日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <関屋記念(G3)回顧>

<<   作成日時 : 2017/08/13 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜8月13日)新潟11R関屋記念

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



関 屋 記 念の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
新潟11R
関屋記念
12
77
11
66
06
65
14
64
15
58
10
53
13
52
01
51
03
50
09
49
16
48
08
44
05
43
02
42
07
41
04
40




(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜8月13日  2回新潟6日目11R

関屋記念
G3


(芝1600m)(3歳以上オープン)(別定)

画像
7番人気マルターズアポジーが逃げ切りV 重賞3勝目


画像
13日、新潟競馬場で行われた関屋記念(3歳上・GIII・芝1600m)は、好スタートを決めて先手を取った武士沢友治騎手騎乗の7番人気マルターズアポジー(牡5、美浦・堀井雅広厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、好位から懸命に差を詰めた4番人気ウインガニオン(牡5、栗東・西園正都厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒2(良)。
画像
さらにクビ差の3着に5番人気ダノンリバティ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、2番人気ロードクエスト(牡4、美浦・小島茂之厩舎)は6着、1番人気メートルダール(牡4、美浦・戸田博文厩舎)は12着、3番人気ブラックムーン(牡5、栗東・西浦勝一厩舎)は15着に終わった。
画像
勝ったマルターズアポジーは、父ゴスホークケン、母マルターズヒート、その父Old Triesteという血統。昨秋以来のマイル戦で見事に逃げ切り、福島記念、小倉大賞典に続く重賞3勝目を挙げた。


レース後のコメント

画像
1着 マルターズアポジー(武士沢騎手)
「同型との兼ね合いがあったが、うまくいきましたね。作戦というよりは、(逃げるのは)この馬の持ち味なので。今まで2000メートルを主体に使っていましたが、もともと1600メートルでも問題ない馬。前回の競馬(七夕賞11着)が変なイメージにならなければいいと思っていたが、本領を発揮してくれてよかった。真面目すぎる馬でレースで行きすぎるところがあるが、それが今はいい方に結果につながっていますね」
画像
2着 ウインガニオン(津村騎手)
「よく頑張っています。いい展開で、交わせる勢いでしたが、最後止まってしまいました。連戦の疲れもあったかと思いますが、頑張っていますし、秋が楽しみです」

3着 ダノンリバティ(松若風馬騎手)
「4コーナーの進路の取り方を迷ったのが最後に響いた。ラストはよく伸びていた」

4着 ヤングマンパワー(石橋脩騎手)
「雰囲気も良く、いいところにはまりました。あまりテンに行くと終いが甘くなると聞いていましたが、コーナーの感じも良く、直線もジワッと伸びていました。新潟は走ります。よく頑張ってくれました」

5着 ダノンプラチナ(蛯名騎手)
「地力は見せてくれました。直線では突き抜けるかと思いましたが、ラスト100mで止まりました。この後、順調に使えればもっと良くなると思います」

画像
6着 ロードクエスト(池添騎手)
「返し馬で状態の良さを感じたので、ポジションを取りに行く競馬をした。頑張ってくれているし、伸びているが、前の馬が止まらなかった」

7着 ロサギガンティア(大野騎手)
「うまくゲートを出てくれたし、スムーズに運べた。最後までじりじりと伸びている」

8着 レッドレイヴン(北村宏司騎手)
「スタートが上手に決まって、スムーズに運べた。もう少し差を詰められるかと思ったけど、伸びてはいた。だんだんと復調してきている」

9着 ショウナンバッハ(柴田善臣騎手)
「しっかり脚を使った。マイルにも対応できていた」

10着 ウキヨノカゼ(吉田隼人騎手)
「外枠で馬の後ろに入れられなかった。前残りの流れだったが、この馬自身は伸びている」

11着 トーセンデューク(小崎綾也騎手)
「折り合いが気になっていたが、問題なかったし、脚をためられた。馬群を縫うようなレースをすればよかったかもしれない」

12着 メートルダール(M.デムーロ騎手)
「スタートは速く出たけど、全然進んでいかなかった。直線はロードクエストを目標にしたが、手前を替えてからも全然伸びなかった。わからない」

13着 オールザゴー(内田博幸騎手)
「コーナーでかぶされて、ぶつかりそうになってしまった」

14着 マイネルハニー(柴田大知騎手)
「いい位置につけられたが、仕掛けてからさっぱりだった。いつもはそこから粘る馬だが…。わからない」

15着 ブラックムーン(川田将雅騎手)
「3、4コーナーで外に逃げていた。直線は一瞬伸びかけたが、すぐに止まってしまった。暑い時期が良くないのかもしれない」

16着 クラリティスカイ(横山典弘騎手)
画像



画像









次の重賞レースは
札幌記念】(G2)(日刊コンピ篇


北九州記念】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 札幌記念(2017)へ
札幌記念(2017)
にほんブログ村テーマ 北九州記念(2017)へ
北九州記念(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<関屋記念(G3)回顧> 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる