〜術はある〜

アクセスカウンタ

zoom RSS <フェブラリーS(G1)回顧>

<<   作成日時 : 2018/02/18 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜2月18日)東京11RフェブラリーS

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



フェブラリーSの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
東京11R
フェブラリーS
14
88
10
71
16
59
12
58
02
55
05
54
15
53
11
52
06
51
04
50
01
49
13
46
08
43
03
42
09
41
07
40




(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜2月18日  1回東京8日目11R

フェブラリーS
G1


(ダート1600m)(4歳以上オープン)(定量)

画像
豪脚一閃! ノンコノユメが悲願のJRA・GI初制覇!


画像
18日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)は、道中は後方に構えた内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメ(セ6、美浦・加藤征弘厩舎)が、直線で馬群の一番外から脚を伸ばして、中団後方から一旦は抜け出した1番人気ゴールドドリーム(牡5、栗東・平田修厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。
画像
さらにクビ差の3着に6番人気インカンテーション(牡8、栗東・羽月友彦厩舎)が入った。なお、3番人気サンライズノヴァ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は4着、2番人気テイエムジンソク(牡6、栗東・木原一良厩舎)は12着に終わった。
画像
勝ったノンコノユメは、父トワイニング、母ノンコ、その父アグネスタキオンという血統。約2年2か月ぶりの勝利を挙げた前走の根岸Sに続く連勝で、悲願のJRA・GI制覇を果たした。また、本馬を管理する加藤征弘調教師にとっても、これが初のJRA・GI勝利となった。
画像


レース後のコメント

画像
1着ノンコノユメ (内田博幸騎手)
「末脚を生かす競馬をしました。有力馬を前に見て、それを見ながら運べばいいところがあると思っていました。有力馬に被されない競馬をしたかった。ゴールしてノンコノユメにごくろうさまですといいました。スタッフさん、調教師さん、馬主さんが悔しい思いをしてきましたが、馬を管理するスタッフさんたち、縁の下の力持ちの皆さんのおかげで今があると思います。ノンコは頑張ればできるということを教えてくれました」

【加藤征弘調教師のコメント】
「根岸Sのレース後ちょっと疲れが出ましたが、回復がすごく早かったです。とても元気が良かったです。とにかく外に、被されないように出そうと騎手とは相談していました。思ったより後ろでしたが、外に馬がいませんでしたし、前半流れてくれたのも良かったです。中央初G1制覇でしたが、思ったより冷静に見ることができました。セン馬にしてから色々と批判もありましたが、根岸Sでものすごい脚を使ってくれたのでホッとしていました。去年の夏場にしっかり休ませたことで、昔の馬体に戻ってきましたね。右股関節に疲れがたまりやすい馬ですが、休ませて治り、その分調教で負荷をかけられるようになったのも大きかったと思います。ここにきてこの馬らしさが出るようになり、今日もすばらしい末脚を見せてくれました。これからもこの馬らしいレースを見せられればと思います」

画像
2着ゴールドドリーム (ムーア騎手)
「スタートは相変わらず遅かったが、馬は前走よりも良くなっていた。ただ、早めに動かざるえない展開になってしまった。その分、最後に脚が止まった」と悔しそうな表情。
(平田調教師)
「テイエムジンソクなど有力馬が前にいたので。ジョッキーの言う通り、早めに動いたのが全てだろう。でも、今日はノンコが強かった。ドバイについては、オーナーと相談して決めます」

画像
3着インカンテーション (三浦皇成騎手)
「こういう展開になると思っていた。(直線は)よく盛り返してくれた。いい競馬ができたけど、悔しいですね」

4着サンライズノヴァ (戸崎圭太騎手)
「スタートが決まりうまく流れに乗れました。ペースももう遅ければ脚が溜まったかもしれませんね」

画像
5着レッツゴードンキ (幸英明騎手)
「直線に向いて反応してくれたので“いいかも”と思ったが、最後は同じ脚いろになった」

6着キングズガード (藤岡佑介騎手)
「後方で脚を溜めて、レッツゴードンキが通ったような競馬を意識していましたが、外を回さざるを得ませんでした。体も絞れて、キレもよく出ていましたが、もう少しうまく乗れればと思います。理想をいえば、もう一列前で競馬をしたかったですね」

7着メイショウスミトモ (田辺裕信騎手)
「ペースも流れてくれましたし、よく頑張ってくれたと思いますよ」

8着サウンドトゥルー (ミナリク騎手)
「芝スタートからダッシュがつかなかったし、最後まで一生懸命走ってくれました。千六は忙しいかもしれませんね。馬はしっかり走ってくれましたよ」

9着アウォーディー (武豊騎手)
「状態は良かったですね。内枠で気を遣って走っていたので、思い切って、下げて外に出せば良かったですね。距離じゃなくて、馬込みが敗因ですね」

10着ベストウォーリア (ルメール騎手)
「ちょうどいいポジションで、自分のリズムではしれたけれど、反応できなかったね。年齢的なものかもしれない」

11着ケイティブレイブ (福永祐一騎手)
「息を入れたいときに外から来られてオーバーペースになり、最後は失速してしまった」

画像
12着テイエムジンソク (古川吉洋騎手)
「コーナー2つのコースは、息が入らなかった。そこだけ心配していた。まあ仕方ない。スタートしてからの直線も長くて力んでいた」と、初めて走る東京を敗因に挙げた。昨年5月から同騎手とコンビを組んで続いていた連対も、7戦でストップした。

13着ノボバカラ (石橋修騎手)
「先生ともスタートさえ決まれば、いけそうだなと話していましたが、ものすごいペースになりましたね。馬に若さはありますし、自分のリズムでいければまだまだやれると思いますよ」

14着ロンドンタウン (岩田康誠騎手)
「直線に入って余力がなかった」

画像
15着ララベル (真島大輔騎手)
「中央のペースが速くて馬が戸惑っていた。抑える競馬は考えていなかったので、正々堂々と競馬をした。悔しいです。(道中に)1頭になってさみしかったのかも。最後の坂でしんどくなった。いろんな経験をさせてもらった馬。感謝したいです」

16着ニシケンモノノフ (横山典弘騎手)

(庄野調教師) 
「自分の形で競馬は作れたが、距離が長かったかな」

フェブラリーステークスの表彰式でプレゼンターを務めた小島瑠璃子さんのコメントは以下の通り。
「東京競馬場に久しぶりに来て、天気も良く最高のGI観戦となりました。1番人気のゴールドドリームは強かったですが、一番外から私の本命馬ノンコノユメが走ってきてくれて、とってもワクワクできました。内田騎手ともお話ができて、ノンコノユメのことを教えてもらいました。とても素晴らしい体験をさせていただきました」
画像
画像



画像

徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
画像

狙い方は間違っていないはず…(ノД`)・゜・。




次週の重賞レースは
中山記念】(G2)(日刊コンピ篇


阪急杯】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数: Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ ☆宝塚記念(G1)☆へ
☆宝塚記念(G1)☆
にほんブログ村テーマ <ユニコーンS(G3)回顧>へ
ユニコーンS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <函館スプリントS(G3)回顧>へ
函館SS(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <安田記念(G1)回顧>へ
安田記念(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <東京優駿〜日本ダービー(G1)回顧>へ
東京優駿(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <優駿牝馬〜オークス(G1)回顧>へ
優駿牝馬(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <ヴィクトリアマイル(G1)回顧>へ
ヴィクトリアM(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <NHKマイルカップ(G1)回顧>へ
NHKマイルC(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <天皇賞(春)(G1)回顧>へ
天皇賞春(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <皐月賞(G1)回顧>へ
皐月賞(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <桜花賞(G1)回顧>へ
桜花賞(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <大阪杯(G1)回顧>へ
大阪杯(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <高松宮記念(G1)回顧>へ
高松宮記念(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <フェブラリーS(G1)回顧>へ
フェブラリーS(G1)回顧
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<フェブラリーS(G1)回顧> 〜術はある〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる