日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <ジャパンCダート(G1)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/12/02 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日の更新メニュー
最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜12月1日)阪神11Rジャパンカップダート

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



JCダートのニッカン馬番コンピ指数の結果
能力指数順123456789101112131415161718
阪神11R
JCダート
06
88
01
64
12
60
08
59
04
58
05
52
14
51
02
50
15
48
07
47
09
46
11
45
13
43
03
42
10
41
16
40


(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

12月01日()5回阪神2日目11R

ジャパンカップダート
(G1)


(ダート1800m)(3歳以上オープン)(定量戦)

画像

《13’予想コメント》 本命レース?
世界へと繋がるダートホースの頂上決戦!
JRAのGTレースの中でも、JCダートは1番人気馬【5-3-2-0】の連対率(80.0%)複勝率(100%)が高く、荒れない!

<過去10年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)実績
GT優勝/GT3着以内
(2)ローテーション(前走4着以内)
JBCクラシック(6着以内)
武蔵野S(3番人気以内の9着以内)
マイルチャンピオンシップ南部杯(5着以内)
みやこS(2着以内)
(3)大型馬(過去12年中9頭)
馬体重500`以上(05年以降7連勝中)
(4)性齢(牝馬は苦戦)
3歳(2-1-3-22) /4歳(2-3-1-30) /5歳(4-4-1-32)
6歳(2-2-3-21) /7歳上(0-0-2-23)
牝馬(0-0-0-8) /牡・セン(10-10-10-120)
以上の項目をクリアした該当馬は、1頭いました。
(06番ホッコータルマエ=指数1位)

≪データ評価≫
過去5年の前半/後半3Fの平均は、36.1秒/36.8秒。(前後差△0.7) 連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、「上がり最速馬」4連対(上がり5位以内9連対)。過去5年は、4角5番手以内から勝ち馬が出ており、1分48〜49秒台の高速決着となる為、ロスなく最内を回れる点がかなり有利。上がりは5位以内,後半3F重視。

<過去13年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
人気サイドで決まることが多く、波乱要素が少ない為、本命レースと予想する。
ポイントは、馬番コンピ指数1,2位の高連対率から軸馬推奨。
相手馬は、指数7位までを狙う。

《コンピ勝負予想》 10点勝負レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数1,2位から
指数3〜7位までの5頭へ流して10点。

コンピ勝負買い目⇒馬連(6,1⇒12,8,4,5,14)

《予想 結果》 ハズレました

⇒馬番コンピ
(12−08−06)=(3位−4位−1位)=(60−59−88)

画像
1日、阪神競馬場でジャパンカップダート(3歳上・GI・ダ1800m)が行われ、道中は中団の外目を追走していたC.ルメール騎手騎乗の単勝3番人気ベルシャザール(馬番コンピ指数3位)(牡5、栗東・松田国英厩舎)が、直線に入って脚を伸ばし、先に2番手から先頭に立っていた1番人気ホッコータルマエ(牡4、栗東・西浦勝一厩舎)を交わして、さらに後方から脚を伸ばしてきた6番人気ワンダーアキュート(指数4位)(牡7、栗東・佐藤正雄厩舎)の追撃をクビ差退けて優勝した。勝ちタイムは1分50秒4(良)。
画像
2着のワンダーアキュートから1/2馬身差の3着はホッコータルマエ(指数1位)。なお、2番人気ローマンレジェンド(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)は13着、海外から参戦したパンツオンファイア(牡5、米・K.ブリーン厩舎)は16着に終わった。
画像
勝ったベルシャザールは、父キングカメハメハ、母マルカキャンディ、その父サンデーサイレンスという血統。2011年の日本ダービー3着の実績がある馬だが、骨折による長期休養明けからはダートに路線を変更。これが見事に成功し、4着以下なしという好成績でオープンクラスへ上がり、ブラジルC、武蔵野S、そして今回と3連勝で一気にダート界の頂点へ駆け上がった。


レース後のコメント

1着 ベルシャザール(ルメール騎手)
「もう少し内ラチ沿いにつけて落ち着かせたかったのですが、外枠でしたからね。しかし、落ち着いて直線に向かえました。人気馬が前にいたのであまり離されてしまってはと思ってついて行きましたが、うまく流れに乗れました。前走でもとてもパワフルな脚を使っていたので、自信を持って乗りました。前走よりも早めに動く形になりましたが、よく頑張ってくれました」
画像
2着 ワンダーアキュート(武豊騎手)
「残念です。惜しかったですね。4コーナーまでは完璧に運べていい形でした。あそこまで行ったら勝ちたかったのですが、勝った馬は近づいたらまた伸びていました。結果的にですが、4コーナーでテスタマッタの内を狙っても良かったかもしれません」
画像
3着 ホッコータルマエ(幸騎手)
「スタートを決めて理想通りでした。ただ、4コーナーで早めに抜け出す形になってしまい、ソラを使ってしまって...。それが響きました。後ろが来た時には一瞬反応してくれましたが、勝った馬は勢いが違っていました」
画像
4着 ブライトライン(福永騎手)
「状態は本当に良かったのですが、少し距離が長かったです。2コーナーでハミを噛みかけてもうまく納まったのですが、伸びはジリジリでした。来年のフェブラリーSは楽しみですよ」



馬連(08−12)   4,850円
馬単(12−08)   9,810円

3連複(06−08−12)   2,160円
3連単(12−08−06)  24,440円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

ホッコータルマエらG1馬が勢ぞろいした中、新星ベルシャザールがG1初勝利。今年ダートに転向し、前走武蔵野Sで重賞初勝利を挙げたばかりだったが、連勝で一気に頂点に立った。芝では決め手不足に泣いたが、ダートで素質が開花。ダートでの決め手は鋭く、スローペースを外から差し切る強い内容を見せた。今後はダート戦線で主役を演じる1頭としてますますの活躍が期待される。ワンダーアキュートは勝ち馬を上回る速い決め手を繰り出しながらもまたもや2着。しかし、差しに回っての瞬発力勝負でも結果を残せるのは素晴らしいことだ。圧倒的1番人気に支持されたホッコータルマエは3着。ペースが遅くなったため、前目の追走から早めに抜け出したが、ゴール寸前で強襲を食らった。あまり切れるタイプではないため、展開は向かなかったわけだが、残念な結果だった。真のダート王者となるには、乗り越えなければいけない試練だった。

データで指摘した阪神ダート1800mは、”後半3F重視”。1,2着馬は、4角6〜10番手から、先行から抜け出した圧倒的1番人気馬ホッコータルマエを差した。ただ、このレースも今年が最後?来年から中京競馬場で始まる”チャンピオンズカップ”へ向けて、新たなデータ作成等で挑みたい!





応援クリックをよろしく、お願いします。

人気ブログランキングへ
ほかの競馬ブログの予想結果はこちらから!
クリックしてね!?
にほんブログ村 トラコミュ ステイヤーズS(2013)へ
ステイヤーズS(2013)
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 札幌記念(2017)へ
札幌記念(2017)
にほんブログ村テーマ 北九州記念(2017)へ
北九州記念(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<ジャパンCダート(G1)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる