日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <カペラS(G3)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/12/09 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜12月8日)中山11Rカペラステークス

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



カペラSのニッカン馬番コンピ指数の結果
能力指数順123456789101112131415161718
中山11R
カペラS
04
79
14
69
13
66
05
58
01
57
07
56
02
54
09
52
15
47
03
46
12
45
08
44
06
43
10
42
11
41
16
40


(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

12月8日()5回中山4日目11R

カ ペ ラ ステークス
G3


(ダート1200m)(3歳以上オープン)(別定戦)

画像

《13’予想コメント》 本命レース?
ダート1200mのスペシャリストが活躍!
ダート短距離界のスターを目指せ!
JRA唯一のダート1200m重賞!

<過去5年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)実績
重賞勝ち馬 or 連対経験
(2)ダート1200m実績
1600万条件以上での優勝経験 or 連対率80%以上
(3)ローテーション(近走好走)
「3走前までに、ダート1200mのレースで3着以内」が連対
(4)持ちタイム(1:10:0以下)
ダ1200mで速い持ちタイムがある馬
以上の項目をクリアした該当馬は、いませんでした。

≪データ評価≫
過去5年の前半/後半3Fの平均は、33.4秒/36.1秒。(前後差△2.7) 連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、「上がり最速馬」3連対(上がり5位以内9連対)。基本的に短距離戦ならダッシュ力は大きな武器となり、前半3F重視。

<過去5年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
人気上位馬が安定した成績を残し始めている為、
今年も本命レースと予想する。
ポイントは、馬番コンピ指数1,2位に期待して、軸馬推奨。
相手馬は、指数8位までを狙う。

《コンピ勝負予想》 12点勝負レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数1,2位から
指数3〜8位までの6頭へ流して12点。

コンピ勝負買い目⇒馬連(4,14⇒13,5,1,7,2,9)

《予想 結果》 ハズレました

⇒馬番コンピ
(01−07−04)=(5位−6位−1位)=(57−56−79)

8日、中山競馬場でカペラS(3歳上・GIII・ダ1200m)が行われ、道中は先団のインで進めた柴田善臣騎手騎乗の単勝6番人気ノーザンリバー(馬番コンピ指数5位)(牡5、栗東・浅見秀一厩舎)が、直線に入って狭いところを抜けて前を交わし、後方から追い込んできた7番人気スノードラゴン(指数6位)(牡5、美浦・高木登厩舎)の追撃をクビ差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分10秒7(良)。
画像
さらに1/2馬身差の3着には、外からの追い込みを見せた2番人気シルクフォーチュン(指数1位)(牡7、栗東・藤沢則雄厩舎)が入った。なお、3番人気セイクリムズン(牡7、栗東・服部利之厩舎)はシルクフォーチュンから1.1/2馬身差の4着、1番人気スイートジュエリー(牝4、栗東・安田隆行厩舎)は9着に終わった。
画像
勝ったノーザンリバーは、父アグネスタキオン、母ソニンク、その父Machiavellianという血統。2・3歳時は芝で活躍していたが、ダービー後の長期休養から復帰後は主にダートで使われ、ここで2011年のアーリントンC以来となる重賞2勝目を挙げた。


レース後のコメント

1着 ノーザンリバー 柴田善臣騎手
「1400mの競馬を使っていてズブくなってきたと聞いていましたので、最内枠から前へ行きました。3〜4コーナーはいい手応えでどこへ行こうか迷うくらいでしたし、仕掛けてからも馬の間を抜けるのが速かったです。状態もよく、乗りやすい馬で思ったより強かったです。短いところで走りましたが、1400mでも走れますし、元気もあります。これからも楽しみな馬です」
画像
2着 スノードラゴン 大野拓弥騎手
「もうひとつ前の位置で競馬をしたかったのですが、逆にそれで脚がたまりました。久々にいい脚を使ってくれました。最後は相手に合わせて走るようになったので、そのあたりが今後の課題です」

3着 シルクフォーチュン 藤沢則雄調教師
「パサパサのダートは追込一辺倒のこの馬には厳しいです。勝負どころでひと呼吸入って突き抜けるかと思いましたが、ダートの外側は砂が厚かったですね」

4着 セイクリムズン 北村宏司騎手
「スタートも出ましたし、2列目のいいところにつけられましたが、道中は追いっぱなしで、そのぶん最後はジリジリとした伸びでした。がんばってくれてはいるのですが......」

5着 スリーボストン 秋山真一郎騎手
「外枠なら控えられたかもしれませんが、内枠でしたし、スピードを生かすレースをしました。結果的にペースが速くて、差し馬の展開になってしまいました。でも、よくがんばっていると思います」

9着 スイートジュエリー 北村友一騎手
「少し内側にモタれる面があり、今日は外枠ということでスムーズなレースができませんでした。速い馬が揃っていましたし、今日はかみ合いませんでした」

10着 トーホウチェイサー 田中勝春騎手
「最後は脚を使ってくれていますが......」

11着 マルカバッケン 内田博幸騎手
「少し進路を取りにくいところがありました。勝ち馬と同じ位置にいたかったのですが......。ゴチャついたところにいたのもあまりよくなかったですね」

15着 サマーウインド 松岡正海騎手
「これが引退レースだそうです。3コーナーをすぎたあたりから、走りがバラバラになってしまいました」



馬連(01−07)   4,240円
馬単(01−07)   9,200円

3連複(01−04−07)   5,650円
3連単(01−07−04)  47,980円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

ノーザンリバーは11年の3歳前半にダートで2連勝を飾り、芝に転じてアーリントンCを制覇。日本ダービー17着後に2年近い休養を強いられたが、今春に復帰を果たすと1600万、そして前走のオープンとダートで2勝を飾っていた。今回は、盛岡のクラスターC(3着)に続く2度目のダート重賞挑戦で、見事にタイトルを獲得。芝では1600mで重賞を制しているだけに、来年のフェブラリーSに向かっても、道中うまく脚が溜まればチャンスはありそうだ。

今年は、上がり馬こそいたが、絶対的な存在がいない混戦模様?1,2着5歳馬同士に迫ったのが、去年の覇者シルクフォーチュン(7歳)。世代交代が進んでいるのかも? また、来年へ向けて検証し直して挑みたい!



応援クリックをよろしく、お願いします。

人気ブログランキングへ
ほかの競馬ブログの予想結果はこちらから!
クリックしてね!?
にほんブログ村 トラコミュ 第64回 朝日チャレンジカップ(GIII)へ
第64回 朝日チャレンジカップ(GIII)
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 桜花賞(2017)へ
桜花賞(2017)
にほんブログ村テーマ 大阪杯(2017)へ
大阪杯(2017)
にほんブログ村テーマ ダービー卿CT(2017)へ
ダービー卿CT(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<カペラS(G3)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる