【秋華賞(G1)】(2018インパクトデータ活用術予想篇)

画像
秋華賞に関する過去データ

血 統 篇(秋華賞限定)
高速馬場になるほど米国型スピードの血が重要!
父か母父が芝中距離G1血統。特に父か母父が欧州型ミスプロ系か米国型の馬。

該当馬(ディープインパクト産駒)=オールフォーラヴ、カンタービレ、サラキア、トーセンブレス、プリモシーン、ミッキーチャーム、ラテュロス、サトノガーネット
該当馬(父が欧州型ミスプロ系)=
アーモンドアイ、パイオニアバイオ、ウラヌスチャーム
該当馬(母父が欧州型ミスプロ系)=オールフォーラヴ、オスカールビー
該当馬(母父が米国型)=スカーレットカラー、ラッキーライラック、ラテュロス、ランドネ、カレンシリエージョ、ゴージャスランチ、サラス、ダンサール

画像
良馬場時はディープインパクト産駒を抜きにしては語れない。2012年以降、ジェンティルドンナを手はじめに、ショウナンパンドラ、ミッキークイーン、ヴィブロスと4勝。2着にも2頭が入っており、同産駒は5年連続して連対を果たした。2017年は重馬場だったため不発に終わったが、良馬場であれば見直せる。父もしくは母父にミスプロの血を持つ馬も強く、なかでもキングマンボ系は特注とも言える存在。2012年3着アロマティコ(父キングカメハメハ・6番人気)、2013年3着リラコサージュ(母父キングマンボ・15番人気)、2015年3着マキシマムドパリ(父キングカメハメハ・8番人気)のように、低評価を覆す激走があとを絶たない。
騎 手 篇(京都 芝2000㍍)
(検証期間:2013.01.05~2018.10.8.)
画像
川田将雅騎手
【25-15-18-67/125】勝率20.0%/連対率32.0%/複勝率46.4%
5人気以内に騎乗した場合
【25-15-15-40/95】勝率26.3%/連対率42.1%/複勝率57.9%
該当騎乗予定馬=ミッキーチャーム
厩 舎 篇(京都 芝2000㍍)
(検証期間:2013.01.05~2018.10.8.)
画像
高野友和厩舎
【6-3-6-29/44】勝率13.6%/連対率20.5%/複勝率34.1%
5人気以内に推された場合
【6-2-4-15/27】勝率22.2%/連対率29.6%/複勝率44.4%
該当馬=ラテュロス
血 統 篇
馬 名前走レース距離血統
171ディアドラ紫苑SG3芝201
172リスグラシューローズSG2芝183
173モズカッチャンローズSG2芝187母父ミスプロ
馬 名前走レース距離血統
161ヴィブロス紫苑SG3芝202母父ミスプロ
162パールコード紫苑SG3芝205
163カイザーバルローズSG2芝183父ミスプロ
馬 名前走レース距離血統
151ミッキークイーンローズSG2芝182
152クイーンズリングローズSG2芝185
153マキシマムドパリ甲武特500芝221父ミスプロ
馬 名前走レース距離血統
141ショウナンパンドラ紫苑SG3芝202
142ヌーヴォレコルトローズSG2芝181
143タガノエトワールローズSG2芝182父ミスプロ
馬 名前走レース距離血統
131メイショウマンボローズSG2芝184
132スマートレイアー夕月特1000芝181
133リラコサージュローズSG2芝1818母父ミスプロ
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、血統)を検証。

14年以降の出走馬は、ほとんどがサンデーサイレンスの血を持つ馬だが、そんな中、違いを発揮できているのは『父がミスタープロスペクター系の馬』である。3年(14~16年)連続で馬券圏内に飛び込んでいる。また、『母父がミスタープロスペクター系の馬』も2年(16~17年)連続で馬券圏内。


>
馬 名前走レース距離血統
アーモンドアイオークスG1芝241父ミスプロ
オールフォーラヴローズSG2芝189母父ミスプロ
カンタービレローズSG2芝181
サヤカチャン夕月特1000芝185
サラキアローズSG2芝182
スカーレットカラーローズSG2芝1813母父ミスプロ
トーセンブレスローズSG2芝1815
ハーレムライン紫苑SG3芝205
パイオニアバイオ紫苑SG3芝204父ミスプロ
プリモシーン関谷記G3芝161
ミッキーチャーム藻岩1000芝181
ラッキーライラックオークスG1芝243母父ミスプロ
ラテュロスローズSG2芝183
ランドネ紫苑SG3芝203
馬 名前走レース距離血統
ウラヌスチャームローズSG2芝185父ミスプロ
オスカールビー汐留500芝201母父ミスプロ
カレンシリエージョ紫苑SG3芝2010母父ミスプロ
ゴージャスランチローズSG2芝184母父ミスプロ
サトノガーネット500万下芝181
サラス紫苑SG3芝2013
ダンサール500万下芝201
リュヌルージュ夕月特1000芝183父ミスプロ
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、血統)を検証。
まとめ篇

狙い目
ノーザンF生産の
『父or母父がミスタープロスペクター系』の馬
かつ 前走、ひとケタ着順の馬。


該当馬
アーモンドアイ
パイオニアバイオラッキーライラック
ウラヌスチャーム(抽選対象)
京都(芝)2000㍍ コース分析篇
~「コースの鬼」城崎哲著書より一部抜粋~

秋華賞だけは別ものと考える!?

秋華賞が大荒れしやすいレースと言われたのは、その他のレースとレベルが違いすぎてまったく違う流れになるためだが、最近はあまり荒れていない。

秋華賞に限ればテンも速いし中間も速いマイルに近い流れになる。4つのコーナーコースの最短距離になりがちな芝2000㍍は前が有利になりがちで、逃げ・先行馬が強い。



当日(10/14)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!





今 週 の 重 賞
10月13日(
阪神11R【府中牝馬SG2)】

10月14日(
中山11R【秋華賞G1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント