【シリウスS(G3)】(2018インパクトデータ活用術予想篇)

画像
シリウスSに関する過去データ

血 統 篇(シリウスS限定)
ダートのレースだが芝の中距離G1血統が活きる!?
芝の上級条件勝ちか、重賞5着以内の経験のある馬。キングカメハメハ産駒。父サンデー系で母父が米国型かミスプロ系(大系統)。

該当馬(芝オープン戦勝ち)=ムーンクレスト
該当馬(キンカメ産駒)=グレイトパール
該当馬(父サンデー系×母父米国型)=ヒラボクラターシュ
該当馬(父サンデー系×母父ミスプロ系)=
ウェスタールンド、ストライクイーグル
画像
父もしくは母父にミスプロの血を持つ馬が強く、毎年のように上位を賑わしている。なかでも、サンデーサイレンス系との組み合わせを持つ馬の相性は抜群で、条件を満たす馬への警戒は怠れない。ほかでは、ジャングルポケットやゼンノロブロイ、ハーツクライ、マンハッタンカフェなど、芝G1馬を父に持つ馬の活躍が顕著で、2010年以降の勝ち馬はすべて芝レースの経験を持つ馬となっている。ダート重賞でありながら、芝適性をも問われる稀有なレースである。
騎 手 篇(阪神 ダート2000㍍)
(検証期間:2013.1.5.~2018.9.23.)
画像

北村友一騎手
【5-3-1-20/29】勝率17.2%/連対率27.6%/複勝率31.0%
5番人気内に騎乗した場合
【5-1-0-10/16】勝率31.3%/連対率37.5%/複勝率37.5%
該当騎乗予定馬=ウェスタールンド
厩 舎 篇(阪神 ダート2000㍍)
(検証期間:2013.1.5.~2018.9.23.)
画像

大久保龍厩舎
【3-3-2-12/20】勝率15.0%/連対率30.0%/複勝率40.0%
5番人気内に推された場合
【2-3-1-7/13】勝率15.4%/連対率38.5%/複勝率46.2%
該当馬=ヒラボクラターシュ
馬 体 重 篇
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
171メイショウスミトモ牡6ラ日本賞OPダ187472㌔
172ドラゴンバローズ牡5オRCT1600ダ181504㌔
173ピオネロ牡6エルム G3ダ177494㌔
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
161マスクゾロ牡5ジュライ OPダ181534㌔
162ピオネロ牡5BSN賞 OPダ181498㌔
163アポロンケンタッキー牡4ブリリアOPダ211560㌔
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
151アウォーディー牡5オRCT1600ダ181500㌔
152ダノンリバティ牡3BSN賞 OPダ181514㌔
153ナムラビクター牡6平安S G3ダ194524㌔
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
141クリノスターオー牡4エルム G3ダ172528㌔
142ナムラビクター牡5平安S G3ダ195526㌔
143トウシンイーグルセ6阿蘇S OPダ176470㌔
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
131ケイアイレオーネ牡5レパードG3ダ183548㌔
132ナイスミーチュー牡3平安S G3ダ192512㌔
133グランドシチー牡6エルム G3ダ175504㌔
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、馬体重)を検証。

去年を除けば、14年以降『1番人気』が連対を確保し『2番人気か3番人気』が相手となって堅く収まるレース。前走のクラスは、さほど気にする必要はなさそうで『オープン特別を勝利してきた馬』が上位を独占する年もある。また、『前走で馬体重が500㌔以上』で差し脚が鋭い大型馬の活躍も目立つ。


馬 名馬齢前走レース距離馬体重
オメガパフューム牡3大井ジャG1ダ202453㌔
ヒラボクラターシュ牡3ラ日本 OPダ181526㌔
サンライズソア牡4平安S G3ダ191506㌔
ミキノトランペット牡4白川郷1600ダ181526㌔
クインズサターン牡5ラ日本 OPダ184476㌔
グレイトパール牡5平安S G3ダ195554㌔
コスモカナディアン牡5平安S G3ダ199484㌔
ストライクイーグル牡5アハルテ OPダ1612496㌔
ナムラアラシ牡5BSN賞OPダ189536㌔
ヒロブレイブ牡5エニフ OPダ148488㌔
ウェスタールンドセ6薩摩S1600ダ171482㌔
コパノチャーリー牡6阿蘇S OPダ171520㌔
ムーンクレスト牡6中京記G3芝169468㌔
ラインルーフ牡6名鉄杯OPダ181510㌔
メイショウウタゲ牡7エニフ OPダ181512㌔
リーゼントロック牡7エルム G3ダ1713520㌔
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、馬体重)を検証。
まとめ篇

狙い目前走で馬体重が500㌔以上の先行馬
        かつ 前走で3着以内の馬。


該当馬
ヒラボクラターシュ
           ミキノトランペットラインルーフ
阪神(ダ)2000㍍ コース分析篇
~「コースの鬼」城崎哲著書より一部抜粋~

先行馬のチョイ差しに期待すべきコース!?

JRA唯一のダート2000㍍コース。全体の高低差が小さいので、上り坂を2回超える影響は小さいが、芝スタートなので中距離の割にテンが速くなりやすい。1角から流れが落ち着き、向正面後半の下りから徐々に速くなる。ハイペースになりやすく逃げ馬不利だが、先行馬は有利。


当日(9/29)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!





今 週 の 重 賞
9月29日(
阪神11R【シリウスSG3)】

9月30日(
中山11R【スプリンターズSG1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント