日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <プロキオンS(G3)回顧>

<<   作成日時 : 2017/07/09 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜7月9日)中京11Rプロキオンステークス

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



プロキオンSの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
中京11R
プロキオンS
08
82
04
69
12
65
14
58
13
57
02
55
01
53
06
49
05
48
10
47
09
46
03
43
15
42
11
41
07
40






(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜7月9日  3回中京4日目11R

プロキオンステークス
G3


(ダート1400m)(3歳以上オープン)(別定)

画像
キングズガードが差し切り、念願の重賞初制覇


画像
9日、中京競馬場で行われたプロキオンS(3歳上・GIII・ダ1400m)は、後方でレースを進めた藤岡佑介騎手騎乗の5番人気キングズガード(牡6、栗東・寺島良厩舎)が、直線で馬群を捌きつつ脚を伸ばして抜け出し、最後は外から追い上げてきた1番人気カフジテイク(牡5、栗東・湯窪幸雄厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分22秒9(良)。
画像
さらに1.1/4馬身差の3着に6番人気ブライトライン(牡8、栗東・鮫島一歩厩舎)が入った。なお、3番人気イーデンホール(牡5、栗東・中内田充正厩舎)は8着、2番人気アキトクレッセント(牡5、栗東・清水久詞厩舎)は12着に終わった。
画像
勝ったキングズガードは、父シニスターミニスター、母キングスベリー、その父キングヘイローという血統。デビューから通算27戦目で念願の重賞初制覇を果たした。また、本馬を管理する寺島良調教師にとっても、これが初めての重賞勝利となった。


レース後のコメント

画像
1着キングズガード (藤岡佑騎手)
「強かったですね。流れはある程度落ち着くかなと思っていて、外を回したら届かないだろうと。先生からも潜り込めたら内へと言われていた。ロスなく立ち回ってあとは出すだけで、出て行く時にちょっと迷惑かけちゃいましたけど。左回りでもいい脚を使えるようになっていた。馬はいつ重賞勝ってもおかしくないポテンシャルはあったので。(寺島調教師には)開業の時から乗せてもらってなかなか勝ちきれないレースが続いていたんですけど、いい形で結果を出せてよかったです」
画像
2着カフジテイク (福永騎手)
「人気を背負う1頭として勝てなかったことに責任は感じていますが、今までできなかったことができた一戦。スタートで行き脚がつきましたし、内から脚を使うこともできました。いろんな条件で戦うにあたって必要なことができた収穫のあるレースでした。(帰国初戦も)馬はよかったですしね」

(湯窪幸雄調教師)
「勝ち馬はいい脚を使いましたね、同じような位置でしたが。今日はいつもよりゲートを出て前めの位置。ただ、3コーナーで外から壁を作られて、うまくさばくことができませんでした。次は南部杯が目標になるのかなと思います」
画像
3着ブライトライン (川田騎手)
「久しぶりに他馬と同じような56キロで、3コーナーからは馬がその気になっていました。そこから少しずつ行かせていきました。8歳ですが、よく頑張ってくれています」

4着ゴーインググレート (和田騎手)
「砂をかぶるとよくない馬だけど、今日はいい位置ではまったね。具合はよかったし、力は見せてくれた」

5着メイショウウタゲ (松山騎手)
「もう少しスタートを出て流れに乗れればよかったんですが、前半は少しいそがしくて…。しまいはしっかり来てくれているんですが」

6着キクノストーム (小牧騎手)
「よく頑張ってくれた。内枠ならもう少しやれていたと思う」

7着トウケイタイガー (国分恭騎手)
「ハナに行ってほしいとの指示。その形に持ち込めましたが、直線でいっぱいになってしまいました」

8着イーデンホール (Mデムーロ騎手)
「暑さがこたえていたと思う。いつもよりおとなしくて、ガツンと来るところがなかった」

10着ナンチンノン (鮫島良騎手)
「いいペースで行けましたが、坂で脚が鈍りました。やはりベストは1200メートルですね」

11着マヤノオントロジー (山田騎手)
「中央のペースは速いですね」

12着アキトクレッセント (荻野極騎手)
「具合は良さそうでしたが、思いのほか走れていませんでした。スタートで行けず後ろからのレース。そこでハミを取らず、おっつけっ放しで息も入らず、ラストもいっぱいになってしまいました」

13着レヴァンテライオン (中谷騎手)
「いい頃の雰囲気がなかったですね」

14着ベストマッチョ (幸騎手)
「自分のレースが出来ませんでした。もまれて、外の馬を気にしているようでした。ベストはハナか、うまく外に出せるところからのレース。内枠でスタートもあまり速くありませんでした」

15着チャーリーブレイヴ (武豊騎手)
「もまれて嫌気をさしたような感じだった」
画像



画像



次の重賞レースは
函館記念】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 札幌記念(2017)へ
札幌記念(2017)
にほんブログ村テーマ 北九州記念(2017)へ
北九州記念(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<プロキオンS(G3)回顧> 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる