〜術はある〜

アクセスカウンタ

zoom RSS <皐月賞(G1)回顧>

<<   作成日時 : 2018/04/15 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜4月15日)中山11R皐月賞

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



皐月賞の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
中山11R
皐月賞
02
79
15
78
05
58
03
57
01
56
09
55
07
53
14
52
12
50
10
49
08
46
13
44
16
43
11
42
06
41
04
40




(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜4月15日  3回中山8日目11R

皐 月 賞
G1


(芝2000m)(3歳オープン)(馬齢)

画像
エポカドーロが混戦に断!
オルフェーヴルとの父子制覇達成!


画像
15日、中山競馬場で行われた皐月賞(3歳・牡牝・GI・芝2000m)は、先行3頭から大きく離れた4番手でレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の7番人気エポカドーロ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、5番手から追い上げた9番人気サンリヴァル(牡3、栗東・藤岡健一厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分0秒8(稍重)。
画像
さらに1.3/4馬身差の3着に8番人気ジェネラーレウーノ(牡3、美浦・矢野英一厩舎)が入った。なお、2番人気ステルヴィオ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)は4着、3番人気キタノコマンドール(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は5着、1番人気ワグネリアン(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は7着に終わった。
画像
勝ったエポカドーロは、父オルフェーヴル、母ダイワパッション、その父フォーティナイナーという血統。前哨戦のスプリングSではハナ差の2着に敗れたが、この本番で鮮やかに抜け出し、牡馬クラシックの1冠目を手にした。
画像
鞍上の戸崎圭太騎手はこれが初のクラシック制覇で、GI勝利は2016年のヴィクトリアマイル以来。また、エポカドーロの父オルフェーヴルにとっては、初年度産駒のクラシック制覇&皐月賞父子制覇となった。
画像


レース後のコメント

画像
1着エポカドーロ (戸崎圭太騎手)
「先手を主張する馬はいるなと思って、イメージ通りですね」と振り返り、「馬も落ち着いて走ってくれていましたし、本当に競馬が上手な馬です」と笑顔を見せた。直線では堂々と抜け出し、「なんとかしのいでくれと頼むだけでした」と粘り強く伸び、後続の追い上げを退けた。これで1冠を制し、次は2冠目・日本ダービーとなるが、「距離は心配ありましたけど、強い競馬を見せてくれましたので期待しています」と手応えは十分。毎年、リーディングジョッキーを争う戸崎もG1制覇は16年ストレイトガールで制したヴィクトリアマイル以来2年ぶり。「G1をプレゼントしていただいてうれしく思います」と愛馬に感謝しきりだった。

画像
2着サンリヴァル (藤岡佑介騎手)
「悔しいですね」と第一声。「根性があるから勝負どころで勝ち馬に並びかけられればよかったが、スッと離された。あそこでもう少し動ければ」と馬体を併せる形に持ち込めなかったことをポイントに挙げながら「まだ成長の余地がある」と今後の逆転を期していた。

画像
3着ジェネラーレウーノ (田辺裕信騎手)
「あの位置でも力まずに走っていた。気分屋なので抑え込みたくなかった」とリズム優先の騎乗を振り返った。「挟まれる形じゃなければ、下げてもよかったけど。気分良く行かせようと。最後までしぶとく頑張っている」

(矢野師)
「直線も馬場の悪いところで粘っているし、スタミナがある」とダービーへの手応えを示した。

画像
4着ステルヴィオ (ルメール騎手)
「直線ではいい反応だった。頑張ったけど、勝った馬が止まらなかった」

画像
5着キタノコマンドール (M.デムーロ騎手)
「変な競馬になった。外々を回される形になって…」

(池江泰寿師)
「キャリア3戦目でよく頑張った。最後方からよく伸びた。ダービーの権利を獲れたのが一番大きい。十分間隔を取って挑める。6着(グレイル)とは鼻差でしょ?」と笑顔もまじえて話した。9着ジャンダルムと共に「予定通りにダービーに行きます」と指揮官は競馬の祭典での逆襲を誓った。

6着グレイル (岩田康誠騎手)
「スタートのタイミングが合わなかった。最後の直線は伸びている」

画像
7着ワグネリアン (福永祐一騎手)
「前回より落ち着いていて、雰囲気も良かったです。スタートもしっかり出てくれて、打ち合わせた通りのポジションを取れました。しかし、4コーナーで仕掛けたときに加速しきれず、そのままゴールをむかえるまで加速しきらないままでした。理由は明らかではありませんが、もしかすると軟らかい馬場が影響したのかもしれません。直線でも勝ち馬とそこまで離されていなかったのですが、届かず残念でした」

8着アイトーン (国分恭介騎手)
「スタートして下げても仕方がない馬なので、自分の競馬をした。まだ気持ちが幼いから、これから成長してくれれば」

9着ジャンダルム (武豊騎手)
「スタートが痛恨。先行したかったけどね。こういう馬場も上手ではない」

10着タイムフライヤー (内田博幸騎手)
「いいところにいると思ったんだけどね。外からかぶされる競馬をしたことがなかったので」と無念の表情。

(松田師)
「トライアル(若葉S5着)が厳しいレースになり、今週の調教は動きすぎた面もあった。パンチが現状まだ足りない。ダービーまで時間が少しあるので、しっかり調整していきます」と巻き返しを誓った。

11着ケイティクレバー (浜中俊騎手)
「行かない形の競馬も身に付けられそう。これからの馬」

12着オウケンムーン (北村宏司騎手)
「スタートで立ち遅れました。1〜2コーナーでペースが上がらなそうだと感じて、内からロスなく進めようと考えました。道中上がっていったことで体力を使ってしまったのか、坂を登ってからは苦しかったです」

13着マイネルファンロン (柴田大知騎手)
「道中はスムーズでしたし、感触も良かった。現時点では相手が強かったですよ」

14着ダブルシャープ (和田竜二騎手)

15着ジュンヴァルロ (大野拓弥騎手)
「一息で走っている感じ。距離を詰めた方がいいかも」

16着スリーヘリオス (柴田善臣騎手)
「距離が長いかな」

皐月賞表彰式に登場、トークショーにゲストとして出演したJRA2018年間プロモーションキャラクターの高畑充希さんのコメントは次のとおり。
(高畑充希さん)
「東京競馬場は日本ダービーやCMの撮影で何度も行っていますが、中山競馬場は今回が初めてで、とても楽しみにしていました。ビギナーズセミナーで教わった買い方を参考に、馬券は2番ワグネリアンと15番ステルヴィオのワイドで勝負しました。が、残念ながら不的中。次こそは!と思っています。中山競馬場ももちろん、また違う競馬場にも是非遊びに行きたいです」
画像
画像


画像





徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
画像
何も言う事は易く、完敗…(ノД`)・゜・。




次回の重賞レースは
福島牝馬S】(G3)(日刊コンピ篇



フローラS】(G2)(日刊コンピ篇



読売マイラーズC】(G2)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数: Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ ☆NHKマイルカップ(G1)☆へ
☆NHKマイルC(G1)☆
にほんブログ村テーマ ☆天皇賞(春)(G1)☆へ
☆天皇賞(春)(G1)☆
にほんブログ村テーマ ☆青葉賞(G2)☆へ
☆青葉賞(G2)☆
にほんブログ村テーマ <読売マイラーズカップ(G2)回顧>へ
読売マイラーズC(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <フローラS(G2)回顧>へ
フローラS(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <福島牝馬S(G3)回顧>へ
福島牝馬S(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <皐月賞(G1)回顧>へ
皐月賞(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <アンタレスS(G3)回顧>へ
アンタレスS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <アーリントンカップ(G3)回顧>へ
アーリントンC(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <桜花賞(G1)回顧>へ
桜花賞(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <大阪杯(G1)回顧>へ
大阪杯(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <高松宮記念(G1)回顧>へ
高松宮記念(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <フェブラリーS(G1)回顧>へ
フェブラリーS(G1)回顧
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<皐月賞(G1)回顧> 〜術はある〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる