日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <有馬記念(G1)回顧>をハイブリッド指数で斬る!

<<   作成日時 : 2016/12/26 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜12月25日)中山10R有馬記念

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



有馬記念の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
中山10R
有馬記念
11
88
01
72
02
62
06
57
14
55
08
54
16
52
10
49
15
48
13
47
12
46
09
44
04
43
05
42
03
41
07
40




(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

中山10R

有 馬 記 念
G1


(芝2500b)(3歳以上オープン)(定量)
画像

【軸推奨馬】Jサトノダイヤモンド 的中
【相手馬】@AMLE


《コンピ勝負予想》 5点勝負レース!
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2〜6位までの5頭へ流して5点。
コンピ勝負買い目⇒馬連(11⇒1,2,6,14,8) 的中

《ハイブリッド勝負予想》 5点勝負レース!
【馬 連】で
推定後半3ハロン指数1位から
推定後半3ハロン指数2〜6位までの5頭へ流して5点。
ハイブリッド勝負買い目⇒馬連(11⇒14,13,6,2,8) ハズレ

≪予想 結果≫ 的中!(パーフェクト
画像
サトノダイヤモンドが古馬撃破! 菊花賞に続くGI連勝!


画像
25日、中山競馬場で行われた有馬記念(3歳上・GI・芝2500m)は、序盤は中団につけたC.ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が、2周目に入って3番手までポジションを上げ、直線では2番手追走から先頭に立った2番人気キタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎)、昨年の覇者3番人気ゴールドアクター(牡5、美浦・中川公成厩舎)との三つ巴の争いの末、粘りに粘るキタサンブラックをゴール寸前で交わして優勝した。勝ちタイムは2分32秒6(良)。
画像
キタサンブラックはクビ差の2着、ゴールドアクターはさらに1/2馬身遅れての3着で、今年の有馬記念は人気通りの結果となった。
画像
勝ったサトノダイヤモンドは、父ディープインパクト、母マルペンサ、その父Orpenという血統。ジャパンCで圧倒的な強さを見せたキタサンブラック、昨年の覇者ゴールドアクターといった強豪古馬を見事打ち破り、菊花賞に続く2つ目のGIタイトルを獲得した。


レース後のコメント

画像
1着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
「すごく嬉しいです。キタサンブラックは最大のライバルですし、スタンド前で外にいたのでポジションを上げました。そこからもう一度リラックスしてくれましたし、ゴール前、本当に頑張りました。ハーツクライの時は、日本での初GI勝利。今年、サトノダイヤモンドは人気でしたし、自信もありました。新馬戦からずっと乗ってきた馬で、今年、有馬記念を勝ててすごく嬉しいです。凱旋門賞はサトノダイヤモンドにいいと思います」
画像
(池江泰寿調教師)
「ゴールした時は勝ったかどうか分かりませんでしたが、勝ててホッとしました。状態はすごく良かったです。行く馬は分かっていましたし、枠は外。4〜5番手からと思いましたが、少し後ろだと思いました。1コーナーから上がっていった時、大丈夫かなと思いましたし、厳しいレースになると思いました。それでも、手応えは良かったですし、前を捉えられるなと思いましたし、ジョッキーもうまく乗ってくれました。この秋、春よりも断然良くなりました。それでも、背腰に緩さがありますから、そこに芯が通れば1つ2つ上のギアが入り、爆発力も出ると思います。来年は、凱旋門賞から逆算してのローテーションとなり、春は国内に専念します。来年秋、もっと良くなると思います。有馬記念は、幼い頃から大好きなレースです。何回勝っても嬉しいですし、これからもたくさん送り出して盛り上げたいと思います」

画像
2着 キタサンブラック(武豊騎手)
「2番手からは想定通り。最後もいいタイミングで差し返せたかと思ったのですが。3コーナーでサトノノブレスにつつかれたのが痛かったです。去年よりもよく頑張っています」
画像
3着 ゴールドアクター(吉田隼騎手)
「ロスなくイメージ通りに運べて、4コーナーでは勝てると思いました。それくらいの手応えだったのに、そこからギアが上がらず、前を差せずに後ろから差されてしまいました。夏に楽をさせたのが響いたのかもしれません。現状では力を出し切っているので悔いはありません」

4着 ヤマカツエース(池添騎手)
「返し馬で状態の良さが分かりました。内々でロスなく追走出来て、直線で伸びるところで両サイドに閉じられてしまいました。切り返すロスがなければもっと走っていたと思います」

5着 ミッキークイーン(浜中騎手)
「男馬の中で十分に頑張ってくれていますし、よく走ったと思います」

6着 シュヴァルグラン(福永騎手)
「五分のスタートで、サトノダイヤモンドを見る悪くない位置につけられましたが、思ったほど流れませんでした。それで、3コーナーからロングスパートして、最後まで食らいつきましたが、上位とは完成度の差があったのだと思います」

8着 サウンズオブアース(M.デムーロ騎手)
「去年より馬が疲れていました。勝てるイメージでしたが、伸びませんでした」

9着 デニムアンドルビー(バルザローナ騎手)
「ペースが上がった3〜4コーナーで脚を使ったのが、直線で影響したようです」

10着 マリアライト(蛯名騎手)
「勝負どころで内に押されてモタれてしまいました。外にスムースに出せていれば違っていたと思います」



⇒馬番コンピ
(11−1−2)=(1位−2位−3位)=(88−72−62)

馬連(1−11)   440円
馬単(11−1)   770円

3連複(1−2−11)  1,050円
3連単(11−1−2)  3,940円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい




クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3歳)が制し、菊花賞に次ぐGI・2勝目を挙げた。 レースはマルターズアポジーが逃げ、2番人気のキタサンブラックは2番手。さらに昨年の覇者で3番人気のゴールドアクターが続いた。サトノダイヤモンドは中団から徐々にポジションをあげて向こう正面では3、4番手へ。最後の直線入り口で最内からキタサンブラックが先頭に立ち、その外をゴールドアクターが追走したが、サトノダイヤモンドがグイグイと脚を伸ばしてゴールドアクターをかわすと、ゴール前でクビ差でキタサンブラックを差した。ゴールドアクターはさらに1/2馬身差の3着。
画像
予想は、馬番コンピが的中!一方、ハイブリッド指数は軸馬が当たっていただけに、残念な結果。ただ、当日発表している術(1頭軸から流す)が、パーフェクト(馬連、馬単、3連複、3連単)的中を達成!!今年も、的外れの予想ばかりでしたが、最後に一矢報い得たのでは!?1年間、ありがとうございました。



年始は東西金杯で乾杯!?
中山金杯

京都金杯




最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ G1に挑め!(秋・冬)中央競馬予想へ
G1に挑め!(秋・冬)
にほんブログ村テーマ スプリンターズS(2017)へ
スプリンターズS(2017)
にほんブログ村テーマ オールカマー(2017)へ
オールカマー(2017)
にほんブログ村テーマ 神戸新聞杯(2017)へ
神戸新聞杯(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<有馬記念(G1)回顧>をハイブリッド指数で斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる