〜術はある〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【共同通信杯(G3)】(2018ハイブリッド指数活用術予想篇)

<<   作成日時 : 2018/02/11 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
今 週 の 重 賞
2月11日(
東京11R【共同通信杯G3)】

京都11R【京都記念G2)】
2月12日(
東京11R【クイーンカップG3)】
共同通信杯G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

近年も後の活躍馬が続出している名馬への登竜門!


画像
画像
2013年(タイム1.46.0 前半36.0 / 後半34.0)


画像
画像
2014年(タイム1.48.1 前半36.7 / 後半33.4)


画像
画像
2015年(タイム1.47.1 前半35.2 / 後半34.5)


画像
画像
2016年(タイム1.47.4 前半35.8 / 後半35.6)


画像
画像
2017年(タイム1.47.5 前半36.0 / 後半34.7)

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(〜競馬王 京大式推定3ハロン〜より一部抜粋)

過去5年の連対馬のうち9頭までが上がり3位以内

過去5年すべて後傾ラップとはいえ、「上がり最速馬」が4連対、連対馬の9頭までが上がり3位以内をマークしている。14年イスラボニータ(1着)、15年ドゥラメンテ(2着)、16年ディーマジェスティ(1着)と皐月賞馬&ダービー馬を計5頭も輩出している。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.9秒/34.4秒。(前後差1.5) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降0連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内9連対)。


[推定後半3ハロン優勢]

《ハイブリッド勝負予想》 10点勝負レース!

馬 連】で
推定後半3ハロン指数2、3位から
ハイブリッド指数1〜7位までの7頭へ流して14点。

後半3F指数2,3位とHB指数2,4位が重複した為、買い目が減りました。
馬 連】で《9,6⇒12,10,3,2,1》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

K◎グレイル


前走(京都2歳S 優勝)は、2着馬タイムフライヤー(次走のホープフルSで上がり最速をマークしてG1制覇)をキャリア1戦で右手前のまま差し切っただけに、左回りの東京ならさらに切れ味を発揮できそう!?

デビュー戦も上がり最速で不良馬場を勝っており、馬場状態を問わないのも強み。グレイルは、先行して粘り込みタイプではないので、直線の長い東京コースもよい。2カ月半ぶりだが、乗り込み量は豊富でいい状態で出走できそう!?上がり最速をマークして、3連勝でクラシックへ期待したい!!


馬 連】で《12⇒1,2,6,9,10》


画像


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数: Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ ☆東京優駿〜日本ダービー(G1)☆へ
☆日本ダービー(G1)☆
にほんブログ村テーマ ☆目黒記念(G2)☆へ
☆目黒記念(G2)☆
にほんブログ村テーマ ☆葵ステークス(新設重賞)☆へ
☆葵S(新設重賞)☆
にほんブログ村テーマ <優駿牝馬〜オークス(G1)回顧>へ
優駿牝馬(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <平安ステークス(G3)回顧>へ
平安ステークス(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <ヴィクトリアマイル(G1)回顧>へ
ヴィクトリアM(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <NHKマイルカップ(G1)回顧>へ
NHKマイルC(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <天皇賞(春)(G1)回顧>へ
天皇賞春(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <皐月賞(G1)回顧>へ
皐月賞(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <桜花賞(G1)回顧>へ
桜花賞(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <大阪杯(G1)回顧>へ
大阪杯(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <高松宮記念(G1)回顧>へ
高松宮記念(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <フェブラリーS(G1)回顧>へ
フェブラリーS(G1)回顧
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
【共同通信杯(G3)】(2018ハイブリッド指数活用術予想篇) 〜術はある〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる