【ステイヤーズS(G2)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
ステイヤーズSに関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別で、6勝が⑤馬番から内で、④馬番が2勝を挙げている。馬券絡みの無いのは、馬番⑥⑩⑯の3つ。ただし、馬番⑯はサンプル数4回。

枠番成績篇
画像
枠番別で、コーナーを8度回る長距離戦とあって、外目の枠がやはり不利である。2007年以降の勝ち馬のうち9頭が1⃣~5⃣枠で占められる。8⃣枠で勝利した2頭のうち、2012年のトウカイトリックは1周目2コーナーでインコースに入った鞍上のファインプレーで、ロスを最小限に抑えた結果であった。

人気別成績篇
画像
人気別で、1番人気は5勝も、単勝1.5倍だった2007年のトウカイトリックが4着に敗れるなどつかみにくいレース。とはいえ不良馬場だった2011年を除くと、2010年以降は4番人気以内の馬が最低2頭は3着以内に入っている。

前走クラス別成績篇
画像
前走クラス別で、昇級組が苦戦している。特殊な長距離戦だけに、リピータが多いこともあり、同クラスからの参戦馬が優勢でもある。

前走レース名別成績篇
画像
前走レース名別で、ほぼアルゼンチン共和国杯からの参戦馬で占められて、7勝と抜けた成績を残している。あと、京都大賞典・比叡S・菊花賞で書く1勝。

脚質別成績篇
画像
脚質別で、小回りコースかつ、急坂があるとはいえ最後の直線が310mしかないとあって、2周目向正面あたりからレースが動く。2007年以降は勝ち馬すべてが、2着馬も2015年のカムフィー以外の全馬が2周目4コーナーで7番手以内につけており、後方一気の馬では届かない。基本的には前へ行く馬が有利になっている。

生産者別成績篇
画像
生産者別で、圧倒的な出走頭数が多いノーザンF【4-3-2-10/25】勝率16.0%/連対率28.0%/複勝率36.0% と抜群の成績。一方、社台ファーム【0-1-0-8/9】勝率0%/連対率11.1%/複勝率11.1% と精力差も無い低迷した成績。

東西厩舎別成績篇
画像
東西別で、関東圏内のレースだが、勝ち星こそ各5勝でも、全アベレージでは関西馬が優勢。

馬齢別で、出走頭数の割合から、3歳馬が抜けている。過去10年【2-2-0-6/10】勝率20%/連対率40%/複勝率40% と抜群の成績。ただ、今年の出走予定登録馬に3歳馬はいない。

まとめ篇

狙い目前走レースG2(AR共和国杯・京都大賞典)組を重視 かつ ノーザンファーム生産馬。

該当馬
アルバート
    トウシンモンステラモンドインテロ




今 週 の 重 賞
12月1日(
中山11R【ステイヤーズSG2)】


阪神11R【チャレンジカップG3)】

12月2日(
中京11R【チャンピオンズCG1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング