日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <安田記念(G1)回顧>

<<   作成日時 : 2017/06/04 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
6月4日(
安田記念G1)回顧>
画像

日曜6月4日)東京11R安田記念

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



安田記念の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
東京11R
安田記念
15
73
18
65
12
64
08
62
04
61
05
55
06
53
14
52
16
51
07
50
11
49
17
48
13
45
10
44
03
43
01
42
02
41
09
40
(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜6月4日  3回東京2日目11R

安田記念
G1


(芝1600m)(3歳以上オープン)(定量)

画像
サトノアラジンが差し切り悲願のGI初制覇!


画像
4日、東京競馬場で行われた安田記念(3歳上・GI・芝1600m)は、中団後方でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の7番人気サトノアラジン(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして、逃げ粘る8番人気ロゴタイプ(牡7、美浦・田中剛厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分31秒5(良)。
画像
さらにクビ差の3着に3番人気レッドファルクス(牡6、美浦・尾関知人厩舎)が入った。なお、2番人気エアスピネル(牡4、栗東・笹田和秀厩舎)は5着、1番人気イスラボニータ(牡6、美浦・栗田博憲厩舎)は8着に終わった。
画像
勝ったサトノアラジンは、父ディープインパクト、母マジックストーム、その父Storm Catという血統。昨年の安田記念はペースに泣いて4着、秋のマイルCSでも不利を受けて5着に敗れるなど、大舞台でなかなか結果を出せないでいたが、ここでついに悲願のGI制覇を果たした。
画像


レース後のコメント

画像
1着 サトノアラジン(川田将雅騎手)
「去年から乗せて頂いて、なかなかGIで結果を残すことが出来ませんでしたが、ようやく勝つことができました。馬場も枠順もこの馬に向いてくれて、折り合いもスムーズにリズムよく運ぶことができました。4コーナーでは手応え十分でしたし、前のロゴタイプは気にせずにこの馬の競馬をすることだけを考えていました。時間がかかりましたが、ようやくGIを勝つことができて嬉しいです。枠順や流れ、いろいろと注文はつきますが、次のGIでもこの馬の能力を発揮できるように頑張りたいです」
画像
(池江泰寿調教師)
「これだけの馬を預けていただいて、GIを勝たせられなかったら調教師失格だと思っていました。勝てて本当に嬉しいです。前走は、道悪などいろいろなことが重なり9着でしたが、状態が悪かったわけではありません。天気にも恵まれ、馬場も良く、枠順も外と今日はいい条件がそろっていましたから、きっとやってくれると思っていましたし、楽しみにしていました。これまで1400mの前哨戦を勝って、1600mのGIで負けていましたから、距離適性のことを言われてきましたが、自分としては、そんなことはないと思っていました。今日の勝利でそれを証明できました。この後のことは、現時点では明言できませんが、オーナーと相談して決めていきたいと思います」

2着 ロゴタイプ(田辺裕信騎手)
「負けはしましたが、調教の段階から調子が良くて、自分のレースができました」

3着 レッドファルクス(M・デムーロ騎手)
「すごく頑張ってくれました。1600mはギリギリです。スタートは出ましたが、リズムが大事な馬で折り合いはつきました。3〜4コーナーは馬場の悪いところを通ってしまいました。直線はなかなか前が開かずに我慢する形になって、外に出してから頑張ってくれました」

4着 グレーターロンドン(福永祐一騎手)
「スタートして上に出る形はいつも通りでした。ジッとしていても厳しいですし、促して行きました。普段と違う形でもひるまずに脚を伸ばしてくれました。初のGIでも上位争いをしてくれましたし、GIでもやれると思います」

5着 エアスピネル(武豊騎手)
「4コーナーで前にレッドファルクスに入られたのが痛かったです。勢いがあっただけにあのワンプレーが無ければ、勝てていたかもしれないです」

6着 ビューティーオンリー(Z・パートン騎手)
「とても残念です。道中は上手く運べましたが、最後に止まってしまいました。レース前から少しナーバスになっており、初めてのコースだったことが影響したのかもしれません」

(A・クルーズ調教師)
「直線になってからいつものような加速が見られませんでした。初めての左回りで手前を上手く替えられなかったのかもしれません。良い経験になったと思います。来年も挑戦したいと思います」

7着 ステファノス(戸崎圭太騎手)
「思い通りのレースができました。距離の戸惑いがありました。GIですからね...。時計が速いのもあったと思います」

8着 イスラボニータ(C・ルメール騎手)
「馬は元気でした。良いポジションでしたが、スペースがありませんでした。残り150mで前が開いたときには遅かったです」

9着 クラレント(岩田騎手)
「いい競馬は出来ましたし、直線でも割って出てこられたのですが、そこからの伸びがなかったですね」

10着 コンテントメント(J・モレイラ騎手)
「スタートも良く、道中もスムーズに競馬ができました。直線を向いてスパートし、馬は良く伸びておりベストな走りができました」

(J・サイズ調教師)
「ゲートを上手く出て前につけることができました。道中もスムーズに集中して走っていましたが、直線では不利もありポジションを下げざるを得ませんでした。あれがなかったらもう少し接戦に持ち込めたかもしれませんが、東京競馬場には彼(コンテントメント)よりベターな馬がいたということでしょう」

11着 ロンギングダンサー(横山和騎手)
「人の言うことを聞きづらい馬なので、意外と1600メートルの方がいいのかも。最後はしっかり伸びた。相手は強かったし、久々の58キロだったが、頑張った。G1の歓声も、この馬にはいい方に作用してやる気を出した。これがいいきっかけになれば」

12着 サンライズメジャー(池添騎手)
「ロゴタイプと同じところから上がっていきましたが、さすがに離されてしまいました。このクラスでは力差があるのかもしれませんね」

13着 ディサイファ(四位騎手)
「ロゴタイプの後ろで、普段通りの競馬ができたが、切れ味勝負になると…」

14着 ロジチャリス(内田博騎手)
「がんばったと思うよ。スタートは出たが、付いていけなかった。さすがG1。ペースが違う。これから慣れていくしかないね。まだ体に遊びがあるし、良くなる余地を残しているよ」

15着 アンビシャス(音無調教師)
「いつものアンビシャスじゃなかった。ゲート入りしてから(ジョッキーが)いつもと様子が違う感じがしたみたいだけど、よく分からない」

16着 ヤングマンパワー(松岡騎手)
「外枠だから、あの位置が限界。頑張ってくれているんだけどね。G1の壁は厚いわ。厚い」

17着 トーキングドラム(石橋脩騎手)
「相手も強いですし、内にこだわってしっかりポジションをとるような競馬をしようと話していました。時計も速かったですし、いい経験になってくれれば」

18着 ブラックスピネル(松山弘平騎手)
「前目の位置につけましたが、流れも厳しくて早めに苦しくなりました」
画像


画像







次の重賞レースは
エプソムカップ】(G3)(日刊コンピ篇


マーメイドステークス】(G3)(日刊コンピ篇


次のG1レースは
宝塚記念】(G1)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 札幌記念(2017)へ
札幌記念(2017)
にほんブログ村テーマ 北九州記念(2017)へ
北九州記念(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<安田記念(G1)回顧> 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる