【弥生賞(G2)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
弥生賞に関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
例年、少頭数になる年が多く、馬番はあまり気にするファクターではない。馬券絡みがない馬番は⑦⑨⑫⑭⑮⑯。

枠番成績篇
画像
1⃣枠と5⃣枠の連対率が10%を割り込んでいるが、少頭数になる年が多く、枠番はあまり気にするファクターではない。外枠が不利という定説も、8⃣枠は3勝を挙げている。

人気別成績篇
画像
1番人気が強いレースで過去10年で(5.2.0.3)と連対率70%。連対を外した3頭は意外にもデビューから無傷だった馬で、1番人気の無敗馬は少し疑ってかかった方がいいかもしれない。6番人気以下で馬券に絡んだ馬が9頭と人気薄も度々来ているレースだが、ほとんどは重賞、オープン特別で掲示板に載る実績を持ちながら人気の盲点となっていた馬。距離経験がなかった馬も馬券になっており、距離延長が嫌われている実績馬は要注意。

前走クラス別成績篇
画像
前走から連勝を果たした馬は実に8頭。クラシックに直結するレースとあって、大敗後に巻き返して勝つのは至難の業で、勝ち馬の残る2頭も前走は重賞で4着、5着とレベルの高いレースで素質の一端を見せていた。前走が掲示板から外れた馬で複勝圏に入ったのは4頭。2頭は前走が朝日杯FS、残る2頭も重賞で3番人気以内に支持される高い素質を持っていた。

前走レース名別成績篇
画像
過去10年で勝ち馬を2頭出しているのが、ラジオNIKKEI杯2歳Sと若駒S。ホープフルSがG1に格上げされたことで、今後の動向に変化があるかもしれないが、複勝率が高い東の京成杯を含め、年末年始に2000mのオープンを経験しているのは強みといえそう。もちろん、朝日杯FSも勝ち馬こそ1頭しかいないが、2着馬と3着馬をそれぞれ3頭ずつ輩出している有力なステップレース。開催場が阪神に移ってからもコンスタントに好走馬を送り出している。

ローテーション別成績篇
画像
短い間隔(中3週)よりもゆったりとした間隔(中10週以上)のほうが、実績を残している。

生産者別成績篇
画像
圧倒的な出走頭数が多いノーザンファームは、それなりの実績も残している。一方、社台ファームは不振だが、ビッグレッドファームの勝率100%、社台コーポレーション白老ファームの複勝率100%は立派。

東西厩舎別成績篇
画像
皐月賞と同じ舞台とあって、関西馬の遠征も多く、過去10年の出走馬は関東馬を上回っている。勝ち馬は5頭ずつで東西互角だが、2着馬は関西馬が8頭と大きくリード。その分で連対率と複勝率で少し関西馬の方が分がある。
まとめ篇

狙い目前走G1組を重視

該当馬

ダノンプレミアムジャンダルムサンリヴァル

今 週 の 重 賞
3月3日(

中山11R【オーシャンSG3)】

阪神11R【チューリップ賞G2)】


3月4日(

中山11R【弥生賞G2)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング