日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【16' チャンピオンズカップ(G1)】(予想篇)

<<   作成日時 : 2016/11/30 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今 週 の 重 賞
12月3日(
中山11R【 ステイヤーズSG2)】

中京11R【 金 鯱 賞G2)】


12月4日(
中京11R【 チャンピオンズカップG1)】


画像
12月4日()中京11R
「ジャパン・オータムインターナショナル 
第17回チャンピオンズカップ

チャンピオンズカップ】(G1

(ダート1800b)(3歳以上オープン)(定量)

ニッカンコンピ指数馬番コンピ)を使って、

傾向と対策を検討します?

特別登録馬
12月4日(日)、中京競馬場で行われる第17回 チャンピオンズC(G1)(3歳上 国際 指定 定量 ダ1800m)の特別登録馬17頭が発表された。

優先出走馬
アポロケンタッキー 松若57
タガノトネール 田辺 57

収得賞金順
ホッコータルマエ 幸 57
コパノリッキー C.ルメール 57
アウォーディー 武豊 57
サウンドトゥルー 大野 57
ノンコノユメ R.ムーア 57
モーニン 戸崎 56
ラニ 内田博 57
アスカノロマン 和田竜 57
ゴールドドリーム M.デムーロ 56
ブライトライン 中谷 57

モンドクラッセ 丸山 57
カフジテイク 〇〇 57
メイショウスミトモ 古川吉 57
ロワジャルダン 横山典 57

【以下、除外対象馬
ブライトアイディア ○○ 57
チャンピオンズカップ 展望≫
画像
ダートに矛先を向けて無傷の6連勝。JBCクラシックを制して押しも押されもせぬダート界のトップホースに上り詰めたアウォーディー(牡6、栗東・松永幹厩舎)のG1連勝なるかが大きな焦点。年齢、芝を含めたキャリアから新星というにはやや違和感もあるが、ダートでまったく底を見せていない点は大きな魅力。連勝を伸ばして『絶対王者』の称号を手にしたい。

もちろんダート路線で一時代を築いたコパノリッキー(牡6、栗東・村山厩舎)、ホッコータルマエ(牡7、栗東・西浦厩舎)も黙っていない。コパノリッキーの前走はチグハグな競馬で、距離も少し長かった印象。以前なら惨敗してもおかしくない状況で0.7秒差に踏ん張った。距離短縮はもちろんプラスでマイペースなら巻き返しがあっても不思議ではない。ホッコータルマエも大きな上積みは見込めないものの、渋太く2着に踏ん張った前走の内容に王者の意地が見て取れた。2年前の覇者はまだまだ健在だ。

JBCクラシック3着のサウンドトゥルー(セ6、美浦・高木登厩舎)は、安定した走りを見せながらも、上位とやや離されたレースが続いていたが、前走はアウォーディーから0.3差まで接近。昨年の3着以上を目指す。

昨年はサンビスタの大駆けに2着と敗れたノンコノユメ(セ4、美浦・加藤征厩舎)だが、陣営は去勢を決断。その初戦となったJBCクラシックは4着ながら、その過程や直線でやや窮屈になったことを思えば決して悪い内容ではなかった。大きな上積みが見込める今回は自慢の末脚が炸裂するか。

武蔵野Sでまんまと逃げ切りを決めたタガノトネール(セ6、栗東・鮫島厩舎)、同レース2着のゴールドドリーム(牡3、栗東・平田厩舎)、フェブラリーSの覇者モーニン(牡4、栗東・石坂厩舎)、みやこSの覇者アポロケンタッキー(牡4、栗東・山内厩舎)、アウォーディーの弟で、今年の米クラシック3冠を駆け抜けたラニ(牡3、栗東・松永幹厩舎)の走りも見逃せない。
中京(ダート)1800b コース分析≫
スタンド前直線の中ほどから上りスタート。1角までの直線距離292b。スタート地点は急な上り坂の途中だが、すぐに上り切って1〜2角中間まで平坦。2角からゆるく上り、向正面半ば最頂部。そこから反転して600bで高低差3.4b下る長い下りがゴール前直線入口の最低部まで続く。3〜4角は下り傾斜でゆったりめのスパイラルカーブ。ゴール前直線は411b。直線向いて上り坂を超え、残り200b走ってゴール。

スタートした勢いで坂越えするので2ハロン目はそこそこ速い。通常は1角侵入と同時に先行争いを終え、直線前半までゆっくり走って一息入る。向正面直線半ばまで下りに転じると惰性で少しずつ速くなる。3〜4角中間から騎手の手が動き始め、直線では激しく追われてバテなさ比べになる。

一般論としてコーナーが4つになると中間で前の馬に息が入りやすくなる。だがこのコースは中間多少ラップがゆるんでも馬のバテ方が上回って上がりが速くならない。バテ合いの競馬になる中で、前の馬は下りの惰性を生かした流れ込む競馬ができるのと、遅い上がりの中で位置取りの有利さを生かせるので逃・先行有利になる。逃・先行の有利度はD1800の中で最上位、全体の中でも上位である。より前に位置取れる逃げ馬のほうが先行馬より上にくる。

1番人気の逃げ馬は6割強勝ち、8割強連対していて回収率もプラス。強ければ逃げて強さを発揮しやすいが、展開利だけでは逃げ残れないコース。また、逃げ馬は重い(=速い)ダートになるほど好走しやすい。1角が近いので先行争いが長引くと外の逃・先行馬が外に膨らむことがあるが、大した不利にはならないことが多い。全体として見ると内外の有利不利はほとんどないが、スタートが重要なコースなので逃・先行馬にとっては偶数枠がやや有利。差し馬は14番より内がいい。

データ
オープン平均タイム (1.50.8)
オープン平均レースラップ 前半3F(36.6秒):後半3F(37.5秒)


POINT
・先行力と持ち時計とコース実績が重要
・ペースが遅くても早い上がりは使いづらい
・ペースが速くても前の馬が流れ込みやすい
・上位人気の逃げ馬が強い、穴馬なら先行馬


特注種牡馬
勝利数トップ=マンハッタンカフェ(15−12−5−74/106)
勝率14.2%、連対率25.5%、複勝率30.2%

高連対率=タイムパラドックス(4−3−1−13/21)
勝率19.0%、連対率33.3%、複勝率38.1%

高単勝回収値=メイショウサムソン(5−1−3−40/49)
勝率10.2%、連対率12.2%、複勝率18.4%
画像
参考ステップレース
武蔵野S(G3)(2016.11.12/東京/ダ1600m)
1着Jタガノトネール(田辺裕信)
2着Gゴールドドリーム(M.デムーロ)
3着Bカフジテイク(津村明秀)

みやこS(G3)(2016.11.6/京都/ダ1800m)
1着Hアポロケンタッキー(松若風馬)
2着Eグレンツェント(川田将雅)
3着Fロワジャルダン(浜中俊)

JBCクラシック(G1)(2016.11.3/川崎/ダ2100m)
1着Hアウォーディー(武豊)
2着Gホッコータルマエ(幸英明)
3着Eサウンドトゥルー(大野拓弥)

画像
チャンピオンズカップ】(G1
(予想篇)

チャンピオン123456789101112131415161718
11/12/04
6阪神2
16
88
06
73
09
59
14
56
13
55
05
53
11
51
02
50
12
49
15
48
08
47
04
45
03
43
10
42
01
41
07
40


12/12/02
5阪神2
10
84
12
75
07
59
08
57
04
55
14
53
15
52
09
51
01
50
05
48
11
47
02
46
13
43
16
42
03
41
06
40


13/12/01
5阪神2
06
88
01
64
12
60
08
59
04
58
05
52
14
51
02
50
15
48
07
47
09
46
11
45
13
43
03
42
10
41
16
40


14/12/07
4中京2
14
77
08
66
15
63
11
59
03
58
12
57
04
54
09
53
02
50
10
49
01
48
07
47
05
46
13
45
06
43
16
40


15/12/06
4中京2
13
85
07
70
01
67
02
57
06
55
09
53
16
51
08
50
10
48
14
47
12
46
03
45
05
44
11
43
15
41
04
40


(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)
日刊(馬番)コンピ活用術(予想)≫

外国馬の参戦こそないものの、ダート路線のチャンピオンを決めるのに相応しい豪華メンバーが集結。その中でも注目はアウォーディーだろう。JBCクラシックに続くGI連勝で王位を不動のものとすることができるか!?

過去のデータから前走の着順が4着以内、前走の単勝人気が4番人気以内、前走の4コーナーを2〜5番手以内で通過の傾向を重視!?(去年優勝馬サンビスタも該当)

去年みたいな大波乱は、今年は期待できない?有力馬アウォーディーの勢いは、過去のデータをも後押しする為、今年は本命レースと予想する。

ポイントは、馬番コンピ指数1、2位の連対率が高いが、4年連続で連対を外している指数1位の取り捨て?今年は、逆に狙い目として浮上!!軸馬に推奨する。相手馬は、指数7位までを狙う。

《コンピ勝負予想》 6点勝負レース!

馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2〜7位までの6頭へ流して6点。




チャンピオン
HB指数順

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18
11/12/04
6阪神2
16
79
06
77
14
74
09
73
04
73
13
72
11
72
05
71
12
69
15
69
07
67
08
67
10
67
02
65
01
59
03
52


12/12/02
5阪神2
10
76
04
76
12
76
08
74
07
73
14
73
02
72
11
71
09
70
01
70
03
69
05
69
06
68
13
68
15
68
16
65


13/12/01
5阪神2
06
75
15
73
01
73
04
73
08
72
12
72
07
72
11
71
10
71
14
69
03
69
13
68
02
67
09
67
05
65
16
65


14/12/07
4中京2
14
74
09
74
08
74
03
74
12
74
04
74
11
73
15
73
05
71
02
71
01
70
10
70
07
69
06
68
16
65
13
61


15/12/06
4中京2
07
77
13
75
06
74
01
74
09
74
02
74
16
72
11
70
03
69
14
69
08
68
10
68
12
67
04
66
05
64
15
60


(上段=馬番, 下段=HB指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)
ハイブリッド指数活用術(予想)≫

(〜京大式推定3ハロン「実践攻略データブック」〜より抜粋)

2年前から「ジャパンカップダート」から名称が変更され、中京ダート1800bで施行されている。14年はホッコータルマエが4角2番手から抜け出して勝利。4角4番手以内の3頭での決着となった。その一方、昨年はサンビスタが中団から抜け出して勝利して、後方追走のノンコノユメが2着、サウンドトゥルーが3着。1000b通過が60秒台なら差し&追込み馬が有利。逆に62秒以上を要すれば逃げ&先行馬が有利。今後も展開、ペースに大きく左右されそう。

過去2年の前半/後半3Fの平均は、36.5秒/37.2秒。(前後差▲0.7) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が2連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」0連対(上がり5位以内1連対)。

[推定前半3ハロン優勢]

《ハイブリッド勝負予想》 15点勝負レース!

馬 連】で
ハイブリッド指数1〜6位までの6頭BOX 15点。

ムービー
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 (クリックしてね!)
コンピ 篇
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 (クリックしてね!)


※個人的に楽しんで毎週予想を発信しているだけですので、これらの情報を参考に馬券を購入することは、皆様の自己責任となりますので、よろしくお願いします。<(_ _)>

次のG1レースは【阪神ジュベナイルフィリーズ




人気ブログランキングへ

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。



ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ NHKマイルC(2017)へ
NHKマイルC(2017)
にほんブログ村テーマ 天皇賞・春(2017)へ
天皇賞・春(2017)
にほんブログ村テーマ 青葉賞(2017)へ
青葉賞(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
【16' チャンピオンズカップ(G1)】(予想篇) 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる