【中山記念(G2)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
中山記念に関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別では③④⑨が2勝。⑨は2着1回、3着も2回ある。馬券絡みがないのは⑧⑫⑬⑭だが、⑫は5回、⑬⑭はともに4回とサンプル(レース数)も少ない。

枠番成績篇
画像
3⃣枠の複勝率42.9%というのは少し目立つ数字だが、ここ3年はいずれも11頭立てで、10~12頭立てとなる年が多く、内枠がやや優勢の数字が出てはいるが、7⃣枠も2勝していて、極端な枠の有利不利は見られない。

人気別成績篇
画像
過去10年のうち、3番人気以内の馬が9勝。10年は13番人気のトーセンクラウンが勝ち、12番人気のテイエムアンコールが2着に入って大波乱となったが、勝ち馬は人気サイドが多く、15年、16年は3連単でも万馬券とはならなかった。昨年はそうした実力馬をコース巧者、距離巧者が封じた結果で波乱となった。

前走クラス別成績篇
画像
ここで年明け初戦を迎える前走G1組のアベレージが高く、その馬の持つ格が重要視される。

前走レース名別成績篇
画像
好メンバーが揃うこともある東京前開催の白富士S以外は全て重賞レースで、有馬記念が唯一の2勝。秋の天皇賞からぶっつけの馬が1勝、2着2回。16年にはダービー以来の実戦だったドゥラメンテが1着。年明けに使った組では、勝ち馬こそいないものの、京都金杯組が(0.2.1.2)と5頭のうち3頭が馬券に絡み、全馬が人気以上の着順で掲示板に載る活躍を見せている。

ローテーション別成績篇
画像
かつては春に中距離のビッグレースがなく、中山巧者、1800mの距離巧者といった個性派が活躍していたレースだったが、昨年からG1となった大阪杯のステップレースとしても重要な意味を持つ。

生産者別成績篇
画像
ノーザンファームVS社台ファームの構図。G1へのステップレースになる為、今まで以上の対決になっていく。

東西厩舎別成績篇
画像
勝ち馬は過去10年で6勝と関東馬の方が多いが、2着は関西馬が7回。出走馬は関東馬が75頭に対して関西馬が53頭と少なく、アベレージで見ると勝率はほぼ互角、連対率、複勝率は関西馬が大きく上回る。

また、勝ち馬は4歳から8歳まで幅広く出ているが、4歳と5歳が3勝ずつで若い世代が一歩リード。連対率は5歳馬、複勝率は4歳馬がリードし、2着は6歳馬が5回と最も多い。7~8歳の高齢馬も頑張っていて、7歳馬は5頭、8歳馬も2頭が馬券圏内に絡んでいる。

まとめ篇

狙い目馬齢4、5歳のノーザンファーム生産馬

該当馬
ヴィブロス(牝4)

*過去10年で牝馬(1-0-0-4/5)勝率20%/連対率20%/複勝率20%、
15年ヌーヴォレコルト(牝4)の優勝




今 週 の 重 賞
2月25日(

中山11R【中山記念G2)】


阪神11R【阪急杯G3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング