあり、洋芝コースも含めて芝2000㍍の中でもっとも時計がかかる。ちなみに、東京より2秒、中山より1秒半ほど遅い。






今 週 の 重 賞
12月8日(
中京11R【中日新聞杯G3)】

12月9日(
中山11R【カペラステークスG3)】


阪神11R【阪神ジュベナイルフィリーズG1)】

当日(12/8)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント