【根岸ステークス(G3)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
根岸Sに関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別では「6」が2勝。どちらかというと、内めの枠が好走している。過去10年で馬券絡みがない馬番は「10」と「12」。両サイドの「9」「11」「13」の複勝率が30%あり、一見良さそうな偶数枠で馬券絡みがないのは何とも面白い。(馬番9番内=勝率80%/連対率80%)

枠番成績篇
画像
勝ち馬は幅広い枠から出ていて、勝ち馬が出ていないのは7枠のみ。勝ち馬こそいないが、3着馬は5頭出ていて、複勝率は8つの枠の中で最も高い。
(枠番5枠内=勝率80%/連対率80%)


人気別成績篇
画像
1番人気は(4.2.0.4)と信頼度はマズマズ。1番人気に次いで4番人気が3勝を気を吐いている。勝ち馬は9頭が5番人気以内で、人気薄から入るのは得策とはいえない。一方で2~3着は人気薄が度々波乱を起こしており、2ケタ人気の馬も5頭が馬券に絡んでいる。
(5人気内9勝、6人気内連対率80%)


前走クラス別成績篇
画像
G1>G3>オープン

前走レース名別成績篇
画像
具体的には、G1レースなら地方・中央 どちらでも良い。武蔵野Sからの参戦馬は、要注意!?

ローテーション別成績篇
画像
意外と間隔を開けた方が、好成績に繋がっている。

馬齢別成績篇
画像
過去10年5歳馬が4勝、6歳馬3勝、4歳馬2勝、7歳馬1勝。5歳馬は2着も5回あって、高い連対率を誇る。もう一つ見逃せないのが8歳の伏兵馬。3着4回は年齢別で最も多く。馬券に絡んだ5頭のうち3頭が2ケタ人気で波乱を呼び起こしている。

所属厩舎別成績篇
画像
関東で行われる重賞だが、東西の比較ではこの時期の気圧配置のように『西高東低』の傾向がハッキリ出ていて、過去10年で馬券に絡んだ関東馬は08年1着のワイルドワンダーと10年3着のオーロマイスターのわずか2頭。出走頭数も関西馬116頭に対して関東馬35頭と関西馬が圧倒している。

生産者別成績篇
画像
ノーザンF、社台Fにとって、鬼門のレース!?
まとめ篇

狙い目前走・武蔵野S組かつ関西馬

該当馬=ベストウォーリア(牡8)
1月28日(
東京11R【根岸ステークスG3)】

京都11R【シルクロードSG3)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング