日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <ニュージーランドT(G2)回顧>をハイブリッド指数で斬る!

<<   作成日時 : 2016/04/09 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日(19時) の更新メニュー
最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


土曜4月9日)中山11RニュージーランドT

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



NZTの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
中山11R
NZT
03
83
09
65
02
61
05
60
14
57
11
55
01
52
07
51
12
49
10
48
16
47
15
46
04
43
08
42
06
41
13
40




(上段=馬番, 中段=コンピ指数値,下段=ハイブリッド印
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

土曜4月9日 3回中山5日目11R

ニュージーランドトロフィー
G2


(芝外1600m)(3歳オープン)

画像

《コンピ勝負予想》 10点勝負レース!
【馬 連】で
馬番コンピ指数2、3位から
指数1、4〜7位までの5頭へ流して10点。
コンピ勝負買い目⇒馬連(9,2⇒3,5,14,11,1)  ハズレ

《ハイブリッド勝負予想》 15点勝負レース!
【馬 連】で
ハイブリッド指数1〜6位までの6頭BOX 15点。
ハイブリッド勝負買い目⇒馬連(2,5,14,3,7,1)BOX  ハズレ

【軸 推奨馬】Bアストラエンブレム
【相手推奨馬】ADMIH

《予想 結果》 ハズレました
画像
ダンツプリウスが接戦を制し重賞初V


9日、中山競馬場で行われたニュージーランドT(3歳・牡牝・GII・芝1600m)は、好位でレースを進めた丸山元気騎手騎乗の2番人気ダンツプリウス(牡3、栗東・山内研二厩舎)が、直線で前を交わして先頭に立ち、最後は後方から猛然と追い上げてきた14番人気ストーミーシー(牡3、美浦・斎藤誠厩舎)をハナ差振り切り優勝した。勝ちタイムは1分33秒9(良)。
画像
さらにクビ差の3着に12番人気エクラミレネール(牝3、美浦・高橋裕厩舎)が入った。なお、1番人気アストラエンブレム(牡3、美浦・小島茂之厩舎)は4着、3番人気サーブルオール(牡3、美浦・萩原清厩舎)は7着に終わった。
画像
勝ったダンツプリウスは、父ブライアンズタイム、母ストロングレダ、その父マンハッタンカフェという血統。前走のアーリントンCではハナ差の2着に敗れたが、今度は接戦を制して初めての重賞制覇を果たした。また、本馬及び2着のストーミーシー、3着のエクラミレネールは、5月8日に東京競馬場で行われるNHKマイルCの優先出走権を獲得した。
画像


レース後のコメント

画像
1着 ダンツプリウス(丸山騎手)
「ポジションを取ろうと出して行った分、少し掛かりましたが、いいポジションで競馬が出来ました。直線もきれいに前が空いて、あとは追い出すタイミングを間違わないようにしました。最後は詰め寄られましたが、遊んでいた分もありました。本番でもいい結果を出したいです」

2着 ストーミーシー(江田照騎手)
「元々、リズム良く走ってくれる馬で、距離も対応してくれました」

3着 エクラミレネール(北村宏騎手)
「スタートをうまく出て、ロスもなく理想的なレースが出来ました」

4着 アストラエンブレム(田辺騎手)
「道中はリズムを重視して、馬場のいいところを通ろうと考えていました。直線はジワジワと伸びてくれてはいるのですが、もっと気分良く行ける想定をしていて、思っていたほどの伸びではありませんでした」

6着 ハレルヤボーイ(吉田豊騎手)
「道中はいい感じで外へうまく出して行けました。3頭の併せ馬になったところで何とか出て欲しかったのですが...」

10着 マディディ(三浦騎手)
「いい馬です。ゲートを出てくれていましたが、器用さを求められるコースで走りにくそうにしていました。広いコースなら結果も変わってくると思います」

12着 ボールライトニング(蛯名騎手)
「進みが良くないと思っていたら、後ろ脚を落鉄していました。ダメージがないといいのですが...」


⇒馬番コンピ
(05−08−04)=(4位−14位−13位)=(60−42−43)

馬連(05−08)   22,190円
馬単(05−08)   35,300円

3連複(04−05−08) 195,280円
3連単(05−08−04)1,051,270円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい



勝ったダンツプリウスはこれが重賞は初制覇。前走のアーリントンCではハナ差敗れ涙を呑んだが、今回は逆にハナ差制して、G1に向けて弾みをつける勝利を挙げた。

予想は、馬番コンピ・ハイブリッド指数 共にハズレ…。また、来年へ向けて検証し直して挑みましょう!?

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ NHKマイルC(2017)へ
NHKマイルC(2017)
にほんブログ村テーマ 天皇賞・春(2017)へ
天皇賞・春(2017)
にほんブログ村テーマ 青葉賞(2017)へ
青葉賞(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<ニュージーランドT(G2)回顧>をハイブリッド指数で斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる