日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <新潟記念(G3)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/09/02 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日の更新メニュー
最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜9月1日)新潟11R新潟記念

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



新潟記念のニッカン馬番コンピ指数の結果
能力指数順123456789101112131415161718
新潟11R
新潟記念
03
69
10
68
13
67
11
64
07
62
08
56
09
55
01
53
02
45
04
44
14
43
05
42
06
41
12
40




(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

9月1日()2回新潟12日目11R

新 潟 記 念G3)】

(芝外2000m)(3歳以上オープン)(ハンデ戦)

画像

《13’予想コメント》 混戦レース?

夏の新潟を彩る伝統のハンデキャップ重賞!

<過去10年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)実績(近走好調馬)
前走・前々走のいずれかで1〜3着の馬
(2)距離実績
中距離実績よりも、マイル以下の実績が重要
(3)脚質
連対(逃げ馬=0/差し馬=9/追込馬=4)
(4)コース実績
新潟や東京での実績がある馬
(5)ハンデ(トップハンデは苦戦)
55〜56キロが12連対と好成績。51〜52キロも4連対。
57キロ以上は【2・0・4・22】。
以上の項目をクリアした該当馬は、いませんでした。

<過去13年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
2006年に創設された『サマー2000シリーズ』以降、明らかに傾向に変化が現れ始めて、難解なレースへと変貌した為、混戦と予想する。
ポイントは、出走頭数(登録14頭)が少ない!?頭数が落ち着くことは堅く収まりそうだが、過去の出走頭数14頭以下を検証してみると
(00=12頭/01=13頭/04=13頭/05=12頭/11=11頭)

00(05−02−01)=(1位−9位−3位)=(79−47−65)
01(01−11−06)=(1位−4位−6位)=(83−56−54)
04(08−01−03)=(4位−1位−5位)=(58−87−56)
05(06−10−01)=(4位−6位−2位)=(58−55−69)
11(05−09−03)=(6位−8位−3位)=(55−49−64)

フルゲートにならなかったからといって、堅く収まるというわけではなく、近年に至っては、波乱気味である。つまり、例年の傾向に変化は無く、人気薄馬のBOX狙い。

《コンピ勝負予想》 10点勝負レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数4〜8位までの5頭BOX10点。

コンピ勝負買い目⇒馬連(11,7,8,9,1)BOX

《予想 結果》 ハズレました

⇒馬番コンピ
(04−09−08)=(10位−7位−6位)=(44−55−56)

画像
1日、新潟競馬場で夏開催のラストを飾る伝統のハンデ戦・新潟記念(3歳上・GIII・芝2000m)が行われ、道中は中団やや後方に位置していた松岡正海騎手騎乗の10番人気コスモネモシン(馬番コンピ指数10位)(牝6、美浦・清水英克厩舎)が、直線に向いて残り400mで内から脚を伸ばしてくると、逃げて粘り込みを図った8番人気エクスペディション(指数7位)(牡6、栗東・石坂正厩舎)を残り190mで捕らえて差し切り、最後はクビ差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分58秒9(稍重)。さらに1馬身差の3着に、3番手追走からしぶとく粘った7番人気ファタモルガーナ(指数6位)(セン5、栗東・荒川義之厩舎)が入った。3番人気のダコール(牡5、栗東・中竹和也厩舎)はレース途中から動いたが4着、2番手追走の1番人気ニューダイナスティ(牡4、栗東・石坂正厩舎)が5着で掲示板は確定した。なお、後方待機策の2番人気ブリッジクライム(牝4、美浦・鈴木康弘厩舎)は伸び脚なく9着に終わった。
画像
勝ったコスモネモシンは、父ゼンノロブロイ、母デュプレ、その父Singspielという血統。直近の重賞連対は2012年の福島牝馬S(2着)で、以降はふた桁着順が4回、前走のクイーンSでも8頭立ての7着。このところ不振を極めていたアパパネ世代の6歳牝馬が、夏の終わりに突如の「一変」を示し、2010年フェアリーS以来となる3年8か月ぶりの重賞V。単勝オッズは65.3倍、14頭中10番人気の低評価を大きく覆す復活の快走を見せて嬉しい3勝目を挙げた。
画像


レース後のコメント

1着 コスモネモシン 松岡正海騎手
「折り合いが難しくなってきているので、そこだけ気をつけて、レースに集中して走れれば位置はどこでもいいと思っていました。こういう馬場も得意ですし、並んでいる相手の先に出られればと思いましたが、何とか出てくれてよかったです。もともと能力のある馬ですし、この勝利がいいきっかけになってくれればと思います」
画像
2着 エクスペディション 浜中俊騎手
「今日の馬場もそうですし、メンバーを見てもスローになりそうでしたから、後ろからだと厳しいと思って前に行きました。うまくいったと思ったのですが、勝ち馬にうまく乗られました。斤量差もあったと思います。内容は十分満足しています。ムラはありますが、力があることは確認できました」

3着 ファタモルガーナ 田辺裕信騎手
「ゲートに難がある馬です。トビが大きく、長くいい脚を使うタイプですし、見た目は後ろから行くように見えますが、ゲートの出がよくないので後ろからになってしまいます」

4着 ダコール 内田博幸騎手
「残り400mぐらいで勝てそうな手応えはあったのですが、そこからが『あれっ?』という感じでした。良馬場のほうが合っていそうです。天気や展開などに左右されますね」

5着 ニューダイナスティ 戸崎圭太騎手
「もう少し早め早めに行きたかったです」

6着 レインスティック 武士沢友治騎手
「脚のさばきがよくなってきて、復活の兆しが見えてきました」

9着 ブリッジクライム 鈴木康弘調教師
「今日の馬場が悪かったようです。直線では外に出しましたが、切れる脚を使うタイプなので、この馬場はこたえたのかもしれません」

11着 カルドブレッサ 蛯名正義騎手
「敗因はわかりません。道悪の馬場か、2走ボケか......。今日も普通に競馬をしていたのですが......」

14着 トレイルブレイザー 北村宏司騎手
「返し馬から気が乗っていましたが、追い出してからは少しノメっている感じでした。スムーズに運んだ割には最後苦しくなってしまいました。ハンデより馬場が響きました」



馬連(04−09)  20,450円
馬単(04−09)  58,620円

3連複(04−08−09)  58,340円
3連単(04−09−08) 558,010円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

優勝したコスモネモシンは10年1月のフェアリーS優勝馬。その後は重賞連対こそあっても長く勝利からは遠ざかり、特に昨夏からは休養や大幅な馬体重の増減もあって下位に沈むレースばかりだった。しかし今回は52キロの軽ハンデと、道悪を苦にしない適性を生かしたコースロスの少ない騎乗も功を奏し、見事に復活の勝利を挙げた。気難しさがあり安定して走るタイプではないものの、もともとの力からすれば今回の勝利にまったく不思議はなく、1年の不振から立ち直ったとなれば今後も楽しみ!?

予想通りの波乱?ただ、馬番コンピ指数10位馬(コスモネモシン)は、想定外。2,3着に狙った指数が入着しているだけに残念な結果でした。また来年へ向けて、検証し直して挑みたい!

応援クリックをよろしく、お願いします。



人気ブログランキングへ



ほかの競馬ブログの予想結果はこちらから!
クリックしてね!?


にほんブログ村 トラコミュ 第48回 札幌2歳ステークス(GIII)へ
第48回 札幌2歳ステークス(GIII)




ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 大阪杯(2017)へ
大阪杯(2017)
にほんブログ村テーマ 高松宮記念(2017)へ
高松宮記念(2017)
にほんブログ村テーマ 日経賞(2017)へ
日経賞(2017)
にほんブログ村テーマ 毎日杯(2017)へ
毎日杯(2017)
にほんブログ村テーマ マーチS(2017)へ
マーチS(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<新潟記念(G3)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる