日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <優駿牝馬〜オークス〜(G1)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/05/20 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜5月19日)東京11R優駿牝馬(オークス)

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



優駿牝馬のニッカン馬番コンピ指数の結果
能力指数順123456789101112131415161718
東京11R
優駿牝馬
05
87
04
65
01
64
16
60
13
56
18
55
06
54
09
53
17
52
14
51
03
50
07
49
02
48
10
47
15
46
12
42
11
41
08
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

5月19日()2回東京10日目11R
 
優 駿 牝 馬オークス)(G1) 】

(芝2400m)(3歳オープン牝馬限定)(定量戦)

画像

《13’予想コメント》 混戦レース?

<過去10年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)実績(連対率50%以上 or 着外3回まで)
芝2勝以上(前走が2勝目は連対なし)
3歳になってから“重賞で3着以内”
(2)ローテーション(前走)
桜花賞組重要視(女王王道)「チューリップ賞⇒桜⇒樫」
桜花賞(3着以内)/フローラS(3番人気以内かつ3着以内)
(3)脚質
前走で中団以降の位置取り(6番手以下)の差し・追込み馬
(4)新阪神コースでの実績(連対)
東京芝2400mのレースに直結する傾向
以上のデータをクリアした該当馬が、2頭いました。
(04番アユサン=指数2位)
(01番レッドオーヴァル=指数3位)

<過去13年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
オークス(優駿牝馬)までのローテーションでは、王道として桜花賞組を重要視!特に「チューリップ賞⇒桜花賞⇒オークス(優駿牝馬)」と駒を進めてきた桜花賞1〜5着馬に、遅れてきた大器が伏兵馬として絡んでくるのか?混戦レースと予想する。
ポイントは、当日(19日)の馬場状態?天気予報では東京50%の降水確率!?今週末は、全国的に雨模様だ。過去を検証すると

00(05−12−16)=(1位−4位−14位)=(77−59−47)
04(13−01−06)=(6位−7位− 4位)=(54−53−56)
08(15−06−10)=(5位−9位− 6位)=(57−52−55)
10(17=18−02)=(1位=5位− 7位)=(70=62−53)

(稍重)馬場状態で4回施行され、(重)馬場状態で1997年メジロドーベル/1987年マックスビューティの2回ありましたが、馬番コンピ資料が無い為、省きました。
桜花賞時の予想でもカキコしましたが、今年は絶対的な存在はいない、混戦ムード!?人気に惑わされず、馬番コンピ指数1位を斬りたいが、押える。去年同様だが、指数4〜9位のBOX狙い!押えに、指数1位から指数4〜9位へ流す。

《コンピ勝負予想》 21点勝負レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数4〜9位までの6頭BOX15点。
押えに、【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数4〜9位までの6頭へ流して6点。

コンピ参考買い目⇒馬連(16,13,18,6,9,17)BOX、馬連(5⇒16,13,18,6,9,17)

< 番 外 編 >
近5年の馬番コンピ指数傾向を重視した変則的な予想で攻略!?
馬番コンピ指数1位〜5位プラス9位から馬番03〜18を選択し、BOXで狙う。

《コンピ参考予想》 ?点参考レース!

【馬連】で
馬番コンピ指数1位〜5位プラス9位から
馬番03〜18を選択、BOX。

コンピ参考買い目⇒馬連(5,4,16,13,17)BOX

《予想 結果》 ハズレました

⇒馬番コンピ
(03−13−05)=(11位−5位−1位)=(50−56−87)

画像
19日、東京競馬場で牝馬クラシックの第2弾・オークス(3歳・牝・GI・芝2400m)が行われ、レース序盤は4番人気クロフネサプライズ(牝3、栗東・田所秀孝厩舎)が単騎で飛ばす縦長の展開。その中で、道中は中団のインコースで待機していた武幸四郎騎手騎乗の9番人気メイショウマンボ(馬番コンピ指数11位)(牝3、栗東・飯田明弘厩舎)が、4コーナーで馬群が一団となる際に徐々に先団争いへと接近。各馬の鞍上の手が激しく動く中で直線に向くと、残り300mで外から一気に先頭に立ち、中団待機策から連れて追い込んだ5番人気エバーブロッサム(指数5位)(牝3、美浦・堀宣行厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分25秒2(良)。
画像
さらに2馬身差の3着に、最後方追走からゴール前で追い込んだ1番人気デニムアンドルビー(指数1位)(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。そのあと4着に、ゴール前で内から脚を伸ばすも力及ばずの3番人気アユサン(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)、5着は17番人気フロアクラフト(牝3、栗東・西園正都厩舎)の順で確定。なお、逃げたクロフネサプライズは失速して12着、桜花賞2着馬で2番人気レッドオーヴァル(牝3、栗東・安田隆行厩舎)は17着とそれぞれ大敗に終った。
画像
勝ったメイショウマンボは、父スズカマンボ、母メイショウモモカ、その父グラスワンダーという血統。年明けの2走目の京都のこぶし賞(500万・1600m)、そして桜花賞トライアルのフィリーズRを連勝し、桜花賞では4番人気に推されたが10着。桜花賞組に別路線組と、桜花賞よりも一段と混戦模様に拍車が掛かった中で9番人気まで人気を落としていたが、早めの抜け出しから後続も完封してみせ、第74代目の樫の女王の座を射止めた。そして、これを導いた武幸四郎騎手は、2006年10月にソングオブウインドで制した菊花賞以来、6年7か月ぶりとなる歓喜のGI制覇となった。
画像


レース後のコメント

1着 メイショウマンボ 武幸四郎騎手
「最近は本当にGIに乗る機会が減っていたので、今日の勝利は格別です。僕のできることは、レースで上手に乗ってあげることだけです。今日は引っ張り切れないくらいの手応えで、道中はなんとか抑えましたが、直線はすごい脚で人間が慌ててフォームがバラバラになってしまいました。今日勝てて本当に嬉しいです。少しゆっくりさせて、また秋にがんばって欲しいです」
画像
2着 エバーブロッサム 戸崎圭太騎手
「返し馬もレース運びもよく、直線でもよく伸びてくれました。今日の感じから馬がよくなっていると感じました」
画像
3着 デニムアンドルビー 内田博幸騎手
「ついていけませんでしたからね......。前に行けないのに無理に押して行っても負担がかかりますし、力を使ってしまいます。これまでのレースでは3、4コーナーで上がっていくところを見せていましたが、今日は前にとりつけませんでした。それでも直線でまた伸びてくれたように、いい根性があります。いろんな経験をして成長してくれればと思います。ようやくここまでたどり着きましたし、秋が楽しみです」
画像
4着 アユサン 丸山元気騎手
「悔しいです。ただ、折り合いもつきましたし、思った通りの位置で競馬ができました。少しテンションが高かったのですが、それは仕方がないです。終いは距離が長いかなという感じで、前とは離されてしまいました。うまく乗っても勝てないのは悔しいですが、またがんばります」
画像
5着 フロアクラフト 松山弘平騎手
「この距離は初めてで、力むほどではないのですが、モタれる感じで走っていました。直線では追い出して、しっかり最後まで伸びて粘っていました。距離が持つということがわかりましたし、GIでも力のあるところを証明してくれました。これからの馬ですし、もっとよくなると思います。でも、悔しいです」

6着 ティアーモ 藤岡佑介騎手
「外から他の馬が行くなら控えようと考えていました。キャリアが2戦しかない中で揉まれる競馬をして、それでも直線では踏ん張ってくれました。使うごとによくなっていますし、上出来です。先々が楽しみですね」

7着 スイートサルサ 蛯名正義騎手
「ジリジリと伸びてはいますが、ビューンと行くイメージではありませんでした。折り合いはつきますが、もっとメリハリがつけばいいですね」

9着 ローブティサージュ 岩田康誠騎手
「馬はよくなっていましたが、我の強い馬で、返し馬から気をつけないといけないし、ゲート入りにも気を遣いました」

11着 プリンセスジャック 福永祐一騎手
「折り合いがついて、スムーズに行けましたが、伸びなかったのは距離なんでしょうかね」

12着 クロフネサプライズ 武豊騎手
「先手は楽にとれました。しかし、力んで走っている感じでした。あれだけ前に行かせると力みは抜けますが、オーバーペースになってしまいます。この馬には距離が長かったですね」

15着 トーセンソレイユ C.ウィリアムズ騎手
「今日の芝レースの結果や、この馬の前走のVTRを見て、好位で進めようと思っていました。今日はスタートがよく、ハミをかんで行ってしまいましたが、リラックスさせようとそのまま行かせました。しかし、最後は止まってしまいました。調教に乗っても重いですし、成長途上に見えます。おそらく来年になったらよくなるでしょう。結果的にもうちょっと後ろから行ってもよかったかもしれませんが、どういう位置取りがレースしやすいのかはまだ見出せません」

17着 レッドオーヴァル C.デムーロ騎手
「道中は折り合いがついて、いいポジションがとれました。しかし、直線で止まってしまいました。距離かなと思います」

18着 クラウンロゼ 三浦皇成騎手
「2400mで出していって折り合えたのは収穫です」



馬連(03−13)  13,880円
馬単(03−13)  31,120円

3連複(03−05−13)  15,610円
3連単(03−13−05) 150,480円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

勝ったメイショウマンボは乗り過ぎるぐらいの気合いっぷり。だが、レースでは中団やや後ろ、インコースでしっかりと折り合いがついた。最後の直線では進路を探し、開いたところで弾けるような伸び。2走前のフィリーズレビューでも末脚は鮮やかだったが、この決め手が東京芝2400mでも発揮された。桜花賞の敗戦で人気を落としていたが、力はあったことを証明した。2着エバーブロッサムはまたしても2着。最後の直線はコース取りの差はあったが、勝ち馬と脚色が同じになってしまった。躓いたデニムアンドルビーは、やはり後方からでは厳しかった。最後は3着まで押し上げているだけに、残念な競馬になってしまった。

狙った予想は、2-3着に入着している為、1着馬を何故?拾えなかったのか?優勝した馬番コンピ指数11位馬=指数値50まで、狙いを拡げる柔軟な予想ができないようでは、いつまでも当てる事は難しい。ただ、単勝は9番人気なので、指数順位と人気のバランスをチェックすれば解消できるかも?また、来年へ向けて検証し直して挑みたい!

改めて、競馬ブログ訪問のみなさま「応援クリックを、

いつもありがとうございます。」


にほんブログ村」及び「ウマニティ競馬ブログ

及び「人気ブログランキング」の


ブログランキングへ参戦中!

応援クリックをよろしく、お願いします。



人気ブログランキングへ



ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ G1に挑め!(秋・冬)中央競馬予想へ
G1に挑め!(秋・冬)
にほんブログ村テーマ 天皇賞・秋(2017)へ
天皇賞・秋(2017)
にほんブログ村テーマ 菊花賞(2017)へ
菊花賞(2017)
にほんブログ村テーマ 秋華賞(2017)へ
秋華賞(2017)
にほんブログ村テーマ スプリンターズS(2017)へ
スプリンターズS(2017)
にほんブログ村テーマ 富士S(2017)へ
富士S(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<優駿牝馬〜オークス〜(G1)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる