〜術はある〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【フェブラリーS(G1)】(2018日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)

<<   作成日時 : 2018/02/09 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
フェブラリーS特別登録馬
2月18日(日)、東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(G1)(4歳上 国際 指定 定量 ダート1600m)の登録馬が発表された。激戦必至!ゴールドドリーム、テイエムジンソクなど24頭が参戦!登録馬と想定騎手は以下の通り。


登録頭数:24頭】(フルゲート:16頭)
優先出走馬
テイエムジンソク 57 古川吉 
ノンコノユメ  57 内田博

【以下、出走馬決定賞金順
サウンドトゥルー 57 F.ミナリク
ゴールドドリーム 57 R.ムーア
ケイティブレイブ 57 福永
アウォーディー 57 武豊
インカンテーション 57 三浦

ベストウォーリア 57 C.ルメール
レッツゴードンキ 55 ○○
ニシケンモノノフ 57 横山典
ロンドンタウン 57 岩田
メイショウスミトモ 57 田辺

ララベル 55 真島大
キングズガード 57 藤岡佑
サンライズノヴァ 57 戸崎
ノボバカラ 57 武藤

回避・除外対象
モルトベーネ 57 ○○
モンドクラッセ 57 柴田大
サイタスリーレッド 57 石橋脩
アスカノロマン 57 ○○
カフジテイク 57 福永
コパノチャーリー 57 川田
コスモカナディアン 57 ○○
ヒデノインペリアル 57 川須
フェブラリーS 展 望》

過去の勝ち馬には歴代の砂王たちの名前が並ぶこのレース。スピードだけでは足りず、スタミナだけではこなせない東京のダートマイルコースを舞台に開催される、冬の王者決定戦。コパノリッキーが引退した今年、ここで結果を残しドバイワールドカップへ挑む馬は誰か。

画像
完全に本格化したテイエムジンソク(牡6、栗東・木原厩舎)がG1制覇に挑む。前走東海Sは着差以上の完勝。2走前のチャンピオンズカップでは勝利目前でゴールドドリームに差しきられてしまったが、力を示した1戦だった。初のマイル、初の芝スタートと課題は多いが、昨年夏のエルムSでは好時計で走破するなど、スピードに不安はない。
画像
迎え撃つのは現王者・ゴールドドリーム(牡5、栗東・平田厩舎)。昨年のこのレースを制した後はドバイ、大井、盛岡と転戦。結果は出なかったものの、前走のチャンピオンズカップでテイエムジンソクなどの強豪たちをまとめて差し切った。東京ダートマイルは(3.1.0.0)と大得意。王座は譲らない。

レコードタイムで決着した根岸ステークスを上がり34.2の豪脚で差し切ったノンコノユメ(セ6、美浦・加藤征厩舎)。去勢して以降なかなか結果が出ていなかったが、ここにきて急上昇、有力馬の1頭として頂上決戦を迎える。一昨年2着の舞台で、再び豪脚を披露できるか注目だ。

昨年秋から惜しいレースが続いていたケイティブレイブ(牡5、栗東・目野厩舎)だが、前走川崎記念を見事逃げ切り、帝王賞以来のG1制覇を果たした。今回が管理する目野調教師の定年前最後のG1。師にタイトルをプレゼントするため、厩舎一丸となって仕上げてくるだろう。

他にもアウォーディー(牡8、栗東・松永幹厩舎)、サウンドトゥルー(セ8、美浦・高木登厩舎)ら強豪から、サンライズノヴァ(牡4、栗東・音無厩舎)などの新星、そして地方からは女王ララベル(牝6、大井・荒山勝厩舎)が参戦するなど、バラエティ豊かなメンバーで行われる。
東京 ダート1600mコース 分析》

芝のポケット部分からスタートしてダートコースに入るまで芝を150mほど走るのだが、内と外では外の方がおよそ30m芝部分が長く、スピードが付きやすいため、外枠が有利とされる。芝でスピードに乗せる必要があるため、出遅れは致命的。スタートを決めることが出来るかが勝負の分かれ目となる。

最初のコーナーまでの距離はおよそ640m。長い距離を走ることになるが、スローペースになることは少ない。条件クラスでは前半のラップはさほど変わらないが、クラスが上がるほど中盤〜ラストの流れが厳しくなり、スピードとタフさが要求される。

基本的には逃げ・先行が有利だが、東京ダート1300m〜1400mに比べると逃げ切りの割合は少なく、上級クラスになると後方からの差し・追い込みも届く。


データ
オープン平均タイム (1.35.4)
オープン平均レースラップ 前半3F(34.7秒):後半3F(36.3秒)


ポイント
堅く決まりやすいコース。
逃げ・先行がやや有利なコース。
枠順では外枠が圧倒的有利で、特に7・8枠が好成績を残している。


特注種牡馬
Tapitが好成績。
画像
参考ステップレース
川崎記念(G1)
1着Eケイティブレイブ(福永祐一)
2着Fアポロケンタッキー(内田博幸)
3着Bアウォーディー(武豊)

短評:ケイティブレイブにとっての好条件は、地方小回りの長距離戦で、ゆったりしたペースでの逃げか2番手。あらためて長距離戦でマイペースに持ち込んでの強さを示した。

根岸ステークス(G3)
1着Mノンコノユメ (内田博幸)
2着Gサンライズノヴァ (戸崎圭太)
3着Eカフジテイク (福永祐一)

短評:ノンコノユメは、前半3ハロン33秒9という芝並みのペースを後方2番手で追走。自慢の末脚を温存した。4コーナー手前からギアを上げ、次々と前の馬をかわす。最後は1番人気サンライズノヴァとの一騎打ち。メンバー最速の上がり3ハロン34秒2で、ハナ差の争いをものにした。

東海ステークス(G2)
1着Gテイエムジンソク (古川吉洋)
2着Eコスモカナディアン (丹内祐次)
3着Bモルトベーネ (秋山真一郎)

短評:テイエムジンソクは、スタート後サルサディオーネとハナを競う展開になった。それでも1コーナーで主導権を奪うと、マイペースの逃げに持ち込んだ。道中は淡々とした流れを作り、4コーナーを回ってもまだ楽な手応え。直線を向いて満を持して追い出されると、内を突いたコスモカナディアンが迫ってきたが、持ち味でもある並ばれてからの粘り腰を発揮して、3/4馬身差でVゴールを駆け抜けた。

チャンピオンズC(G1)
1着Hゴールドドリーム (R.ムーア)
2着Lテイエムジンソク (古川吉洋)
3着@コパノリッキー (田辺裕信)

短評:ゴールドドリームは、課題のゲートでワンテンポ遅れたが、序盤から促して中団の後ろをキープ。前半1000b61秒6とゆったりした流れの中、脚をためた。4角でスムーズに外めへ持ち出すと、直線は一気にエンジンが点火。グイグイ伸びて、ゴール寸前で計ったように差し切った。

フェブラリーS】(G3
(2018日刊(馬番)コンピ活用術予想篇)


フェブラリーS過去10年間(08〜17)ニッカン馬番コンピ指数の結果
指数順123456789101112131415161718
08/02/24
1東京8
15
76
04
75
16
62
07
59
09
58
08
57
10
55
05
49
11
48
06
47
13
46
14
44
01
43
12
42
03
41
02
40


09/02/22
1東京8
02
81
09
68
14
63
15
62
12
58
16
54
03
53
07
50
08
49
05
48
11
47
10
46
06
43
04
42
13
41
01
40


10/02/21
1東京8
04
84
06
69
03
66
08
56
14
55
12
54
11
52
10
51
01
49
16
48
13
47
07
46
15
43
02
42
09
41
05
40


11/02/20
1東京8
12
77
13
69
05
62
14
61
15
57
07
56
16
53
01
52
02
50
06
48
10
47
04
46
09
43
03
42
11
41
08
40


12/02/19
1東京8
15
84
10
77
16
59
09
57
03
56
11
55
13
52
07
51
14
48
02
47
06
46
08
44
05
43
04
42
12
41
01
40


13/02/17
1東京8
02
67
08
66
14
64
11
63
16
62
10
61
04
56
07
52
06
51
12
48
13
45
15
44
05
43
01
42
03
41
09
40


14/02/23
1東京8
11
82
15
69
02
64
07
60
04
57
01
53
12
52
09
51
10
50
16
49
03
48
08
47
05
46
06
42
13
41
14
40




15/02/22
1東京8
04
84
11
66
10
61
05
59
09
58
01
57
13
52
14
51
06
50
08
49
07
47
16
46
02
43
15
42
12
41
03
40




16/02/21
1東京8
07
86
03
65
14
64
05
58
02
57
06
56
13
53
04
51
08
50
10
49
09
48
16
47
12
43
11
42
01
41
15
40




17/02/19
1東京8
03
72
10
70
06
68
11
61
09
59
04
57
01
52
15
50
05
49
13
48
08
45
16
44
02
43
12
42
07
41
14
40




(上=馬番, 下=コンピ指数
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

フェブラリーS過去10年間(08〜17)ニッカン馬番コンピ指数順位の結果
画像

フェブラリーS過去10年間(08〜17)ニッカン馬番コンピ指数値の結果
画像


日刊(馬番)コンピ活用術(予想)>

例年、人気上位馬が安定した成績を残している為、今年も本命レースと予想する。

ポイントは、過去10年の馬番コンピ指数1位の高い勝率60%(連対率70%)から軸馬に推奨。相手馬は、近5年(14年を除く)内に連対した指数値51以上かつ9位までを狙う。

ちなみに去年は、指数値51以上までが指数7位までの6点でも、的中しました。
《コンピ勝負予想》 8点勝負レース!

馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2〜9位までの8頭へ流して8点。


注意:指数9位が指数値50以下の場合、買い目が減ります。


※個人的に楽しんで毎週予想を発信しているだけですので、これらの情報を参考に馬券を購入することは、皆様の自己責任となりますので、よろしくお願いします。<(_ _)>



今 週 の 重 賞
2月17日(
東京11R【ダイヤモンドSG3)】

京都11R【京都牝馬SG3)】

2月18日(
東京11R【フェブラリーSG1)】

小倉11R【小倉大賞典G3)】

当日(2/18)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的にG1 レースを極める!


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数: Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ ☆新潟2歳S(G3)☆へ
☆新潟2歳S(G3)☆
にほんブログ村テーマ ☆キーンランドカップ(G3)☆へ
☆キーンランドC(G3)☆
にほんブログ村テーマ <北九州記念(G3)回顧>へ
北九州記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <札幌記念(G2)回顧>へ
札幌記念(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <エルムS(G3)回顧>へ
エルムS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <関屋記念(G3)回顧>へ
関屋記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <小倉記念(G3)回顧>へ
小倉記念(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <レパードS(G3)回顧>へ
レパードS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <クイーンS(G3)回顧>へ
クイーンS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <アイビスサマーダッシュ(G3)回顧>へ
アイビスSD(G3)回顧
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
【フェブラリーS(G1)】(2018日刊馬番コンピ指数活用術予想篇) 〜術はある〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる