日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <ジャパンカップ(G1)回顧>をハイブリッド指数で斬る!

<<   作成日時 : 2016/11/28 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜11月27日)東京11Rジャパンカップ

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



ジャパンCの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
東11R
J C
01
75
03
74
16
69
09
59
12
55
14
54
17
53
04
50
08
49
06
48
15
47
10
46
07
44
02
43
13
42
11
41
05
40


(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

東京11R
ジャパン カップ
G1


(芝2400b)(3歳以上オープン)(定量)

画像

【軸推奨馬】Oリアルスティール ハズレ
【相手馬】PHM@B

《コンピ勝負予想》 6点勝負レース!
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2〜7位までの6頭へ流して6点。
コンピ勝負買い目⇒馬連(1⇒3,16,9,12,14,17) 的中

《ハイブリッド勝負予想》 7点勝負レース!
【馬 連】で
ハイブリッド指数1位から
指数2〜8位までの7頭へ流して7点。
ハイブリッド勝負買い目⇒馬連(16⇒3,1,17,12,14,4,9) ハズレ

≪予想 結果≫ 的中馬連
画像
キタサンブラック完璧な逃げ切りでGI・3勝目!


画像
27日、東京競馬場で行われたジャパンC(3歳上・GI・芝2400m)は、先手を取った武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が、そのまま直線でも後続を寄せ付けずに逃げ切り、中団から追い上げてきた5番人気サウンズオブアース(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分25秒8(良)。
画像
さらにクビ差の3着に6番人気シュヴァルグラン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、3番人気ゴールドアクター(牡5、美浦・中川公成厩舎)は4着、2番人気リアルスティール(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)は5着に終わった。
画像
勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド、母シュガーハート、その父サクラバクシンオーという血統。これまでのキャリアで唯一馬券圏外になっていた条件(日本ダービー14着)を見事克服し、昨年の菊花賞、今春の天皇賞に続く3つ目のGIタイトルを獲得した。また、鞍上の武豊騎手は本レース単独最多の4勝目となった。
画像


レース後のコメント

画像
1着 キタサンブラック(武豊騎手)
「スタートは良く、先手を取ることに迷いはありませんでした。究極の仕上げでテンションはギリギリといった感じでしたが、道中はリズム良く行けました。ペースの波のないイーブンペースを心がけました。直線に入るときも抜群の手応えでしたが、相手は気の抜けない馬ばかりでしたから、最後は信じて追うだけでした。本当に強かったと思います」

画像
2着 サウンズオブアース(M・デムーロ騎手)
「馬はとても良い状態で、これまでで1番いいぐらいでした。返し馬でも落ち着いていました。スタートも良く、すぐにいいところにつけられました。ただ、直線でリアルスティールが外にはってきたのが残念でした。キタサンブラックと併せる形にもっていけたら良かったのですが...。しかし、この調子なら有馬記念も楽しみです。やはり冬場の時期のほうがこの馬は走ります」

画像
3着 シュヴァルグラン(福永祐一騎手)
「最後まで良く伸びています。勝負どころで置かれかけていましたが、そこから良く伸びてくれました。この相手でも走ることを証明してくれました。次は中山が舞台ですし、合うと思います」

(友道康夫調教師)
「もう右、左の回りも関係なく、輸送も問題ありません。今日は太め感もありませんでした。力をつけています。次の有馬記念でなんとかリベンジしたいです」

画像
4着 ゴールドアクター(吉田隼人騎手)
「レースはイメージ通りでした。ただ、前走でも感じたのですが、少し体が重く感じました。今日もプラス8キロでしたし、以前よりゴロンとした体型になっているようにも思いました。そのためか、他の馬と同じ脚しか使えませんでした。残念です」

6着 レインボーライン(C・ルメール騎手)
「3歳ですし、難しかったです。ゴールまで頑張ってくれました。来年が楽しみです」

7着 イキートス(L・ファーガソン騎手)
「いつもは最後方につけるレースをしていますが、今回は馬の間において走らせました。最後は良い瞬発力を見せつけてくれました。馬場の良い外側を走れていればと思いますが、素晴らしいレースが出来ました」

(H・グリューシェル調教師)
「思っていたよりも速くはない展開になりました。速い展開であれば付いていくのが難しかったと思います。馬群の中では落ち着きがなかったのですが、最後の直線では良く伸びました。3〜7番の枠がとれたのはヨーロッパの馬にとってラッキーでした」

8着 ワンアンドオンリー(田辺裕信騎手)
「スローペースになるなら行こうとも思っていました。着順を拾いにいく形ではなく、勝ちに行きました」

9着 ルージュバック(戸崎圭太騎手)
「道中は感じ良く見えました。追い出してから少し苦しかったです」

11着 トーセンバジル(内田博幸騎手)
「雰囲気にのまれてしまっていました。今日は相手が強かったです。良い経験になったと思います」

12着 ナイトフラワー(P・シールゲン調教師)
「外枠スタートでうまく内に入れられませんでした。コーナーを向いて少し伸びましたが、本来の力を見せられませんでした。この馬は引退し、繁殖入りしますが、またこのレースに挑戦したいと思います」

13着 ディーマジェスティ(蛯名正義騎手)
「全く反応してくれませんでした。進んでいかなかったです。走りのバランスが悪かったです」

14着 イラプト(P・ブドー騎手)
「4、5番手につけることができ、良い位置でレースを進められましたが、追い出してから伸び切れませんでした」

(F・グラファール調教師)
「道中うまく流れに乗っていたように見えたが、加速しようとしていた時に反応がなかった。今のところ何が原因か分からない。残念です」

15着 ヒットザターゲット(小牧太騎手)
「少し被される面もありましたが、大きな不利ではなかったです。流れが淡々としていました。手応えは良かったです。展開に左右されます」



⇒馬番コンピ
(1−12−17)=(1位−5位−7位)=(75−55−53)

馬連(1−12)  2,570円
馬単(1−12)  3,990円

3連複(1−12−17)  8,050円
3連単(1−12−17)  36,260円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい





武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡4歳)が完勝し、昨年の菊花賞、今年の天皇賞・春に次ぐGI・3勝目を飾った。最内枠から好スタートを切ってハナへ。2番手にワンアンドオンリー、3、4番手にゴールドアクターとリアルスティールがつけた。キタサンブラックは余裕たっぷりに直線に向くと、後続の追撃を退けて逃げ切り勝ち。2馬身1/2差の2着には中団から伸びてきたサウンズオブアース(5番人気)が入り、後方から追い込んできたシュヴァルグラン(6番人気)がさらにクビ差の3着だった。3番人気のゴールドアクターは4着、2番人気のリアルスティールは5着。
画像
予想は、馬番コンピが的中!一方、ハイブリッド指数は、ハズレました。また、来年へ向けて検証を重ねて挑みましょう!?



次のG1レースは【チャンピオンズカップ


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ NHKマイルC(2017)へ
NHKマイルC(2017)
にほんブログ村テーマ 天皇賞・春(2017)へ
天皇賞・春(2017)
にほんブログ村テーマ 青葉賞(2017)へ
青葉賞(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<ジャパンカップ(G1)回顧>をハイブリッド指数で斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる