日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <神戸新聞杯(G2)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/09/23 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日の更新メニュー
最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜9月22日)阪神11R神戸新聞杯

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



神戸新聞杯のニッカン馬番コンピ指数の結果
能力指数順123456789101112131415161718
阪神11R
神戸新聞杯
10
90
04
66
02
60
07
57
13
55
11
54
14
53
15
52
12
50
18
49
09
48
05
47
03
45
01
44
08
43
06
42
16
41
17
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

9月22日()4回阪神7日目11R

神 戸 新 聞 杯G2) 】
(菊花賞トライアル)

(芝外2400m)(3歳オープン)(馬齢戦)

画像

《13’予想コメント》 本命レース?

<過去10年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)実績
重賞馬(芝3勝以上)
(2)ローテーション
*ダービー好走組5着以内
*6〜8月の重賞優勝馬
*8〜9月の芝2000m以上条件戦(優勝)
(3)脚質
芝2400mになってからは差し・追込馬が◎
以上の項目をクリアした該当馬は、1頭いました。
(10番エピネファイア=指数1位)

<過去13年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
人気上位馬の安定した成績の為、本命レースと予想する。
ポイントは、去年みたいにG1皐月賞馬(ゴールドシップ)を指数2位に落とし、未重賞馬(マウントシャスタ)を指数1位へ推すような事はないと思うが、今年G1皐月・ダービー共に2着のエピネファイアが抜けた存在と予想、馬番コンピ指数1位に返り咲く!そして、指数1位の高連対率(69%)を信頼して、軸馬1頭推奨。相手は、有力馬の戦線離脱の為、指数10位までを狙う。

《コンピ勝負予想》 9点勝負レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2〜10位までの9頭へ流して9点。

コンピ勝負買い目⇒馬連(10⇒4,2,7,13,11,14,15,12,18)

《予想 結果》 的中馬連¥1,760) 

⇒馬番コンピ
(10−15−04)=(1位−8位−2位)=(90−52−66)

22日、阪神競馬場で「菊花賞トライアル」神戸新聞杯(3歳・GII・芝2400m)が行われ、皐月賞・ダービーでは2着が続いたエピファネイア(馬番コンピ指数1位)(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が単勝1.4倍と断然の1番人気に推された中、福永祐一騎手を背に秋の初戦を迎えた。
画像
レースでは、道中は大逃げの2頭から離れた中団グループを追走していたエピファネイアが、3〜4コーナーで外を回りながら絶好の手応えのままで進出を開始。直線の入り口で楽々と先頭へ並び掛けると残り250mで完全に抜け出し、後方待機策からゴール前で一気の追い込みで2着を確保した7番人気マジェスティハーツ(指数8位)(牡3、栗東・松永昌博厩舎)に、最後は2.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分24秒8(良)。さらに3/4馬身差の3着に、直線では内から脚を伸ばした2番人気サトノノブレス(指数2位)(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が入り、上位の3頭は10月20日に行われる菊花賞(GI)への優先出走権を獲得した。

4着は8番人気アクションスター(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)、5着は6番人気タマモベストプレイ(牡3、栗東・南井克巳厩舎)が続いて、掲示板は確定した。なお、3番人気ラストインパクト(牡3、栗東・松田博資厩舎)は見せ場なく7着に終わった。
画像
勝ったエピファネイアは、父シンボリクリスエス、母シーザリオ、その父スペシャルウィークという血統。皐月賞馬ロゴタイプは戦線離脱、日本ダービー馬キズナは凱旋門賞挑戦という状況下、ラスト1冠へ向けて俄然注目の集まる中で迎えた秋の始動戦。懸念された折り合い面での心配も殆ど覗かせることなく、勝負所から抜群の手応えで進出すると、直線に向いては他馬を子供扱いにする完勝で、大目標の菊花賞制覇がグッと近づく重賞2勝目を挙げた。
画像


レース後のコメント

1着 エピファネイア 福永祐一騎手
「めちゃめちゃ嬉しいです。やっと乗りこなすことができました。牧場や厩舎スタッフが張るの敗戦を踏まえて、最大限の努力をしている姿を見ているので、その思いに応えたいと思っていました。スタートはゆっくり出さずに普通に出して、その上で折り合いをつけようと考えていました。外目のいつでも動ける位置で、リラックスして走らせることができました。コミュニケーションもしっかりとれていました。勝ったことよりも、しっかり折り合えたことが嬉しいです。次はどのレースに向かうかわかりませんが、依頼を受けたらベストを尽くしたいです」
画像
2着 マジェスティハーツ 松永昌博調教師
「あんなに後ろからとは思いませんでした。追い出す前から内にモタれ気味でしたが、菊花賞が楽しみになりました」
画像
3着 サトノノブレス 岩田康誠騎手
「直線で前が開きましたが、もう少し切れ味が欲しいです」
画像
4着 アクションスター 秋山真一郎騎手
「相手はエピファネイア1頭だと思っていましたし、作戦通りに運べたのですが......」

5着 タマモベストプレイ 和田竜二騎手
「スタートもよく、思ったところで競馬ができました。手応えの割に伸び切れなかったのは久々のせいでしょうか。次が楽しみです」



馬連(10−15)   1,760円
馬単(10−15)   2,000円

3連複(04−10−15)   2,720円
3連単(10−15−04)  10,410円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

圧倒的1番人気の支持を受けたエピファネイアが期待に応える素晴らしい走りで完勝。春に比べて折り合いに進境を見せ、終いの伸びにつなげた。ロゴタイプやキズナが不在で、メンバー的には恵まれたが、おそらく本番も同様のケースとなりそう。最後の一冠獲得のチャンスは大きいと言えるだろう。2着マジェスティハーツは後方待機から、最後の直線で一気の追い上げ。前走芝1600mを勝っていて、今回初の距離だったが上がり3ハロンはメンバー中ダントツの33秒6だった。さらに距離が伸びても終いの脚をしっかりと使えれば、本番でも軽視できない存在となりそうだ!

今年は、1頭抜けた存在だっただけに、他メンバーが横一線の為、人気薄が連対する可能性を秘めていただけに、狙い通りでした。また、来年へ向けて検証し直して挑みたい!

応援クリックをよろしく、お願いします。



人気ブログランキングへ



ほかの競馬ブログの予想結果はこちらから!
クリックしてね!?


にほんブログ村 トラコミュ 第59回 オールカマー(GII)へ
第59回 オールカマー(GII)




ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 大阪杯(2017)へ
大阪杯(2017)
にほんブログ村テーマ 高松宮記念(2017)へ
高松宮記念(2017)
にほんブログ村テーマ 日経賞(2017)へ
日経賞(2017)
にほんブログ村テーマ 毎日杯(2017)へ
毎日杯(2017)
にほんブログ村テーマ マーチS(2017)へ
マーチS(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<神戸新聞杯(G2)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる