日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <アイビスSD(G3)回顧>

<<   作成日時 : 2017/07/30 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜7月30日)新潟11Rアイビスサマーダッシュ

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



アイビスSDの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
新潟11R
アイビスSD
10
86
09
64
16
62
14
60
04
54
12
53
08
52
03
51
07
50
11
49
15
48
01
47
05
43
02
42
06
41
13
40




(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜7月30日  2回新潟2日目11R

アイビスサマーダッシュ
G3


(芝直1000m)(3歳以上オープン)(別定)

画像
ラインミーティアが差し切り重賞初V


画像
30日、新潟競馬場で行われたアイビスサマーダッシュ(3歳上・GIII・芝1000m)は、前半は後方で進めた西田雄一郎騎手騎乗の8番人気ラインミーティア(牡7、美浦・水野貴広厩舎)が、残り400mあたりから力強く脚を伸ばして、一旦は抜け出していた1番人気フィドゥーシア(牝5、栗東・松元茂樹厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは54秒2(良)。
画像
さらに1.1/2馬身差の3着に4番人気レジーナフォルテ(牝3、美浦・佐藤吉勝厩舎)が入った。なお、2番人気アクティブミノル(牡5、栗東・北出成人厩舎)は4着、3番人気ネロ(牡6、栗東・森秀行厩舎)は10着に終わった。
画像
勝ったラインミーティアは、父メイショウボーラー、母アラマサフェアリー、その父オースという血統で、これが重賞初制覇。鞍上の西田雄一郎騎手は、2010年の本レースをケイティラブで制して以来、7年ぶりの重賞勝利となった。


レース後のコメント

画像
1着 ラインミーティア(西田騎手)
「春に騎乗して、この馬の切れ味は分かっていたので、それを存分に生かしたいと思っていました。ですから、自分のペースを守ることに専念しました。追い出した時は届くかどうか分かりませんでしたが、キッチリと交わしてくれました。直線1000mのスペシャリストですが、今後は1200mでも頑張ってくれると思います」

(水野貴広調教師)
「直線1000mは走り慣れていますし、西田騎手は馬の癖をつかんでくれています。外枠も良かったと思いますし、進路が空いてうまく抜けて来られました。この後のことは馬の様子を見て考えます。元々1200mがダメな訳ではありませんし、秋にも直線1000m戦はあります」

2着 フィドゥーシア(石橋脩騎手)
「内容はケチをつけるところはなかった。何かが足りなかったということなのかな。馬はよく頑張ってくれたんだけど…。悔しいね」

3着 レジーナフォルテ(杉原騎手)
「最後まで一生懸命走ってくれましたし、頑張ってくれました。直線1000mの適性もあると思います。これからの3歳牝馬です。成長してくれると思います」

4着 アクティブミノル(酒井騎手)
「返し馬の雰囲気は前走と比べて良かったです。絶好枠、ラチを頼りながら、どこかで息を入れようと思いながら行きました。力みすぎず走れていますし、残り600mから合図を送りつつ乗りました。また次に期待したいと思います」

5着 アースエンジェル(吉田隼騎手)
「外まで行くのに時間が掛かりました。最後も詰めていますから、外枠だったら際どかったと思います」

6着 ラインスピリット(岩田騎手)
「最後は来ていますが、前半進んで行きませんでした」

7着 ブライトチェリー(柴田大騎手)
「途中からエンジンが掛かって伸びて行きました。偉い馬です。自分の時計は走ってくれています」

8着 プレイズエターナル(北村友騎手)
「ゲートを出てから、思った以上に行き脚がつきませんでした。そこから出して行った分、メリハリがつきませんでした。さらに内枠と外枠の違いはすごく大きかったと思います」

9着 ナリタスターワン(柴田善臣騎手)
「千直は初めてで、テンから行かされる競馬も初めてだったからね」

10着 ネロ(戸崎騎手)
「スタートを出てくれましたし、もう少しスピードに乗れれば良かったのですが、58`が響いたかもしれません」

11着 レッドラウダ(大野騎手)
「スタートをうまく出られましたが、追走に余裕がありませんでした」

12着 キープレイヤー(嶋田純次騎手)
「スタートは出たけど、流れが速くてついていけなかった。もう少し力をつけていけば」

13着 ダンシングワンダー(北村宏司騎手)
「調子は悪くなさそうだったけど、暑さの影響もあったのかな。最後はだんだんつらくなってしまった」

14着 レヴァンテライオン(内田博幸騎手)
「1000bは合うと思ったけど、途中で気持ちが抜けて、苦しくなってしまった。もう少しためる形がいいかも」

15着 シンボリディスコ(伴啓太騎手)
「スタートはいつもより出てけど、脚をためるところがなかった」

16着 イオラニ(木幡巧也騎手)
「外に行きたかったけど、周りが速かった」
画像


画像







次の重賞レースは
レパードS】(G3)(日刊コンピ篇


小倉記念】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ G1に挑め!(秋・冬)中央競馬予想へ
G1に挑め!(秋・冬)
にほんブログ村テーマ 天皇賞・秋(2017)へ
天皇賞・秋(2017)
にほんブログ村テーマ 菊花賞(2017)へ
菊花賞(2017)
にほんブログ村テーマ 秋華賞(2017)へ
秋華賞(2017)
にほんブログ村テーマ スプリンターズS(2017)へ
スプリンターズS(2017)
にほんブログ村テーマ 富士S(2017)へ
富士S(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<アイビスSD(G3)回顧> 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる