【チャンピオンズC(G1)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
チャンピオンズCに関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別では、⑧馬番が2勝、2着1回、⑫馬番は1勝、2~3着がそれぞれ2回あって、複勝率は50%。馬券絡みがないのは⑦⑪⑮馬番の3つ。

枠番成績篇
画像
枠番別では、3⃣枠以外は全て勝鞍があるのだが、3⃣枠は2着1回、3着は4回あって複勝率は優秀。むしろ8⃣枠は11年にトランセンドが勝っただけで、複勝率は最も悪い。

人気別成績篇
画像
人気別で、1番人気は(3-2-2-3)と複勝率は70%あるが、勝ち馬は11年のトランセンドから出ておらず、ここ2年はタイム差なしの2着惜敗。近3年は12番人気、6番人気、8番人気が勝利。

前走レース名別成績篇
画像
前走レース名別で、複数の馬券絡みがある主要なローテーションはJBCクラシック、武蔵野S、みやこS、そして昨年ゴールドドリームが5着から巻き返した南部杯。先に挙げた3つのレースでは武蔵野Sの複勝率がやや落ちるが、勝率、連対率は似たような数字が出ている。

脚質別成績篇
画像
脚質別では、先行有利で4角先頭からの逃げ切りが3頭。好位勢の馬券絡みも多いのだが、近年は後方からの差しも度々決まっていて、昨年はゴールドドリーム、16年は4角でほぼ最後方にいたサウンドトゥルーが豪快に差し切った。

生産者別成績篇
画像
生産者別で、圧倒的な出走頭数が多いノーザンFと社台ファームだが、2勝と1勝で大差は無く、ダート路線だけにあまり精力的では無い。

東西厩舎別成績篇
画像
東西別で、ダート路線は圧倒的に関西馬が強く、15年、16年は関東馬の健闘もあったが、昨年は1着から8着を関西馬が占めた。

馬齢別で、G1レベルの実力馬となれば高齢になっても堅実な走りを見せる馬が多いダート路線だが、このレースに関していえば7歳以上は大苦戦。最も勝ち馬が出ているのは5歳馬の4勝で、4歳馬と6歳馬が3勝。3歳馬は未勝利だが、2~3着が2回ずつあって複勝率は4歳馬を上回る。


前走着順別成績篇
画像
前走着順別で、昨年の勝ち馬ゴールドドリームは5着から巻き返しているが、同年フェブラリーSの勝ち馬でもあった。一応、連対率を重視して、目安として前走4着内の馬が優勢とした。

チャンピオンズC勝ち馬の同年フェブラリーS成績篇
画像
チャンピオンズC勝ち馬の同年フェブラリーS成績から、中京移設後の過去4年の勝ち馬で、その年のフェブラリーSを走った馬は3頭。着順は2、7、1着だった。昨年はフェブラリーSの勝ち馬ゴールドドリームが優勝して、ダートG1「春秋」制覇を果たした。今年のフェブラリーS組からは、1着ノンコノユメ、2着ゴールドドリーム、3着インカンテーション、4着サンライズノヴァ、7着メイショウスミトモ、11着ケイティブレイブが出走している。
まとめ篇

狙い目同年のフェブラリーS出走馬
かつ 前走5着以内の関西馬。


該当馬
ケイティブレイブ
    ゴールドドリームサンライズノヴァ




今 週 の 重 賞
12月1日(
中山11R【ステイヤーズSG2)】


阪神11R【チャレンジカップG3)】

12月2日(
中京11R【チャンピオンズCG1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング