〜術はある〜

アクセスカウンタ

zoom RSS <エリザベス女王杯(G1)回顧>

<<   作成日時 : 2017/11/12 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
画像


日曜11月12日)京都11Rエリザベス女王杯

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



エ女王杯の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
京都11R
エ女王杯
16
82
11
66
17
65
12
63
10
56
07
55
05
54
06
51
04
50
13
48
09
47
08
46
02
45
01
44
14
43
15
42
18
41
03
40
(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜11月12日  5回京都4日目11R

エリザベス女王杯
G1


(芝2200m)(3歳以上オープン牝馬)(別定)

画像
モズカッチャンが古馬を破って初戴冠!
鮫島師もGI初制覇


画像
12日、京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)は、中団の前でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の5番人気モズカッチャン(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)が、直線で内から脚を伸ばして、早め先頭から粘る9番人気クロコスミア(牝4、栗東・西浦勝一厩舎)を捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分14秒3(良)。
画像
さらにアタマ差の3着に3番人気ミッキークイーン(牝5、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、1番人気ヴィブロス(牝4、栗東・友道康夫厩舎)は5着、2番人気ルージュバック(牝5、美浦・大竹正博厩舎)は9着に終わった。
画像
勝ったモズカッチャンは、父ハービンジャー、母サイトディーラー、その父キングカメハメハという血統。春のオークスで2着、秋の秋華賞で3着と無冠に終わった悔しさを晴らし、新女王の座に輝いた。鞍上のM.デムーロ騎手は、昨年のクイーンズリングに続く連覇を達成。また、本馬を管理する鮫島一歩調教師は、開業18年目で初のJRA・GI制覇となった。
画像


レース後のコメント

画像
1着モズカッチャン (M.デムーロ騎手)
「(今年5つ目のG1勝ちに)素晴らしい年です。すごく真面目な馬ですね。いつもいいスタートで、いいポジションを自分で取ります。本当にすごく賢い馬です。(道中は)ずっといい手応えでした。直線を向いてもいい手応えで、本当に最後まで頑張りました。(春にモズカッチャンとコンビを組んでいた和田騎手のクロコスミアが2着で)ゴール後に和田君がすぐ『おめでとう!』と言ってくれましたけど、悲しいと思っています。オークス2着の馬で、初めて乗ったときからいい馬だと思っていました。ちょっとツイてないけど、いつも一生懸命で、前走の秋華賞のときも1コーナーで落鉄していたのに3着に来ました。今日はゴール前で行けそうだと思いました」

2着クロコスミア (和田竜二騎手)
「2番手になったぶん、前半は力みましたが、向こう正面で折り合えた。最後まで止まってないんですがねえ…。力をつけていますし、よく頑張ってくれました」
画像
3着ミッキークイーン (浜中俊騎手)
「本当に一生懸命走ってくれる馬です。最後はこの馬らしい脚を使ってくれました。悔しいですが、頑張ってくれました」

(池江泰寿調教師)
「完璧に運べたがペースが遅かった。馬も去年より状態が良かった。それだけに一度使えていればよかったんですが…」と、昨年同様ぶっつけで3着に終わった結果に悔しさをにじませた。

4着マキシマムドパリ (藤岡佑介騎手)
「外枠だったので、スタートが決まれば、内のポジションを取ろうと思っていました。前をかわせなかったですが、よく頑張ってくれました」
画像
5着ヴィブロス (ルメール騎手)
「いいポジションは取れましたが、ずっとハミを取ってリラックスして走れませんでした。最後はエネルギーがなくなってしまいました。2200メートルは少し長いのかもしれません」
画像
6着スマートレイアー (川田将雅騎手)
「ヴィブロスの後ろからスムーズに進められました。しまいもしっかり動いてくれましたが、いい結果を出せず申し訳ないです」
画像
7着クイーンズリング (C.デムーロ騎手)
「手応えの割に最後はじりじりとしか伸びてくれませんでした。展開が向きませんでした」
画像
8着リスグラシュー (福永祐一騎手)
「スタートを出すことができなかった。差のないところまで来てくれているんですが…」
画像
9着ルージュバック (ムーア騎手)
「スタートが速くなく、いい位置を取りにいけなかった。ペースも向かなかった」

10着トーセンビクトリー (アッゼニ騎手)
「ペースが遅く、かかってしまった」

11着エテルナミノル (四位洋文騎手)
「どこかで内に入れたかったけど、大外枠で外を回らされた。初めて強い馬との対戦だったけど、よく頑張っている」
画像
12着ディアドラ (岩田康誠騎手)
「進んでいかなかった。中団からの気持ちでいたけど、流れに乗れなかった。具合はすごくよく感じたんですが…。ちょっとわからないですね」

13着デンコウアンジュ (蛯名正義騎手)
「流れに乗れたが、最後は脚が鈍った。距離なのか、コース的なものか」

14着同着クインズミラーグロ (藤岡康太騎手)
「先手を主張。ペースは速くなかったですが、久々のハナ(に行く競馬)が影響したんでしょうか」

14着同着ハッピーユニバンス (池添謙一騎手)
「最後まで止まってないんですが、さすがにこの相手では離されてしまいましたね」

16着ジュールポレール (幸英明騎手)
「思ったより折り合いは付きましたが、最後は止まってしまいました。外を回ったこともありますが、距離的なこともあったかもしれません」

17着タッチングスピーチ (松山弘平騎手)
「展開が厳しかったです」

18着ウキヨノカゼ (横山典弘騎手)
画像
画像

「JRA2017 年間プロモーションキャラクター」を務める女優・高畑充希
JRAを通じて「エリザベス女王杯のプレゼンターを務めさせていただき、光栄です。関西出身の私としては、京都競馬場で行われるこのレースを大変楽しみにしていました。実際初めて来た京都競馬場は、パドックが丸かったり、コースの中心に池があったりと、なんだかかわいい印象を受けました。CMやポスターで使用したエリ女耳あてをしてくれている人も見かけ、テンションがあがりました。レースの方は、女子だけの戦いに私も“UMAJO”の一人として知らず知らずのうちに引き込まれました。『みつき』にちなんでミッキークイーンの単勝と日本ダービーで勝っていたルメールさんが乗るヴィブロスの単勝を買いました。馬券は残念ながら外れてしまいましたが、とても楽しかったです。またぜひ、京都競馬場に遊びに来たいです」とコメントした。



画像





次の重賞レースは
マイルCS】(G1)(日刊コンピ篇


東京スポーツ杯2歳S】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数: Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ G1に挑め!(秋)JRA予想へ
G1に挑め!(秋)
にほんブログ村テーマ ☆スプリンターズS(G1)☆へ
☆スプリンターズS(G1)☆
にほんブログ村テーマ ☆神戸新聞杯(G2)☆へ
☆神戸新聞杯(G2)☆
にほんブログ村テーマ ☆オールカマー(G2)☆へ
☆オールカマー(G2)☆
にほんブログ村テーマ <セントライト記念(G2)回顧>へ
セントライト記念(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <ローズステークス(G2)回顧>へ
ローズS(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <京成杯オータムH(G3)回顧>へ
京成杯AH(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <セントウルS(G2)回顧>へ
セントウルS(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <紫苑ステークス(G3)回顧>へ
紫苑S(G3)回顧
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<エリザベス女王杯(G1)回顧> 〜術はある〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる