【京王杯2歳S(G2)】(2018ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
今 週 の 重 賞
11月3日(
東京11R【京王杯2歳SG2)】


京都11R【ファンタジーSG3)】

11月4日(
東京11R【アルゼンチン共和国杯G2)】


京都10R【 JBCスプリントJpn1)】
京都11R【 JBCクラシックJpn1)】
京都12R【 JBCレディクラシックJpn1)】
京王杯2歳SG2)】
過去5年 ハイブリッド指数

2歳王者への登竜門!?


画像
画像
2013年(タイム1.23.1 前半36.7 / 後半34.3)


画像
画像
2014年(タイム1.21.5 前半35.4 / 後半34.1)


画像
画像
2015年(タイム1.22.6 前半36.5 / 後半33.5)


画像
画像
2016年(タイム1.21.9 前半35.7 / 後半34.2)


画像
画像
2017年(タイム1.21.9 前半36.0 / 後半33.8)

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ペースは遅いが生粋のスプリンターには厳しい!?

過去5年の前後半の平均は36秒1-34秒0、後半の方が2秒1も速い。キャリアの浅い2歳戦で折り合いを重視する馬が多いため、道中のペースは全く上がらない。連対はすべて4角8番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」は16年モンドキャンノ、17年タワーオブロンドンと2連勝中。連対馬の7頭が上がり33秒台をマークしている。1200㍍をスピードで押し切ってきたタイプでは厳しい。勝ち時計は1分21秒台が3回ある。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、36.1秒/34.0秒。(前後差2.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降連対ゼロ。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内4連対)。


[推定後半3ハロン優勢]

◎アウィルアウェイ

「上がり最速馬」は16年モンドキャンノ、17年タワーオブロンドンと2連勝中。連対馬の7頭が上がり33秒台をマークしている。1200mをスピードで押し切ってきたタイプでは厳しいか。

アウィルアウェイはデビュー2連勝。特にダリア賞のレースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.2秒は秀逸。牡馬相手でも通用するはずで、二度目の長距離輸送が課題。「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りなら、成長して克服できるか。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《5⇒7,1,6,4》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎アスターペガサス


アスターペガサスは、父ジャイアンツコーズウェイ、母アールヒートライトニング。母系にフォーティナイナー4×4のクロスを持つ。ジャイアンツコーズウェイの直仔はエイシンアポロン、スズカコーズウェイ、アンコイルドなどマイル寄りの活躍馬が多数。特にエイシンアポロンは距離変動に強く、同馬にも期待したい!?


ワイド】で(7⇒1,4,6)
馬 連】で(5-7)


画像


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント