日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <スプリンターズS(G1)回顧>をハイブリッド指数で斬る!

<<   作成日時 : 2016/10/06 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜10月2日)中山11Rスプリンターズステークス

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。


スプリンターズSの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
中11R
スプリンタ
01
86
11
64
15
62
02
57
13
56
05
54
12
53
07
52
14
50
16
49
10
48
06
47
09
46
04
42
03
41
08
40




(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

4回中山8日目11R

スプリンターズステークス
G1


(芝1200)(3歳以上オープン)(定量)

画像

【軸推奨馬】@ビッグアーサー
【相手推奨馬】ADNLJ

《コンピ勝負予想》 14点勝負レース!
【馬 連】で
馬番コンピ指数1、2位から
指数3〜7、11、12位までの7頭へ流して14点。
コンピ勝負買い目⇒馬連(1,11⇒15,2,13,5,12,10,6) ハズレ

《ハイブリッド勝負予想》 10点勝負レース!
【馬 連】で
推定前半3ハロン指数1〜5位までの5頭BOX 10点。
ハイブリッド勝負買い目⇒馬連(5,15,6,1,2)BOX ハズレ 

《予想 結果》 ハズレました 
画像
レッドファルクスがGI初V!
スプリント戦無敗の王者誕生!


2日、中山競馬場で行われたスプリンターズS(3歳上・GI・芝1200m)は、中団でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の3番人気レッドファルクス(牡5、美浦・尾関知人厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、逃げ粘る2番人気ミッキーアイル(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)を捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分7秒6(良)。
画像
さらにクビ差の3着に9番人気ソルヴェイグ(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)が入った。なお、1番人気ビッグアーサー(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)は直線で行き場を完全になくしてしまい、12着に終わった。
画像
勝ったレッドファルクスは、父スウェプトオーヴァーボード、母ベルモット、その父サンデーサイレンスという血統。重賞初制覇を果たしたCBC賞に続く連勝で、見事スプリント界の頂点に立った。なお、同馬は本レースを含め1200m戦では芝3戦3勝、ダート1戦1勝と無敗。
画像


レース後のコメント

画像
1着 レッドファルクス(M・デムーロ騎手)
「素晴らしい競馬をしてくれました。調教から動いてましたし、外枠でしたが、普通に出て3コーナーでもいいポジションに居られました。直線もずっと伸びてくれました。中京で未勝利を勝った時乗りましたが、そこからどんどん良くなってきて、GIを勝ってくれたことは本当に嬉しいです。落ち着いていましたし、次も楽しみです」

画像
2着 ミッキーアイル(松山弘平騎手)
「自分の形の競馬が出来ました。これだけ間隔が空いたのに力を出してくれました。何とかしたかったのですが、申し訳ありません」

画像
3着 ソルヴェイグ(田辺裕信騎手)
「スタートを上手に出て、やりあう形になると思って少し控えました。坂のあるコースでも良く頑張っています。体重を心配している人もいましたが、夏から馬が良く頑張っています」

画像
4着 シュウジ(川田将雅騎手)
「スムーズに上手に競馬をしてくれて、いい内容でした。4着でしたが、まだ3歳ですから、来年に向けていいレースが出来ました」

5着 スノードラゴン(大野拓弥騎手)
「リズム良く進めることができましたが、もう少し捌けるとよかったですね。馬の状態も良く、まだまだやれると思います」

6着 ネロ(内田博幸騎手)
「スタートを出て、思ったより前へ行きました。馬も行く気になっていましたし、無理に下げることもないと思いました。最後も止まっているわけではないですし、良く頑張っていると思います」

7着 サトノルパン(和田騎手)
「理想の競馬はできたと思いますが、輸送で体が減っていたぶん、最後で止まってしまった。悔いが残りますね。それでも、まだまだこれからの馬です」

8着 ティーハーフ(池添騎手)
「4角まではロス無くいこうと思っていたし、G1でこのペースですからね。内を突けばゴチャつくかと思い、外に出しました。最後はいい脚を使ってくれているのですが、内にモタれてもたもたするところもありました。展開なり、あとパンチ何かの助けがあれば、いい勝負になると思います」

9着 レッツゴードンキ(梅田智調教師)
「スタートですね。いい脚は使っているので、もう少し前目の位置で競馬が出来ていれば……」

10着 ベルカント(蛯名騎手)
「出たなりの競馬で折り合いもつきました。スペースが出来た時に入っていければよかったけど、内にモタれて入っていくことが出来ませんでした。そこでスペースをつけていければ、エンジンがかかったかも。最後はダラダラとした脚になってしまいましたからね。伸びそうな感じはあったんだけどなあ」

11着 ブランボヌール(武豊騎手)
「ビッグアーサーの後ろにつけられたのですが、動けなかったですね。それに渋った馬場のほうがいいかもしれません」

13着 ウリウリ(戸崎騎手)
「最後は伸びているのですが、外枠で内目に潜り込めませんでした。理想を言えば、もう少し内枠が良かったですね」

14着 レッドアリオン(川須騎手)
「スタートは出てくれたのですが、両側の馬が速く、寄られてポジションが後ろからになってしまいました。1200mも2度目で慣れも見込めましたし、いい時の落ち着きもあり、状態も凄く良かったです。こういうレベルになると、ポジション一つで結果が変わってしまいますからね。力が出しきれず残念です」

15着 ダンスディレクター(浜中騎手)
「スタートは前回よりも出てくれましたが、器用さがないので、流れに乗れませんでしたね。ペースもこの馬には向きませんでした」


⇒馬番コンピ
(13−15−4)=(5位−3位−14位)=(56−62−42)

馬連(13−15)  4,490円
馬単(13−15)  8,240円

3連複(04−13−15) 42,230円
3連単(13−15−04) 180,060円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

前評判で“1強”のビッグアーサーは無残に散った。レース前から発汗が目立ち、危険なムード。上々のスタートを決めながらもハミをかんだ瞬間、福永祐一騎手は3列目まで押さえ込んだ。4角では包まれる形。こうなっては簡単に出させてもらえない。1番人気馬の宿命でもある。最後の直線ではまともに追えないまま、12着の大敗となった。
画像
秋初戦のセントウルSでは逃げを打った。サラブレッドは賢く、競馬は“点ではなく線”。それだけに前哨戦が持つ意味は大きい。もともと気性の難しさを抱えていた馬。前走を踏まえれば掛かるのはある意味、想定できたこと。馬とケンカせず、せめてもう1列前へ行かせるべきだった。
画像
勝ったレッドファルクスは完璧な競馬。大一番で強さを見せるミルコ・デムーロ騎手はもちろん、尾関知人調教師の手腕も褒めたたえたい。左後肢が弱く、それが解消するタイミングまで左回りを中心に使い、じっくり馬を育ててきた。我慢と冷静な判断が、5歳秋に実を結んだのだ。美浦の新鋭トレーナー。今後も要注目だろう。
画像
予想は、馬番コンピ・ハイブリッド指数 共にハズレ…。G1レース第1戦目からの大失態?嫌な流れから抜け出して、巻き返しましょう!?


もうすぐ【秋 華 賞


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 宝塚記念(GI)へ
宝塚記念(GI)
にほんブログ村テーマ 宝塚記念(2017)へ
宝塚記念(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<スプリンターズS(G1)回顧>をハイブリッド指数で斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる