日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <新潟記念(G3)回顧>

<<   作成日時 : 2017/09/03 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜9月3日)新潟11R新潟記念

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



新潟記念の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
新潟11R
新潟記念
11
77
13
72
12
63
02
62
05
55
01
54
04
53
06
52
07
51
14
50
10
49
17
48
08
47
16
46
03
42
15
41
09
40


(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜9月3日  2回新潟12日目11R

新 潟 記 念
G3


(芝2000m)(3歳以上オープン)(ハンデ)

画像
タツゴウゲキが重賞連勝&サマー2000シリーズ制覇!!


画像
3日、新潟競馬場で行われた新潟記念(3歳上・GIII・芝2000m)は、2番手でレースを進めた秋山真一郎騎手騎乗の6番人気タツゴウゲキ(牡5、栗東・鮫島一歩厩舎)が、直線早々に先頭に立ってゴールまで押し切り、外から懸命に差を詰めた1番人気アストラエンブレム(牡4、美浦・小島茂之厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒9(良)。
画像
さらにハナ差の3着に12番人気カフジプリンス(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。なお、3番人気マイネルフロスト(牡6、美浦・高木登厩舎)は6着、2番人気トーセンバジル(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)は7着に終わった。
画像
勝ったタツゴウゲキは、父マーベラスサンデー、母ニシノプルメリア、その父Singspielという血統。小倉記念に続く重賞連勝を飾り、サマー2000シリーズの王座に輝いた。
画像


レース後のコメント

画像
1着タツゴウゲキ (秋山真一郎騎手)
「(新潟での自身重賞初制覇に)勝つまで20年以上かかったし、やっと勝ててうれしいですね。道中はずっと手応えがよかった。直線で後ろの馬が迫ってきたので、何とか頑張ってくれと思っていました。(ゴールの瞬間は)やっと(新潟で重賞を)勝てたな、と。前回も(急きょの乗り替わりで騎乗して)ラッキーだったですけど、2回目もラッキーでしたね。今後も馬は頑張ってくれると思うんですけ、(秋競馬になったら)僕はまた影が薄くなると思うんで。この夏はちょっとアピールできたと思います」
画像
(鮫島一歩調教師)
「よく粘ってくれました。1頭行ってくれる馬がいて、2番手につける形になったらリラックスして走ってくれましたね。メンバーも強くなっていてどうかなと思っていましたが、勝って楽しみが増えました。このまま成長して行ってくれれば、GIへの挑戦も考えようと思います。続けて頑張って走ってくれましたし、まずは次にどことは決めずにひと休みさせてあげようと思います」
画像
2着アストラエンブレム (デムーロ騎手)
「いつも最後で止まってしまう。最高のレースができたけど、並んでからブレーキをかけるようなところがあった。気持ちの難しいところが出ている」
画像
3着カフジプリンス (中谷雄太騎手)
「分かってはいるんだけど、スッと反応ができず、4角で離されてしまった。最後は一完歩ごとに詰めている。不器用だけど、力はあるし、どこかでタイトルを取りたい」
画像
4着ウインガナドル (津村明秀騎手)
「リズムよく運べた。勝ち馬(タツゴウゲキ)のプレッシャーがきつかったけど、かわされてからも詰め寄っていた。かなり成長している」
画像
5着フルーキー (北村宏司騎手)
「前走より気配は上がっている感じだった。最後もよく伸びてはいるけど、とらえきるまでにはいかなかった」

6着マイネルフロスト (柴田大知騎手)
「(序盤で)隣のミルコの馬が行かないなら行きたかったので、自分としては難しい選択になったが、よく頑張ってくれた」

7着トーセンバジル (岩田康誠騎手)
「直線勝負にかけたが、4角手前から出していって脚が上がってしまった。最後まで持続できなかった」

8着ロイカバード (横山典弘騎手)
「内容は悪くないし、勝ち馬からはいくらも負けていない。いつもハンデを見込まれてしまう」

9着ハッピーモーメント (戸崎圭太騎手)
「最近は長い距離を使っていたけど、2000メートルでも上手に走っていた。最後はじり脚でかわされてしまった」

10着マイネルスフェーン (丸田恭介騎手)
「徐々にポジションを押し上げいった。直線もある程度(前を)射程圏に入れながら、この馬も伸びている」

11着ソールインパクト (大野拓弥騎手)
「いいポジションを取ることができたし、いいリズムで運べた。ただ、理想は4つコーナーがあるコースかも」

12着ロッカフラベイビー (内田博幸騎手)
「周りに囲まれるプレッシャーが意外にこたえたかも。思ったよりも伸びなかったし、馬場が悪いのも影響したかも」

13着スピリッツミノル (三浦皇成騎手)
「それなりについていけたが、勝負どころで離されてしまった」

14着ルミナスウォリアー (石橋修騎手)
「出していったが、ポジションを取れなかった。ハミをかんでしまうようなところもなかったし、上がっていける感じがなかった」

15着シャドウウィザード (木幡巧也騎手)
「最後は追ってもじわじわと伸びてくるだけでした。ここでは51キロでもきつそうですが、準オープンならやれると思います」

16着ラストインパクト (田辺裕信騎手)
「ついていくのがやっとだった。前と離れないように脚を使ったけど、最後はバタバタだった」

17着トルークマクト (江田照男騎手)
画像



画像









次の重賞レースは
紫苑ステークス】(G3)(日刊コンピ篇


京成杯オータムH】(G3)(日刊コンピ篇


セントウルステークス】(G2)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ G1に挑め!(秋・冬)中央競馬予想へ
G1に挑め!(秋・冬)
にほんブログ村テーマ チャンピオンズカップ(GI)へ
チャンピオンズカップ(GI)
にほんブログ村テーマ ジャパンカップ(2017)へ
ジャパンC(2017)
にほんブログ村テーマ マイルチャンピオンシップ(2017)へ
マイルCS(2017)
にほんブログ村テーマ エリザベス女王杯(2017)へ
エリザベス女王杯(2017)
にほんブログ村テーマ 天皇賞・秋(2017)へ
天皇賞・秋(2017)
にほんブログ村テーマ 菊花賞(2017)へ
菊花賞(2017)
にほんブログ村テーマ 秋華賞(2017)へ
秋華賞(2017)
にほんブログ村テーマ スプリンターズS(2017)へ
スプリンターズS(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<新潟記念(G3)回顧> 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる