日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <菊花賞(G1)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/10/21 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日の更新メニュー
10月21日(
*タイトルを各々クリックして下さい。よろしく!

<回顧(20日)日曜競馬

WIN5(20日)回顧>

<回顧(20日)日曜馬券道場

菊花賞G1)回顧>

最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜10月20日)京都11R菊花賞

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



菊花賞のニッカン馬番コンピ指数の結果
能力指数順123456789101112131415161718
京都11R
菊 花 賞
03
88
18
64
04
63
14
59
10
57
17
55
15
54
01
52
07
51
09
50
05
49
16
48
12
47
08
46
13
45
06
44
11
41
02
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

10月20日(土)4回京都7日目11R

菊 花 賞 (G1)】

(芝外3000m)(3歳オープン)(馬齢戦)

画像

《13’予想コメント》 混戦レース?

クラシック最後の一冠をめざせ!重要となるのは距離実績!長距離砲の上がり馬は特注!!

<過去10年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)血統
ダンスインザダーク産駒
ステイゴールド産駒
ブライアンズタイム産駒
(2)距離適性
芝2200m以上での連対実績
芝1800m以上の重賞での連対実績
(3)ローテーション(前走)
神戸新聞杯(6着以内)
セントライト記念(4着以内)
*3走前までに、勝利(重賞以外含む)
(4)春の実績
ダービーに出走歴のある馬
春のクラシック未出走馬(前走3〜6着)
以上の項目をクリアした該当馬は、いませんでした。

≪菊花賞 血統分析≫
菊花賞は、母系のスタミナが重要で、特に母の父が鍵を握る!
今年の出走メンバーで、まずステイゴールド産駒01番ケイアイチョウサン=指数8位(父ステイゴールド×母ショドウシルエット)に注目。母系に往年のスタミナ血統があり、未勝利脱出に要した戦歴等から晩成型のステイヤーを思わせる。
大本命であろう03番エピファネイア=指数1位(父シンボリクリスエス×母シーザリオ)は、母がオークス馬で、母系のスペシャルウィーク×サドラーズウェルズの配合はスタミナ豊富だが、父シンボリクリスエス産駒は京都芝重賞【0-2-0-35】と未勝利。そのうち菊花賞【0-0-0-4】の4頭すべて2桁着順から信頼に欠ける為、対抗か?
他で「重厚なステイヤー」として注意したいのが2頭いる。06番ヤマイチパートナー=指数16位(父サムライハート×母トップペンダント)は、母父リアルシャダイ(菊花賞連対馬4頭)。10番バンデ=指数5位(父Authorized×母Logica)の父は英国ダービー馬サドラーズウェルズ系で、欧州型のステイヤー。

<過去13年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
3歳クラシック三冠の最終戦は、どの馬にとっても未知の領域になる芝3000mの菊花賞。今年は皐月賞馬ロゴタイプ、ダービー馬キズナと、春のクラシックホースがともに不在。新興勢力が台頭する余地も十分にある為、混戦レースと予想する。
ポイントは、大本命になるエピファネイア=馬番コンピ指数1位?の取捨て?多分、前走(神戸新聞杯1着)評価から指数値90が予想される為、検証。
(05,06,11,12年の過去4年が指数値90)

05(07−06−04)=(1位−6位−2位)=(90−53−65)
06(18−13−05)=(7位−3位−2位)=(53−61−67)
11(14−13−01)=(1位−2位−3位)=(90−68−59)
12(01−16−15)=(1位−2位−8位)=(90−66−51)

05年ディープインパクト、11年オルフェーヴル、12年ゴールドシップが優勝、ただ、06年馬番コンピ指数1位指数値90メイショウサムソンは4着敗退。過去4年の共通項に春クラシック(皐月、日本ダービー)、勝ち馬である為、今年の有力馬エピファネイアは該当しない。
結論としては、馬番コンピ指数2,3位を軸馬推奨。相手馬に、指数1位を加えた指数8位までを狙う。

*個人的に、血統を重視している為、血統分析でピックアップした4頭は、指数順位に関係なく買い目に加えますので、当日の最終結論で確認して下さい。よろしくお願いします。
(01番ケイアイチョウサン=指数8位)
(03番エピファネイア=指数1位)
(06番ヤマイチパートナー=指数16位)
(10番バンデ=指数5位)

《コンピ勝負予想》 14点勝負レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数2,3位から
指数1,4〜8位までの6頭プラス1頭血統から指数16位へ流して14点。

コンピ勝負買い目⇒馬連(18,4⇒3,14,10,17,15,1,6)

《予想 結果》 ハズレました

⇒馬番コンピ
(03−14−10)=(1位−4位−5位)=(88−59−57)

画像
20日、京都競馬場で牡馬クラシック3冠レースの最終戦、菊花賞(3歳・牡牝・GI・芝3000m)が行われ、序盤は先頭争いをする2頭を見る形での3番手で進め、2周目3コーナー手前で2番手に上がった福永祐一騎手騎乗の単勝1番人気エピファネイア(馬番コンピ指数1位)(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が、直線に入って逃げる3番人気バンデ(指数5位)(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)に持ったまま並びかけ、追い出しを開始。そこからはグングンと後続を突き放して、中団から脚を伸ばしゴール前でバンデを交わした5番人気サトノノブレス(指数4位)(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分5秒2(不良)。サトノノブレスからクビ差の3着はバンデ。なお、道中最後方でレースを進めた2番人気マジェスティハーツ(牡3、栗東・松永昌博厩舎)は、末脚不発のまま13着に終わった。
画像
勝ったエピファネイアは、父シンボリクリスエス、母シーザリオ、その父スペシャルウィークという血統。春は皐月賞、ダービーで共に2着と、あと一歩のところで涙を飲んだ。その皐月賞馬ロゴタイプ・ダービー馬キズナともに不参戦が決まり、何としても負けられない最後の1冠へ向けて出走した秋緒戦の神戸新聞杯では、課題だった折り合い面をクリアして完勝。圧倒的人気を集めた本番のここでは、序盤こそやや折り合いに苦慮した様子が見られたものの、あとは万全といっていい内容でついに念願のGI制覇を果たした。また、鞍上の福永祐一騎手にとっても、これが初めての牡馬クラシック制覇となった。
画像


レース後のコメント

1着 エピファネイア(福永騎手)
「最初の坂の下りから正面スタンド前で行きたがりました。ですから折り合いに専念して、向正面では落ち着きました。直線ではストレスなく抜けられましたし、馬場が悪いので早めでもOKだと思いました。最後はノーステッキで完璧なレースが出来たと思います」
画像
2着 サトノノブレス(岩田騎手)
「この馬のリズムでラチ沿いをうまく進めましたし、3コーナーでもスムースに捌くことが出来ました。段々強くなってきています」
画像
3着 バンデ(松田騎手)
「ネコタイショウとの兼ね合いがどうかと思いましたが、僕の方が速かったですし、すんなり行けました。そこから1頭で流して行ければ良かったのですが、しつこく横に来られてしまって...。その中でもよく頑張ってくれたと思います。この馬場も味方してくれました」
画像
4着 ラストインパクト(川田騎手)
「折り合いもついて、道中スムースでした。3000mの距離でよく頑張っています」

5着 ケイアイチョウサン(横山典騎手)
「レースがゴチャゴチャし過ぎました」

6着 フルーキー(浜中騎手)
「折り合いは問題なかったのですが、この馬場で距離も初めてでしたからね。その中でも4コーナーでは一瞬伸びる感じがありました。またこれからさらに飛躍してくれる馬だと思います」

10着 ヤマイチパートナー(武幸騎手)
「前走よりも体調は良かったです。頑張ってくれました。もう少し前が止まってくれれば良かったのですが...」

11着 テイエムイナズマ(幸騎手)
「最初の下り坂で掛かってしまい、リズムを壊してしまいました」

13着 マジェスティハーツ(武豊騎手)
「折り合いはつきましたが、3コーナーから上がって行けませんでした。良馬場ならいいところがあったかもしれません」



馬連(03−14)    950円
馬単(03−14)   1,170円

3連複(03−10−14)   3,910円
3連単(03−14−10)  11,750円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

あいにくの馬場状態でのレースとなったが、圧倒的1番人気に支持されたエピファネイアが、強さを見せつけた。1周目の3コーナー過ぎから正面スタンド前にかけては若干行きたがったが、そこをなんとか我慢。向正面に入ってからは折り合いがスムーズになり、それ以降は完璧なレースっぷりだった。結果的には地力が1頭だけ違った。神戸新聞杯で見せた成長力で、この大一番も制したことは大きな自信となるだろう。今後の活躍が非常に楽しみ!2着サトノノブレスも終始理想的なレース運び。ただ、神戸新聞杯での着差が縮まらず、逆に離されてしまった。3着バンデにとっては不良馬場が有利に働いたか。豊富なスタミナが生きる競馬になった。

優勝したエピファネイアの馬番コンピ指数値88を信頼し、正攻法で予想すれば簡単に当てる事の出来たレース!?ただ、血統から狙った3着バンデ、5着ケイアイチョウサンが掲示板にあがっているので、決して間違った予想ではなかったと思います。また、来年へ向けて検証し直して挑みたい!



応援クリックをよろしく、お願いします。

人気ブログランキングへ
ほかの競馬ブログの予想結果はこちらから!
クリックしてね!?
にほんブログ村 トラコミュ 菊花賞(2013)へ
菊花賞(2013)
ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ NHKマイルC(2017)へ
NHKマイルC(2017)
にほんブログ村テーマ 天皇賞・春(2017)へ
天皇賞・春(2017)
にほんブログ村テーマ 青葉賞(2017)へ
青葉賞(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<菊花賞(G1)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる