日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <小倉記念(G3)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/08/05 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日の更新メニュー
最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜8月4日)小倉11R小倉記念

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



小倉記念のニッカン馬番コンピ指数の結果
能力指数順123456789101112131415161718
小倉11R
小 倉 記 念
14
80
02
70
08
59
07
58
06
57
04
56
13
52
03
50
01
49
15
48
11
47
05
46
10
42
12
41
09
40



(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

8月4日(日)2回小倉4日目11R

小 倉 記 念G3)】

(芝2000m)(3歳以上オープン)(ハンデ戦)

画像

《13’予想コメント》 混戦レース?

夏が得意なタイプにとっては、ここは待ちに待った一戦!?

<過去10年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)実績or好調(前走2着以内)
重賞4着以内のある馬/前走が条件戦優勝or連対
(2)ハンデ
前走からハンデ2`以上増えた馬は苦戦。
(3)脚質(差し馬優勢)
先行タイプ(前走4角4番手以内)
*過去5年の前後半の平均は34.3秒−35.5秒。前半の方が速い前傾ラップとなっており、逃げ馬は1頭も絡んでいない。連対馬10頭はすべてメンバー中で5位以内の上がりをマーク。
(4)馬齢
5歳>4歳>6歳>7歳以上
(5)性別
夏に強い牝馬≠ニいう格言はあるが、本レースに限っては“牝馬は苦戦傾向”
以上のデータをクリアした該当馬は、1頭いました。
(14番マイネルラクリマ=指数1位)

<過去13年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
「サマーシリーズ」対象レースに指定(06年以降)されてから波乱傾向強く、混戦と予想する。
ポイントは、出走頭数。今年はフルゲート18頭になりそうな、出走登録19頭。

09(05−09−14)=(16位− 1位− 4位)=(42−76−56)
10(18−11−01)=(12位− 6位− 4位)=(46−55−59)
11(17−09−06)=( 3位−16位− 8位)=(63−42−51)

フルゲート(18頭)は、近5年中3回。上記の結果から、
馬番コンピ指数3,4位を軸馬に推奨。
相手馬は、指数12〜16位までの5頭を狙う。
*出走頭数15頭の為、指数15位までの4頭へ訂正

《コンピ勝負予想》 8点勝負レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数3,4位から
指数12〜15位までの4頭へ流して8点。

コンピ勝負買い目⇒馬連(8,7⇒5,10,12,9)

《予想 結果》 ハズレました

⇒馬番コンピ
(04−06−14)=(6位−5位−1位)=(56−57−80)

画像
4日、小倉競馬場で夏開催を彩る伝統の中距離ハンデ戦、小倉記念(3歳上・GIII・芝2000m)が行われ、レース序盤は9番人気メイショウサミット(馬番コンピ指数6位)(牡7、栗東・高橋義忠厩舎)が前半1000m通過57秒台での大逃げを打つ中、中団の5〜6番手で待機していた武豊騎手騎乗の3番人気メイショウナルト(セン5、栗東・武田博厩舎)が、4コーナーの手前で一気に先頭へ。最後の直線を向いても勢いそのままに、脚色衰えることなく颯爽と先頭でゴール板を駆け抜け、中団待機策から脚を伸ばした5番人気ラブリーデイ(指数5位)(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)に、最後は1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムの1分57秒1(稍重)は、小倉芝2000mのレコードタイム。
画像
さらにクビ差遅れての3着に、3〜4コーナーで勝ち馬と連れるように動いた1番人気マイネルラクリマ(指数1位)(牡5、美浦・上原博之厩舎)が入った。4着は4番人気ダコール(牡5、栗東・中竹和也厩舎)、5着は6番人気マックスドリーム(セン6、栗東・宮徹厩舎)の順で掲示板は確定した。なお、昨年の覇者で2番人気のエクスペディション(牡6、栗東・石坂正厩舎)は見せ場なく6着に敗れている。
画像
勝ったメイショウナルトは、父ハーツクライ、母スターペスミツコ、その父カーネギーという血統。去勢手術による長期休養などを経て、今年の5月に1年1ヶ月ぶりの戦線復帰を果たすと、2戦目の500万、3戦目の1000万を連勝。1600万に出走した前走・関ヶ原S(中京・2000m)は惜しい2着としていたが、格上挑戦のここは武豊騎手の会心の騎乗が決まって嬉しい重賞初制覇。通算5勝目を挙げた。


レース後のコメント

1着 メイショウナルト(武豊騎手)
「狙っていたレース、嬉しかったですね。馬もいい状態でした。仕掛けが早かったとも思いましたが、思い切って勝負を賭けました。でもスレスレのタイミングでした。一歩間違えたら行き場がありませんでした。いいタイミングでしたね」
画像
(武田博調教師)
「前々走の阪神で武豊騎手が乗って勝った時、武豊騎手が"小倉記念あたりは面白いかもしれません"と言ってくれたのが、ここを目指したキッカケなのです。馬がそこまで変わるかと思うくらい変わって、しかも除外になることなく出走出来て、ツキがありました。また枠順も良かったと思います」

2着 ラブリーデイ(川田騎手)
「時計の速いレースでしたが、いい位置でレースが出来ました。直線もよく伸びました。3歳馬の53キロは実質55キロですからね。そんな中、2着は本当に頑張ってくれました」

3着 マイネルラクリマ(柴田大騎手)
「58キロそのものは気になりませんでしたが、勝ち馬との5キロ差が響きました。仕掛けてからの動きが違いますからね。でもこの馬としては本当にいいレースが出来ました。頑張ってくれました。力を出し切っています」

4着 ダコール(丸田騎手)
「直線はいいところがありましたが、前が強かったですね。でもこの馬も頑張っています。苦手と聞いていたこの渋った馬場の中、いいレースをしてくれました」

5着 マックスドリーム(古川騎手)
「時計も速くなりそうだったので、我慢するだけ我慢しましたが、前が止まりませんでした」



馬連(04−06)   2,580円
馬単(04−06)   5,160円

3連複(04−06−14)   4,180円
3連単(04−06−14)  28,220円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

レコード決着ながら、4コーナーからは行った行ったの競馬で決着。勝ったメイショウナルトは内ラチ沿いを通り、勝負どころから一気に前へ。小倉コースを熟知した武豊騎手らしい好騎乗で早めに先頭に立つと、そのまま力強く押し切った。前走1600万クラスで2着と敗れており、格上挑戦だったが、3歳時にはきさらぎ賞でオルフェーヴル、ウインバリアシオンらと差がない競馬。オープンクラスでも戦える素質はあったようで、今後どこまで成長するか楽しみだ。2着ラブリーデイは3歳馬。皐月賞は15着だったが、ダービーではいい脚を見せての7着だった。マイネルラクリマは勝ちにいく競馬を見せたが、今日は勝ち馬の脚が上だった。
画像
ハンデ戦らしい?結果だったが、傾向が掴みにくく、分析に無理があった?また、来年までに検証し直して挑みたい!

応援クリックをよろしく、お願いします。



人気ブログランキングへ



ほかの競馬ブログの予想結果はこちらから!
クリックしてね!?


にほんブログ村 トラコミュ 第5回 レパードステークス(GIII)へ
第5回 レパードステークス(GIII)




ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 大阪杯(2017)へ
大阪杯(2017)
にほんブログ村テーマ 高松宮記念(2017)へ
高松宮記念(2017)
にほんブログ村テーマ 日経賞(2017)へ
日経賞(2017)
にほんブログ村テーマ 毎日杯(2017)へ
毎日杯(2017)
にほんブログ村テーマ マーチS(2017)へ
マーチS(2017)
にほんブログ村 トラコミュ ニッカンコンピで斬る!へ
日刊コンピで斬る!
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
<小倉記念(G3)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる