【金鯱賞(G2)】(2018TARGETfrontierJV活用術予想篇)

画像
金鯱賞に関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別では、⑥⑬番が各2勝。連対がないのは、②⑦⑧⑭⑯⑱番。その中でも馬券に絡んでいない⑭番(7回)、⑯番(5回)、⑱番(1回)は、過去10年で出走サンプルが少ない。

枠番成績篇
画像
枠番別では、勝ち星がないのは1⃣枠のみ。その時の出走頭数にもよるが、5⃣枠より外が7勝、2着7回と多く好走。一方で3着馬は8頭が4⃣枠より内の馬となっている。

人気別成績篇
画像
人気別では、過去10年で1番人気は5勝。2~5番人気がそれぞれ1頭ずつでアタマは比較的堅めなのだが、ヒモが荒れている傾向で、2着には6番人気以下の伏兵が7頭飛び込んでいる。13年はのちに大ブレイクするラブリーデイが6番人気2着、1年5カ月ぶりの出走だったダービー、菊花賞2着馬ウインバリアシオンが8番人気で3着に入って波乱となった。

前走クラス別成績篇
画像
前走クラス別では、さすがに昇級組の成績が低迷。やはり、G1・G2クラスからの参戦馬が中心のレースか!?

前走レース名別成績篇
画像
前走レース名別では、去年からG1大阪杯の前哨戦と位置づけられて今後、変わりつつあると思うが、過去10年で前走が条件クラスで連対を果たした馬が3頭いる。基本的にはG2に格付けされているレースらしく、前走がG1・G2だった馬が多い。ある程度の格は必要とされる。

ローテーション別成績篇
画像
ローテーション別では、一回ここを使ってG1大阪杯へ向かう馬が増えることを考えれば、長期休養明けでも実績があれば気にする必要はない。

生産者別成績篇
画像
生産者別では、圧倒的な出走頭数が多いノーザンファームと社台ファームだが、2強に割り込む余地がありそうな数字しか残していない。

東西厩舎別成績篇
画像
東西厩舎別では、圧倒的な出走頭数が多い関西馬が9勝と勝率こそリードしているが、他の連対率・複勝率では、関東馬と大差はない。

馬齢別では、4歳馬が4勝しているが、うち3勝は暮れに行われていた時のもので、現在の施行時期に置き換えると、実質最も幅を利かせている世代は5歳馬だろう。ちなみに昨年は勝ったヤマカツエースが5歳、2着のロードヴァンドールが4歳、3着のスズカデヴィアスが6歳だった。7歳以上は大苦戦で、昨年は挑戦した4頭いずれも2ケタ着順だった。

まとめ篇

狙い目4・5歳馬 かつ G1クラスからの参戦馬

該当馬
スワーヴリチャードブレスジャーニー
今 週 の 重 賞
3月10日(

中山11R【中山牝馬SG3)】


3月11日(
阪神11R【フィリーズレビューG2)】


中京11R【金鯱賞G2)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング