〜術はある〜

アクセスカウンタ

zoom RSS <ヴィクトリアマイル(G1)回顧>

<<   作成日時 : 2018/05/13 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
5月13日(日曜
ヴィクトリアマイルG1)回顧>
画像

日曜5月13日)東京11Rヴィクトリアマイル

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



ヴィクトリアMの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
東京11R
ヴィクトリアM
16
83
10
70
02
63
11
62
09
55
01
54
17
53
06
52
04
51
03
50
07
49
05
48
15
47
18
44
14
43
08
42
13
41
12
40
(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜5月13日  2回東京8日目11R

ヴィクトリアマイル
G1


(芝1600m)(4歳以上オープン牝馬)(定量)

画像
8番人気ジュールポレールが接戦を制しGI初制覇!


画像
13日、東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・芝1600m)は、中団の前でレースを進めた幸英明騎手騎乗の8番人気ジュールポレール(牝5、栗東・西園正都厩舎)が、好位追走から直線で一旦は抜け出した7番人気レッドアヴァンセ(牝5、栗東・音無秀孝厩舎)を捕らえ、さらに外から襲いかかってきた1番人気リスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)の追撃も凌いで優勝した。勝ちタイムは1分32秒3(稍重)。
画像
2着はハナ差でリスグラシュー、3着はさらにクビ差で7番人気レッドアヴァンセ(牝5、栗東・音無秀孝厩舎)となった。なお、3番人気アエロリット(牝4、美浦・菊沢隆徳厩舎)は4着、2番人気アドマイヤリード(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)は8着に終わった。
画像
勝ったジュールポレールは、父ディープインパクト、母サマーナイトシティ、その父エリシオという血統。昨年は7番人気で3着に入り、今年も8番人気とあまり支持されていなかったが、見事に接戦を制し初のGIタイトルを手にした。
画像


レース後のコメント

画像
1着ジュールポレール(幸英明騎手)
「ここまで重賞を勝てるチャンスが何度かあったのに、なかなか勝たせてあげられなかった。GIを勝ててうれしいです。馬の邪魔をしないように乗りました。最後はいい脚を使ってくれるのはわかっていたので、いつでも動ける位置を取りました。後ろの馬を警戒していたのですが、前もなかなかかわせなくて…。最後は必死でした。最後に外からユタカさん(2着リスグラシューの武豊騎手)が来ていてゴールしてから顔を見合わせて『どっちや?』と聞かれたので『わかりません』と答えました。ハナ差ですか。大きいですね。これをきっかけにもっと大きいところを取れる馬になると思います。乗せてもらえるなら、また頑張りたいと思います」

画像
(西園正都調教師)
「ゴール前は心臓が飛び出してきそうだった。脚元の不安がなくなったのが一番の勝因でしょう。脚部不安がなくなり、しっかり仕上げられた。体重こそ以前と変わりませんが背丈が伸びました。成長を感じていました。雨はちょっと嫌な感じがしたけど、馬の力を信じました。前で競馬をしてほしいと幸騎手には指示したので、思ったより後ろでしたが、馬場のいいところを通れたのでジョッキーの好判断ナイスプレーです。G1級の力を持っている馬。サダムパテックの妹で大きな仕事をしてくれると期待していた。やっとお兄ちゃんの域になった。休ませたあと、オーナーと相談して次走を決めたいと思います」と話した。

画像
2着リスグラシュー(武豊騎手)
「あそこまでいったら勝ちたかった。ルメールの位置で競馬ができていたら良かったけど、外枠だったのでどうしてもポジションがね…。枠の差はあったが、しっかり走っている。いい競馬はできた」

(矢作芳人調教師)
「馬の状態はこれまでで一番良く、負けないだろうというぐらいの気持ちでいました。2着でしたがよく頑張ってくれました。馬に進歩、そして成長がみられますし、これからもっと良くなるでしょう。次走については馬の状態を確認して、できたら安田記念に向かいたいと思います」

画像
3着レッドアヴァンセ(北村友一騎手)
「具合はよかったし、落ち着きもあってゲートはましだった。理想的なポジションで運べて直線もしっかり脚は使ってくれたが、最後に脚があがった」

(音無調教師)
「最後の1Fが長かった。いい位置で競馬ができたし、最後も頑張っているけど先着した2頭は凄い脚を使っていたね」

画像
4着アエロリット(戸崎圭太騎手)
「形は良かったのですが、もう少しリラックスして走ってほしかったです。馬場が乾いていたら違った結果になったと思います」

(菊沢隆徳調教師)
「負けはしたが、最後まで離されずよく踏ん張ってくれた」

画像
5着ミスパンテール(横山典弘騎手)

(昆貢調教師)
「直前の雨が響きました。硬い馬場を走らせたかったですよ。それでも、そう差のない5着。馬はよくがんばりました。ジョッキーは『もう少し前で運びたかったが、ゲートの出が悪かった。理想のかたちではなく、スムーズさを欠いた』と話していましたよ。かちっとはまれば、十分にG1でも通用する馬。パドックでも大人しく、いろいろ課題を克服しつつありますしね。どこかで大きなタイトルを狙いたいです」

6着レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)
「4コーナーまではいい感じだったが、直線向いてから意外に反応しなかった」

画像
7着ソウルスターリング(ルメール騎手)
「精一杯走ってくれて、良いレースでした。ただ、直線で右にもたれてしまったので、そこが残念でした」

8着アドマイヤリード(M.デムーロ騎手)
「良い競馬はできましたが、思っていたほど伸びませんでした。馬場を少し気にしていたかもしれません」

9着ワントゥワン(藤岡佑介騎手)
「脚は使っているが、最後は鈍った。馬は良くなっている」

10着レーヌミノル(和田竜二騎手)
「時計が速すぎた。もう少し早く雨が降ってくれていたら。状態がよかっただけに残念」

11着メイズオブオナー(福永祐一騎手)
「頑張ってくれた。まだまだこれからの馬」

12着デンコウアンジュ(蛯名正義騎手)
「スムーズに流れに乗れて、馬自身も伸びようとはしていたけど、32秒台(の決着)は初めてだったし、時計的な壁があるかも」

13着ラビットラン(川田将雅騎手)
「4コーナーはいい雰囲気で回って来れたのですが、直線に入ってすぐ苦しくなってしまいました」

14着カワキタエンカ(大野拓弥騎手)
「前半はよかったが、後半で外にはるロスがあった」

15着リエノテソーロ(吉田隼人騎手)
「1200メートルを使ったことで行きっぷりはよかったが、相手が強かった」

16着デアレガーロ(池添謙一騎手)
「ゲートの中でガタガタして、後ろからの競馬になってしまったし、前も止まらなかったので」

17着エテルナミノル(四位洋文騎手)
「(テンションは)我慢してくれていた」

18着クインズミラーグロ(藤岡康太騎手)
「タイミングが悪い時にゲートをきられて、大きく出遅れた」
画像
画像


画像



徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
画像
ハナ・クビ・1/2馬身差の軸馬4着では…(ノД`)・゜・。












次回の重賞レースは
平安ステークス】(G3)(日刊コンピ篇


オークス】(G1)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数: Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ ☆新潟2歳S(G3)☆へ
☆新潟2歳S(G3)☆
にほんブログ村テーマ ☆キーンランドカップ(G3)☆へ
☆キーンランドC(G3)☆
にほんブログ村テーマ <北九州記念(G3)回顧>へ
北九州記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <札幌記念(G2)回顧>へ
札幌記念(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <エルムS(G3)回顧>へ
エルムS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <関屋記念(G3)回顧>へ
関屋記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <小倉記念(G3)回顧>へ
小倉記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <レパードS(G3)回顧>へ
レパードS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <クイーンS(G3)回顧>へ
クイーンS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <アイビスサマーダッシュ(G3)回顧>へ
アイビスSD(G3)回顧
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<ヴィクトリアマイル(G1)回顧> 〜術はある〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる