日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <皐月賞(G1)回顧>

<<   作成日時 : 2017/04/16 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時)の更新メニュー
4月16日(
*タイトルを各々クリックして下さい。よろしく!

皐 月 賞G1)回顧>

画像
日曜4月16日)中山11R皐月賞

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



皐月賞の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
中山11R
皐月賞
08
80
04
71
02
61
07
58
06
57
11
56
05
52
17
51
13
50
09
48
16
47
10
46
15
45
12
44
18
43
01
42
14
41
03
40
(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜4月16日  3回中山8日目11R

皐 月 賞
G1


(芝2000m)(3歳オープン)(定量)

画像
アルアインがレースレコードでV!
牝馬ファンディーナは7着


画像
16日、中山競馬場で行われた皐月賞(3歳・牡牝・GI・芝2000m)は、好位でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の9番人気アルアイン(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で脚を伸ばして、内を突いて一旦は先頭に立った4番人気ペルシアンナイト(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)を捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒8(良)。
画像
さらに3/4馬身差の3着に12番人気ダンビュライト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、2番人気スワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)は6着、牝馬ながら1番人気に支持されたファンディーナ(牝3、栗東・高野友和厩舎)は7着、3番人気カデナ(牡3、栗東・中竹和也厩舎)は9着に終わった。
画像
勝ったアルアインは、父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、その父Essence of Dubaiという血統。昨年のディーマジェスティのタイムを0.1秒上回るレースレコードで、牡馬クラシック第一弾を見事に制した。また、皐月賞初騎乗だった鞍上の松山弘平騎手は、これが初のJRA・GI制覇となった。
画像


レース後のコメント

画像
1着 アルアイン(松山騎手)
「少し信じられない気持ちです。今まで関係者の皆様にすごくチャンスをもらっていましたが、去年もGIは2着2回で、早く勝ちたいと思っていました。今日は3〜4コーナーの馬場の悪いところで手応えが少し悪くなりましたが、直線に向いてしっかり伸びてくれました。自分が必死に追ったせいで馬が外によれましたが、後半はよく頑張ってくれました。毎日杯は休み明けでしたがしっかり走っていましたし、馬自体成長していました。自在性のある乗りやすい馬です。距離が伸びても大丈夫です。馬と一緒に頑張って行きたいです」
画像
(池江泰寿調教師)
「中2週でも大型馬。繊細なタイプではありませんし、飼い食いにも心配はなく、仕上げやすかったですよ。トレセンではちょっとやんちゃなのですが、オン・オフがしっかり付きます。パドックや馬場入りでもどっしりし、落ち着きがありました。それでいて、内に秘めた闘志が伝わってきましたね。

テンは少し速く、先行争いに巻き込まれそう。気持ち良く行きすぎるのが心配でしたが、2コーナーで落ち着き、いいポジションだと思いました。4コーナーで死んだふり。内を突いたのが良かったですよ。直線はペルシアンナイトだけを見ていて、気付かなかったのですが、おっ、来ていると確認し直しました。

短めの母系ですし、あのたくましい胸前や詰まった胴。先入観にとらわれ、適性はマイルにあると考えていたのですが、毎日杯はタフなレースでした。時計も優秀です。この舞台でも十分に通用すると感じていました。次はダービーになると思います。折り合いは付きますが、距離が延びても対応できる仕様に、しっかり馬をつくりたいですね。

ペルシアンナイトも、状態は良かった。向正面で動いたので、2着になれたと思います。こちらもダービーで可能性がありますよ。ワン・ツーに満足せず、ダービーではサトノアーサーと三段重ねで上位を狙います」
画像
2着 ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手)
「あと一歩。1コーナー、3コーナーでごちゃ付いた。スムーズな競馬ができなかったよ。それでも、初の2000mで折り合いが付いた。よく伸びている」

3着 ダンビュライト(武豊騎手)
「初めて乗ったが、思い通りのレースができた。この馬の良さを生かせたと思う。もう少し時計がかかってほしかったけど、よく対応したよ」

4着 クリンチャー(藤岡佑騎手)
「外枠から思い描いた競馬ができた。4コーナーで先頭のイメージで乗り、被せられてからも、よく抵抗している。折り合いに問題はないし、まだ伸びしろがある」

5着 レイデオロ(C.ルメール騎手)
「感触はとても良かった。いいペースだったし、道中はリラックス。ラストはよく伸びている。休み明けだから、次はもっと良くなるよ。東京の長い直線でリベンジしたい」

6着 スワーヴリチャード(庄野靖志調教師)
「パドックや返し馬でも落ち着きがありました。前回に促したので、スタートもスムーズ。1コーナーで外の馬と接触し、一列下げましたが、悪いポジションではなかったですよ。馬場のいいところを選び、3、4コーナーでは射程圏に入れることができました。でも、最後まで右手前のまま。その差ですね。ぜひ、ダービーでは巻き返したい」

画像
7着 ファンディーナ(岩田騎手)
「流れに乗ってレースができた。でも、牡馬相手で、速い時計での決着。テンションは前走と同じくらいに感じたけど、パドックから少し上がっていた。その影響もあったと思う」

8着 ウインブライト(松岡騎手)
「もう少しロスなく走れれば。外枠だったので、馬込みに潜り込めなかった」
画像
9着 カデナ(福永騎手)
「精神的に落ち着きがあって、レース前はリラックス。これならばと思ったんだけど。体も良くなっていた。でも、スタートしてもたもた。こんな速い時計は初めてだからね。あの位置では、外を回せない。ペルシアンナイトの後ろから追い出したが、最後も思ったほど脚を使えなかった。期待していただけに…」と唇をかんだ。勝てば77年にハードバージで制した父洋一さんに続く史上2組目の親子制覇だったが、16回目の挑戦も白星ならず。

10着 プラチナヴォイス(和田騎手)
「いいところで流れに乗れたけど…。右ブリンカーと馬込みに入れたことでもたれる面はなかったけど、時計がきつくて最後は止まってしまった」

11着 サトノアレス(戸崎騎手)
「よくわからないですね。行く気がなくて。1コーナーでは離されてしまいました」

12着 アウトライアーズ(田辺騎手)
「G1のこれだけの勝負は馬にとって初めてで、時計勝負も初めてだった。そのあたりが出たのかも」

13着 トラスト(柴田大騎手)
「早めに外から来られて、踏ん張ってくれるかな? と思ったけど、そこからが案外だった。今日は相手も強かったですね」
 
14着 コマノインパルス(江田照騎手)
「じわっと伸びるタイプで、今日は時計が速かった」
 
15着 キングズラッシュ(久保田調教師)
「休み明けだったし、外を回ったぶんもあった。時計も速かった」

17着 アダムバローズ(池添騎手)
「馬場のいいところを走れたし、自分の競馬はできた。でも、後ろから来られて、脚をなくしてしまったね」

18着 アメリカズカップ(松若騎手)
「馬込みは嫌だったので前に行きたかったが、外に行きたい馬が多くてスピードで負けた。道中はテンションも上がっていたし、馬体も少し減っていた。まだまだこれからの馬です。」
画像



画像





画像




次の重賞レースは
福島牝馬ステークス】(G3


フローラステークス】(G2


読売マイラーズカップ】(G2


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 宝塚記念(GI)へ
宝塚記念(GI)
にほんブログ村テーマ 宝塚記念(2017)へ
宝塚記念(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<皐月賞(G1)回顧> 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる