日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <アルゼンチン共和国杯(G2)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/11/04 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日の更新メニュー
最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜11月3日)東京11Rアルゼンチン共和国杯

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



AR共和国杯のニッカン馬番コンピ指数の結果
指数順123456789101112131415161718
東11R
AR共和
03
74
08
70
07
64
18
61
16
60
15
53
12
52
11
51
04
50
13
49
17
48
14
47
05
45
02
44
10
43
09
42
01
41
06
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

11月3日()5回東京2日目11R

アルゼンチン共和国杯G2)】

(芝2500m)(3歳以上オープン)(ハンデ戦)

画像

《13’予想コメント》 本命レース?

重賞実績は必要なし、条件馬も好走可能!

<過去10年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)実績
重賞連対orオープン勝ち
(2)距離実績
芝2400m以上で優勝経験
/芝2200m以上で2勝以上
*父サンデーサイレンス系は消し
(3)ローテーション(前走)
京都大賞典(3〜9着)/
芝2200以上1600万(2着以内)
*3ヶ月以上休み明けは消し
(4)コース実績(左回り)
東京競馬場(芝)での適性
*7歳以上馬は消し
以上の項目をクリアした該当馬は、1頭いました。
(08番ムスカテール=指数2位)

<過去13年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
近年の流れもあり、人気馬が安定した成績を残している為、本命レースと予想する。
ポイントは、近5年を重視した場合、09年を除けば馬番コンピ指数3位以内での決着。ハンデ戦としては、堅い決着の傾向が強くなりつつあるが、この流れには逆らえない?軸馬推奨には、馬番コンピ指数1、2位の2頭。相手馬は、指数7位までを狙う。

《コンピ勝負予想》 10点勝負レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数1,2位から
指数3〜7位までの5頭へ流して10点。

コンピ勝負買い目⇒馬連(3,8⇒7,18,16,15,12)

《予想 結果》 ハズレました

⇒馬番コンピ
(12−16−03)=(7位−5位−1位)=(52−60−74)

画像
3日、東京競馬場でアルゼンチン共和国杯(3歳上・GII・芝2500m)が行われ、道中は中団の内に構えた戸崎圭太騎手騎乗の単勝7番人気アスカクリチャン(馬番コンピ指数7位)(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線に入って進路を最内方向に取りながら各馬を交わして、残り200mを切ったところで抜け出し優勝した。勝ちタイムは2分30秒9(良)。
画像
アスカクリチャンから1.1/2馬身差の2着は、好位から残り400m地点で一旦先頭に立った3番人気ルルーシュ(指数1位)(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)と、後方から脚を伸ばしてきた4番人気アドマイヤラクティ(指数5位)(牡5、栗東・梅田智之厩舎)の争いとなったが、4番人気アドマイヤラクティ(牡5、栗東・梅田智之厩舎)がクビ差先着。3着がルルーシュとなった。なお、2番人気ムスカテール(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は8着、1番人気メイショウナルト(セン5、栗東・武田博厩舎)は14着に終わった。
画像
勝ったアスカクリチャンは、父スターリングローズ、母ローレルワルツ、その父ダイナレターという血統。函館記念で3着、札幌記念で2着、オールカマーで5着と重賞で堅実に走り、前走のアイルランドTは59キロを背負って4着に終わったものの、3キロ減となったここでインから抜け出して、2012年の七夕賞以来となる勝利を挙げた。


レース後のコメント

1着 アスカクリチャン(戸崎騎手)
「重賞を勝てて嬉しいです。もう少し前で競馬をしたかったのですが、人気馬を見ながらの位置取りになりました。直線少しゴチャついていましたが、内はきれいに空いていたので内をつきました。36週連続勝利や年間100勝の王手は嬉しいですが、まだまだ技術を磨いていきたいと思います。今日は強い馬に乗せてもらってありがとうございました」
画像
(須貝尚介調教師)
「馬が大分力をつけています。前回59キロでもあれだけの脚を使っているし、夏からずっと善戦続きの本当にタフな馬です。自信はありました。今後のことは馬の様子を見て決めます」

2着 アドマイヤラクティ(メンディザバル騎手)
「枠でしたね。残念です。勝ち馬よりも70〜80mは余計に走っています。内枠だったらもっと結果が良かったのではないでしょうか。最後も伸びてくれて良かったのですが、勝った馬が強かったです」
画像
3着 ルルーシュ(北村宏騎手)
「上手にゲートを出ましたし、ロスなく運べました。直線を向いて、自分のタイミングで追い出せましたが、最後は苦しくなりました。調教ではよく動いていたのですが、間隔が空いていた分でしょうか...」
画像
4着 コスモロビン(柴田大騎手)
「脚元を考えて、間隔を空けて坂路での調教しか出来ません。それを考えるとよく頑張っています。東京の長丁場は合っています」

5着 ホッコーブレーヴ(三浦騎手)
「外枠で位置取りが後ろになりました。内枠で勝ち馬の後ろに入れれば良かったです。折り合いもつきましたし、距離は延びれば延びるほどいい馬。力をつけています」

8着 ムスカテール(リスポリ騎手)
「スタートも決まって、ルルーシュやメイショウナルトを見ながら行く理想的な位置取り。4コーナーの入口では手応え良く、勝てると思いましたが、追ってからが案外でした。手応えの割に伸びませんでした」

11着 ニューダイナスティ(蛯名騎手)
「イメージ通りに競馬が出来ました。あまり切れないと聞いていたので、ワンテンポ早く追い出したのですが、最後で頑張りきれませんでした」

14着 メイショウナルト(武豊騎手)
「テンションが高く、掛かり癖があります。いつもでしたら向正面で抜けるのですが、それでも掛かっていました。状態は良かったのですが、元気が良すぎたのでしょうか」

16着 シゲルササグリ(後藤騎手)
「もう少し経験が必要です。この馬には府中のこういう条件は合いません。直線の短いところなら先行力を生かせると思います」



馬連(12−16)   5,060円
馬単(12−16)  12,060円

3連複(03−12−16)   8,250円
3連単(12−16−03)  71,300円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

勝ったアスカクリチャンは昨年の七夕賞に続く重賞2勝目。前走のアイルラインドTは4着に敗れていたが、59キロの斤量に加えて、直線で前をカットされる不利があった。夏には函館記念3着、札幌記念2着と重賞で好走。今回は初めての芝2500mがどうかと見られたが、全く問題なかった。今後も中長距離で重賞を賑わせる存在だろう。他では1番人気ながら14着と大敗したメイショウナルト。今日は追走に手一杯で直線は見せ場がなかった。芝2000mあたりの小回りコースが一番合うタイプなのかもしれない!?

軸馬推奨の3番ルルーシュが、ゴール手前で差されて、万事休す!?2,3着差がクビ…。残念な結果でしたが、仕方がありません。また、来年へ向けて検証し直して挑みたい!





応援クリックをよろしく、お願いします。

人気ブログランキングへ
ほかの競馬ブログの予想結果はこちらから!
クリックしてね!?
にほんブログ村 トラコミュ 第2回 アルテミスステークス(重賞)へ
第2回 アルテミスステークス(重賞)
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 桜花賞(2017)へ
桜花賞(2017)
にほんブログ村テーマ 大阪杯(2017)へ
大阪杯(2017)
にほんブログ村テーマ ダービー卿CT(2017)へ
ダービー卿CT(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<アルゼンチン共和国杯(G2)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる