【毎日王冠(G2)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
毎日王冠に関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番で、開幕週ということもあり、馬番④番以内の馬が5勝。また、馬券に絡んでいないのは、⑨⑪番とサンプル数が少ない⑭~⑯番。

枠番成績篇
画像
枠番で、勝ち馬が出ていない枠は3⃣枠と5⃣枠。3⃣枠は2着1回、3着は2回あるが、5⃣枠は連対がなく不振。開幕週ということもあり、理想は内目の枠で、枠番4⃣枠以内の馬が5勝している。

人気別成績篇
画像
人気別で、有力馬がここをステップに秋のG1シリーズへ向かうこともあり、出走メンバーのレベルは高く、その中でも1番人気【4-2-0-4/10】勝率40%/連対率60%/複勝率60% は、信頼できる数字。特に、前走エプソムC1着で人気になっている馬は信用できる。

前走クラス別成績篇
画像
前走クラス別で、出走メンバーのレベルが高いせいか?全出走馬121頭の半数近くが、G1組からの参戦馬で好成績。【4-7-3-40/54】


前走レース名別成績篇
画像
前走レース名別で、G3エプソムC組が【3-0-2-7/12】勝率25.0%/連対率25.0%/複勝率41.7% と好成績。勝ち馬は、16年ルージュバック、15年エイシンヒカリ、11年ダークシャドウと比較的近年に偏る。ちなみに3着馬も16年ヒストリカル、13年クラレントの2頭。夏場使い込んできた馬よりも、夏場を休養に充てた馬が圧倒的に強い。3歳馬がダービー、NHKマイルCのあと、ここから始動というパターンは要注意。


脚質別成績篇
画像
脚質別で、開幕週開催の“展開要らず”の府中芝1800mだけあって、2013年クラレント(3着)、2014年サンレイレーザー(2着)と、穴馬の2~3着の逃げ残り。ただ、断然差し馬が有利。上がり3ハロン33秒台、年によっては32秒台の決め脚を使える馬が強い。


生産者別成績篇
画像
生産者別で、圧倒的な出走頭数が多いノーザンFが【4-2-2-26/34】に対して、社台ファームは【3-0-3-26/32】とほぼ互角の争い。その中へ切り込んだのが、社台コーポレーション白老F【1-2-1-2/6】勝率16.7%/連対率50.0%/複勝率66.7% の驚異的な成績。


東西厩舎別成績篇
画像
性別で、出頭数が極端に少ない中で、牝馬が活躍している。17年8着のソウルスターリング、16年優勝のルージュバック、2年連続(08~09)2着のウォッカと過去10年内たった3頭での成績。【1-2-0-1/4】勝率25.0%/連対率75.0%/複勝率75.0%。

東西別で、関東圏内でのレースでありながら、すべて(勝利数、アベレージ、出走頭数 等)関西馬が優勢。

馬齢別で、3歳馬が【2-3-0-9/14】勝率14.3%/連対率35.7%/複勝率35.7% と他の出走頭数と比較して約半数の中での好成績。


前走着順別篇
画像
前走着順別で、前走1着馬がトップの4勝。【4-5-3-19】勝率12.9%/連対率29.0%/複勝率38.7% と安定。侮れないのは前走6~9着馬で【2-2-3-26】複勝率21.2% と健闘。
まとめ篇

狙い目前走(重賞レース)1着馬 かつ 3歳馬

該当馬
ケイアイノーテック




今 週 の 重 賞
10月6日(
阪神11R【サウジアラビアロイヤルカップG3)】

10月7日(
中山11R【毎日王冠G2)】

10月8日(
中山11R【京都大賞典G2)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング