〜術はある〜

アクセスカウンタ

zoom RSS <東京優駿〜日本ダービー(G1)回顧>

<<   作成日時 : 2018/05/27 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜5月27日)東京10R日本ダービー

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



日本ダービーの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
東京11R
日本ダービー
01
77
08
76
17
60
05
57
13
56
12
54
16
53
15
52
10
51
06
50
02
47
18
46
11
45
07
44
09
43
03
42
04
41
14
40
(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜5月27日  2回東京12日目10R

東京優駿日本ダービー
G1


(芝2400m)(3歳オープン)(馬齢)

画像
平成最後のダービー馬はワグネリアン
福永祐一騎手、19度目の挑戦で悲願のV!


画像
27日、東京競馬場で行われた日本ダービー(3歳・牡牝・GI・芝2400m)は、先団の後ろでレースを進めた福永祐一騎手騎乗の5番人気ワグネリアン(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る4番人気エポカドーロ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)を捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分23秒6(良)。
画像
さらにクビ差の3着に16番人気コズミックフォース(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、2番人気ブラストワンピース(牡3、美浦・大竹正博厩舎)は5着、1番人気ダノンプレミアム(牡3、栗東・中内田充正厩舎)は6着、3番人気キタノコマンドール(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は12着に終わった。
画像
勝ったワグネリアンは、父ディープインパクト、母ミスアンコール、その父キングカメハメハという血統。早くからクラシック候補と期待を集めるも、弥生賞で初黒星を喫し、皐月賞でも人気を裏切る7着に敗れたことで、今回は人気を落としていたが、見事巻き返し2015年生まれのサラブレッド6955頭の頂点に立った。
画像
鞍上の福永祐一騎手は19度目の挑戦で悲願のダービー制覇。父・洋一氏が獲れなかったビックタイトルをついに手にした。本馬を管理する友道康夫調教師は、2016年のマカヒキに続く2度目のダービー制覇となった。
画像
また、生産牧場のノーザンファームは史上初のダービー4連覇を達成。オーナーの金子真人氏(名義は金子真人ホールディングス(株))は4度目のダービー制覇となり、日本ダービー最多勝利馬主となった。


レース後のコメント

画像
1着Pワグネリアン(福永祐一騎手)
人目もはばからず、男泣きしながら歓喜のウィニングランを行った福永騎手は「最後はただただ気合だけでした。(18度騎乗して勝てず)このままダービーは勝てないんじゃないかと思ったこともあった。(父に)いい報告ができる。福永家にとって悲願でしたから」と振り返った。

(友道康夫調教師)
「マカヒキで勝ったときとはまた違ううれしさですね。言葉では表現できないけど…。福永騎手がダービーを勝ってくれたのも良かった。20年以上の付き合いがあり、ダービーに懸ける彼の思いは知っている。彼の顔を見たら涙が出てきた。ワグネリアンは1年前中京でデビューしてからダービーを意識した馬。皐月賞が不甲斐ない負け方をしたので厩舎の力をあげて仕上げた。いつもエンジンの掛かりが遅い馬だけど、ゴール前100メートルぐらいでいけるかなあと。このあとは天栄で放牧に出るが、休ませたあとオーナーと今後のことを話したい。これから成長する馬。楽しみです」

2着Kエポカドーロ(戸崎圭太騎手)
「もうちょっとでしたね。馬の状態が良かったです。ハナに行くという作戦は事前に先生(藤原英調教師)とも話していました。できればもう少しペースを落としたかったのですが、それでもリズム良く行けて最後まで頑張ってくれました。距離は問題ありません。負けはしましたが、力のあるところはみせてくれました」

(藤原英昭調教師)
「もう馬に感謝しかない。よく頑張っている。今日は相手が強かった。完璧に乗っていた」と騎手と馬のレースぶりをたたえた。

3着Fコズミックフォース(石橋修騎手)
「1コーナーでいい位置を取れて、2コーナーでペースが落ちましたが、自分で動いていける位置を確保することができました。リズム良く走れましたし、直線でも前の馬をかわせるかという感じで伸びてくれました」

4着Mエタリオウ(ボウマン騎手)
「VTRを見て、前を残したレースもありましたが、(最後に)脚を使える気がしていました。溜めるレースをしたかったのですが、馬のデキが良くて、陣営には前にという話もありました。スタートが良くなくて、後ろから行くしかありませんでした。外枠で運がありませんでした。内枠なら勝ち負けになったと思います。ひょっとしたら勝てるかも、というところもありました。将来が楽しみです」

画像
5着Gブラストワンピース(池添謙一騎手)
「レース前から唯一の不安だったゲートでがたついてしまい立ち遅れました。1〜2コーナーでポジションを取りに行き、そこからはペースが遅くても折り合いはつきました。しかし、勝負所で前の下がってきた馬の影響でポジションが悪くなり、行き場を失ってしまいました。最後の1ハロンでいいところに出せてジリジリ伸びましたが、勝負所のロスが大きかったです。直線でいいところに早く出せていれば勝ち負けするぐらいだっただけに申し訳ありません。プラス10キロの影響もあったのかもしれません」

画像
6着@ダノンプレミアム(川田将雅騎手)
「弥生賞と比べてよく我慢してくれました。具合も良く、今日を迎えられたと思います。2400メートルを良く我慢してくれました。ゴールしてからすぐ止まってしまうほど精一杯でした」

(中内田充正調教師)
「負けましたね。力むところはあったけど、川田騎手がうまくなだめて乗ってくれた。距離、休み明け…敗因はこれからジョッキーと話してみてですね」と明言を避けた。

画像
7着Eゴーフォザサミット(蛯名正義騎手)
「1コーナーでポジションを下げることに。もう少しスムーズだったら」

8着Nステルヴィオ(ルメール騎手)
「スローペースの中でも後ろから良い脚を使ってくれています。勝った馬との差はなかっただけに残念です。今日は前の馬が止まりませんでした」

9着Cアドマイヤアルバ(丸山元気騎手)
「スタートは出たが、二の脚がつかなかった。それでもしまいはよく伸びています」

10着Iステイフーリッシュ(横山典弘騎手)

矢作調教師
「馬に進歩が見られた。秋が楽しみになった。今日は前に行かないと勝負にならない感じだったので、ゲートが全てです」

11着Aタイムフライヤー(内田博幸騎手)
「もう少し前の位置がほしかったです。リズム良く走っていましたが、伸びきれませんでした」

画像
12着Dキタノコマンドール(M.デムーロ騎手)
「スタートは良かったのですが、二の脚が遅かったです。加えて道中ハミをかんでいて、瞬発力がいつもほどありませんでした」

13着Qサンリヴァル(浜中俊騎手)
「ハナか2番手に行きたかった。あまりいい競馬ができなかった。大歓声が響いてくる大外枠。気を取られ、スムーズに競馬ができませんでした。奥がある馬ですので、この先に期待したいですね」

14着Lグレイル(岩田康誠騎手)
「ゲートを出てから流れに乗せようと思ったが、体が付いてこなかった。ひと夏を越え、成長してくれれば」

15着Hオウケンムーン(北村宏司騎手)
「スタートで一歩目は出ても、二の脚がひと息。力をうまくため込めない走りをしている。直線に向くまでに、それが積み重なって苦しくなった。秋に期待したい」

16着Oジェネラーレウーノ(田辺裕信騎手)
「う〜ん、流れが遅くないのがよくないのか、無謀なペースくらいのほうが持ち味がでるのでしょうか。併せ馬になるような展開に持ち込みたかったけれど、直線では脱落して、その土俵に上がることすらできなかったですから」

17着Jジャンダルム(武豊騎手)
「心配していた距離が出てしまった。4コーナー手前でいっぱいいっぱいになってしまった。今後は適距離の路線で活躍してほしい。マイルくらいが合っている」

18着Bテーオーエナジー(藤岡康太騎手)
「初めての芝でも好スタートを切って、いいポジションで運べた。結果は出なかったが、いい経験になるのでは」

第85回日本ダービー(GI)で表彰式プレゼンターを務めた松坂桃李さん、柳楽優弥さん、高畑充希さん、土屋太鳳さんのコメントは以下の通り。

●松坂桃李さん
「やっぱり日本ダービーは素晴らしいですね!観客の皆様の熱気や想いが伝わってきました。馬券は僕が10月17日生まれ、名前に「桃」という字が入っているので、17番ワグネリアンを買い、見事的中させることができました!今日この場所にくることができて本当に良かったです」

●高畑充希さん
「昨年、レースが終わった後、絶対に来年も来たい!と思っていたので、実現できて嬉しいです。馬券は、皐月賞をパスしてこのレースにかけてきたブラストワンピースを中心に、他にも私の誕生日が12月なので、エポカドーロの複勝を買っていたので的中させることができました!昨年の盛り上がりにも驚きましたが、今年はもしかしたらそれ以上だった気がします。完全に癖になりそうです!」

●柳楽優弥さん
「日本ダービーの盛り上がりは本当にすごいなと思いました。一生に一度の栄光を目指し駆け抜ける競走馬の姿は本当にかっこよかったです。馬券はダノンプレミアムと、ルメールジョッキーのステルヴィオに注目していたので残念ながら外してしまいましたが、みんなとこの興奮を共有できて幸せでした。来週の安田記念にもプレゼンターとして伺うので楽しみにしています」

●土屋太鳳さん
「昨年に続き、4人で伺うことができて最高に楽しかったです。先週のオークスでもプレゼンターを務めさせていただいたんですけど、オークスとはまた違った日本ダービー独特の緊張感や興奮を感じてパワーを充電させていただきました。過去10年で1枠が4勝していることと、「最も運の強い馬が勝つ」日本ダービーなので私自身が今まで1番運命を感じてきた「11」という数字にちなんで1枠1番のダノンプレミアムを買いました。今年は的中できなかったんですけど少しずつ勉強させていただいているので、これからも人生のパワーとしてレースを楽しみたいと思います」
画像
画像



画像



徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
画像
何も言うことはありません…(ノД`)・゜・。










次回の重賞レースは
鳴尾記念】(G3)(日刊コンピ篇


安田記念】(G1)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数: Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ ☆新潟2歳S(G3)☆へ
☆新潟2歳S(G3)☆
にほんブログ村テーマ ☆キーンランドカップ(G3)☆へ
☆キーンランドC(G3)☆
にほんブログ村テーマ <北九州記念(G3)回顧>へ
北九州記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <札幌記念(G2)回顧>へ
札幌記念(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <エルムS(G3)回顧>へ
エルムS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <関屋記念(G3)回顧>へ
関屋記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <小倉記念(G3)回顧>へ
小倉記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <レパードS(G3)回顧>へ
レパードS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <クイーンS(G3)回顧>へ
クイーンS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <アイビスサマーダッシュ(G3)回顧>へ
アイビスSD(G3)回顧
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<東京優駿〜日本ダービー(G1)回顧> 〜術はある〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる