【カペラステークス(G3)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
カペラSに関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別で、馬券に絡んでいないのは、③⑩馬番の2つのみ。逆に、好成績なのは、①馬番(3-1-0-6)勝率30%/連対率40%/複勝率40% と勝ち星のない⑦馬番(0-3-1-6)勝率0%/連対率30%/複勝率40% が抜けている。

枠番成績篇
画像
枠番別で、2017年の8⃣枠ワンツー決着を筆頭に、そのセオリー通りに6⃣枠から外目が好成績を残している。だがこのレースでは、1⃣枠が4勝とそれ以上に結果を出している。

人気別成績篇
画像
人気別で、2008年のレース創設以来1番人気は未勝利。2016年こそ3→2→1番人気の決着で3連単の配当は7,320円にとどまったが、それ以外は6番人気以下の馬が毎年1頭は3着以内に入っている。

前走クラス別成績篇
画像
前走クラス別で、同クラスが8勝しているが、中身をチェックするとオープンクラスがほぼ占めている。昇級組でも十分通用するレースでもある。

前走レース名別成績篇
画像
前走レース名別で、出走頭数が多いなかでOP霜月SとG3武蔵野Sは安定しているが、逆に低迷した成績なのはG1JBCスプリントとOP室町S。

脚質別成績篇
画像
脚質別で、前半が芝並みのハイペースになりやすいことから、差し・追い込みが有利。4コーナー5番手以下が7勝、うち3勝は10番手以下の馬が該当している。

生産者別成績篇
画像
生産者別で、ノーザンF(1-0-2-10)が低迷した成績。一方、社台ファーム(1-1-1-14)と大差は無いが、共に精力的ではないようだ。

東西厩舎別成績篇
画像
東西別で、関東圏内のレースだが、出走頭数が圧倒的に多いのは関西馬。全てのアベレージで、関西がリードしている。

馬齢別で、中心は4,5歳馬。7歳以上の馬で3着以内に入ったのは、2013年3着のシルクフォーチュン(7歳)、2015年3着のマルカフリート(9歳)、2017年2着のスノードラゴン(9歳)。


前走距離別成績篇
画像
前走距離別で、距離短縮組が圧倒的に優勢。特に、ダート1400㍍戦から短縮して挑んだ組が好成績。
まとめ篇

狙い目関西馬で
前走から距離を短縮して出走してきた4,5歳馬。


該当馬
オウケンビリーヴコウエイエンブレム






今 週 の 重 賞
12月8日(
中京11R【中日新聞杯G3)】

12月9日(
中山11R【カペラステークスG3)】


阪神11R【阪神ジュベナイルフィリーズG1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング