日刊コンピで斬る!

アクセスカウンタ

zoom RSS <天皇賞(春)(G1)回顧>をニッカンコンピで斬る!

<<   作成日時 : 2013/04/28 20:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最初に、競馬ブログ訪問のみなさん

「競馬ブログランキングの応援クリックを、

いつも、ありがとうございます。」<(_ _)>


日曜4月28日)京都11R天 皇 賞

の結果をニッカンコンピ指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



天 皇 賞)】のニッカン馬番コンピ指数の結果
能力指数順123456789101112131415161718
京都11R
天皇賞()
08
90
06
69
07
61
01
55
03
54
13
53
15
52
04
51
18
49
12
48
10
47
16
46
09
45
05
44
11
43
02
42
17
41
14
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値)(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

4月28日()3回京都4日目11R
 
天 皇 賞 (春) (G1)】

(芝外3200m)(4歳以上オープン)(定量戦)

画像

《13’予想コメント》 本命レース?

誇り高きステイヤーの最高峰へ!長距離実績は必須!
馬の底力と騎手の技量が求められる伝統の一戦!

<過去10年で見る連対馬をデータで斬ると>
(1)重賞実績(前年に重賞連対)
重賞(G1、G2)連対or菊花賞3着以内
*G1出走経験馬で実績(連対)がないのは消し
(2)馬齢(7歳以上消し)
4〜6歳馬
(3)王道ローテーション(前走4着以内=中2〜5週)
阪神大賞典、産経大阪杯、日経賞
(4)今年の長距離実績(年明けから2〜4走)
芝2500m以上の重賞で3、4着以内経験
*昨秋に菊花賞回避馬は、優勝が無く2着まで
*年明け芝3000m以上を2回以上激走馬は、苦戦。
*G1馬は近5年、優勝が無い
*フルゲート(18頭)の1番人気は、連対が無い
以上の項目をクリアした該当馬は、1頭いました。
(18番ムスカテール=指数9位)

<過去13年で見る連対馬を馬番コンピで斬ると>
怪物“ゴールドシップ”が出走してくる為、本命レースと予想する。
ポイントは、馬番コンピ指数1位の指数値90を想定、過去を検証すると

00(05−02−11)=( 1位− 3位− 2位)=(90−66−68)
06(07−11−01)=( 1位− 2位− 8位)=(90−65−50)
12(01−16−11)=(15位− 2位− 3位)=(43−66−65)

2000年テイエムオペラオー(1着)、2006年ディープインパクト(1着)、
2012年オルフェーヴル(11着)の3例があり、いずれも指数1位もしくは2位が連対している。ただ、去年の場合、前哨戦(阪神大賞典2着)から不安定な状態のまま出走してきたオルフェーヴルとは違い、前哨戦(阪神大賞典1着)から安定した状態で出走してくるゴールドシップに期待したい!
結論としては、馬番コンピ指数1位1頭軸から、相手馬は指数2,3位の2頭に絞る。

《コンピ勝負予想》 2点勝負レース!

【馬単】で
馬番コンピ指数1位から
指数2〜3位までの2頭へ流して2点。
コンピ勝負買い目⇒馬単(8⇒6,7)

< 番 外 編 >
近5年の馬番コンピ指数傾向を重視した変則的な予想で攻略!?
馬番コンピ指数1位〜6位から馬番02〜16を選択し、BOXで狙う。

《コンピ参考予想》 10点参考レース!
【馬連】で
馬番コンピ指数1位〜6位から
馬番02〜16を選択、BOX。
コンピ参考買い目⇒馬連(8,6,7,3,13)BOX

《予想 結果》 ハズレました

⇒馬番コンピ
(06−01−13)=(2位−4位−6位)=(69−55−53)

画像
28日、京都競馬場で古馬長距離No.1決定戦・天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m)が行われ、道中はケレン味のない逃げでレースを引っ張った12番人気サトノシュレン(牡5、栗東・村山明厩舎)から15馬身ほど離れた中団前目あたりを追走していた、蛯名正義騎手騎乗の2番人気フェノーメノ(馬番コンピ指数2位)(牡4、美浦・戸田博文厩舎)が、2周目3〜4コーナーで内から徐々に前へと接近しての早めのスパートを開始すると、最終4コーナーで先頭に並びかける強気の競馬で直線に向いて後続とのリードを広げにかかり、残り250mで完全に抜け出して、同じく中団追走から最終4コーナーで先頭に並びかけて脚を伸ばした3番人気トーセンラー(指数4位)(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)に、1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分14秒2(良)。さらに2馬身差の3着に、ドバイワールドC2着を経ての挑戦で好走を見せた6番人気レッドカドー(指数6位)(セン7、英・E.ダンロップ厩舎)が入った。
画像
なお、4着には直線内から脚を伸ばした4番人気アドマイヤラクティ(牡5、栗東・梅田智之厩舎)が入り、単勝1.3倍と断然の注目を集めたゴールドシップ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は、いつもの通り後方からのレースを運んで勝負所を追い上げるも反応鈍く、ゴール前で上位各馬の大勢が決した後にようやく追い上げを見せての5着が精一杯という結果に終わった。
画像
勝ったフェノーメノは、父ステイゴールド、母ディラローシェ、その父Danehillという血統。昨年の日本ダービー2着、セントライト記念1着、天皇賞・秋で2着と、強豪4歳世代の中でもトップクラスの実績馬が、4歳休み明けの初戦・日経賞を楽勝。香港遠征といった事前プランもあった中、その強さに惚れ込んだ関係者が同世代のライバル・ゴールドシップとの直接対決を選択し、最終4コーナーではその意気込みに通りに、どの馬よりも先に先頭に立って最後まで脚どり確かに押し切るという、ライバルのお株を奪う「ロングスパート」で嬉しい嬉しいGI初制覇を飾った。
画像


レース後のコメント

1着 フェノーメノ(蛯名騎手)
「調子も良かったですし、自信を持って乗りました。1周目の坂の下りをうまく乗り切れれば、と思いましたし、うまく行きました。この馬のリズムを崩さないように、後ろから馬は来ていてもこの馬の競馬をすることだけ考えていました。古馬になってから本当にしっかりしてきましたし、この先も楽しみですね」
画像
2着 トーセンラー(武豊騎手)
「惜しかったですね。レースは本当にうまく行きました。ただ、勝った馬は強かったです。一度も前に出られませんでした。それでも距離はこなしてくれましたし、馬もグッと良くなっていました」


3着 レッドカドー(G・モッセ騎手)
「馬場が硬いことで、馬が自分のベストを出せずセーブした感じになってしまいました。しかし、レースの結果自体には満足しています」


(ロビン・トレヴァー=ジョーンズ調教助手)
「素晴らしいレースをしてくれて誇りに思います。あのような外枠からのスタートで、外めのレースを強いられながらも本当にいいパフォーマンスを見せてくれました。この後は、シンガポールに向かう予定で、その後一息入れさせて秋はメルボルンC、ジャパンC、香港のローテーションで行きたいと思っています」


4着 アドマイヤラクティ(岩田騎手)
「堅実なんですが、やはり道中力んでいましたね。直線はよく盛り返しています。3〜4コーナーでスムースに行けたなら、もう少し良い結果になったと思います。でも一線級相手にこれだけのレースが出来たのですから、この馬もパワーアップしているのでしょう」


5着 ゴールドシップ(内田博騎手)
「4コーナーでトーセンラーとフェノーメノに並ぶつもりで強気に動いたのですが並べず、直線ではジャガーメイルにサッと行かれてしまいました。この馬の持ち味を出せませんでした。負けたことは悔しいですが、次に向けて挽回出来るように頑張りたいと思います」
画像


8着 トウカイパラダイス(柴山騎手)
「1周目スタンド前で少しムキになりましたが、すぐに落ち着きました。勝ち馬に思ったより早めに来られて、交わされた後もバッタリ止まっていません。このメンバー相手にこれだけのレース、この経験が今後に生きてくればいいですね」

9着 デスペラード(浜中騎手)
「今の京都は、好位で器用に立ち回る馬に有利ですね。後ろから行く馬には厳しい展開でした。でも今日のレースの経験が生きてくればいいですね」

12着 レッドデイヴィス(北村友騎手)
「1周目は流れに乗れましたが、2周目から脚色が怪しくなりました」

15着 カポーティスター(高倉騎手)
「ゲートを出て接触して、1〜2コーナーで折り合いを欠いてしまいました。ロスなくレースは出来ましたが、勝ち馬が動いて行った時について行けませんでした。最後は脚をなくしてしまいました」

16着 ムスカテール(福永騎手)
「1周目3コーナーでいいポジションでしたが、2周目の3コーナーで余力をなくしてしまいました。スタミナを生かすレースをしたのですが...」



馬連(01−06)   3,190円
馬単(06−01)   6,500円

3連複(01−06−13)  21,880円
3連単(06−01−13) 111,830円


(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合して下さい

勝ったフェノーメノは京都芝コースも3000m以上の距離も初めてだったが、素晴らしいレース内容。早々に折り合いをつけると、勝負どころから持ったままで好位へ。早めに先頭に立ち、後続を完封した。昨年は悔しいレースが続いたが、ここで悲願のG1初制覇。宝塚記念以降のレースも非常に楽しみとなった。

トーセンラーもほぼ完ぺきなレースをしたが、相手の力が一枚上だった。外国馬レッドカドーは人気がなかったが、近走の充実ぶりを示す好走と言えるだろう。問題は圧倒的人気を裏切ったゴールドシップだろう。序盤から終盤にかけての位置取りは、いつもの通り。ただ、勝負どころでの反応がいつもより悪かった。最後は失速しかけながら、結局5着に残っており、完全にバテていたわけではない。馬の気持ちの問題だろうか。すぐには敗因がわからないような敗戦だった。

悲願のGT馬フェノーメノが誕生した瞬間!馬群に沈んでいくその姿だけは、見たくも無かった!?どうした”怪物ゴールドシップ”!?まさかの惨敗!?予想もハズレ?また、来年へ向けて検証し直して挑みたい!

改めて、競馬ブログ訪問のみなさま「応援クリックを、

いつもありがとうございます。」


にほんブログ村」及び「ウマニティ競馬ブログ

及び「人気ブログランキング」の


ブログランキングへ参戦中!

応援クリックをよろしく、お願いします。



人気ブログランキングへ



ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数:
TweetsWind
Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ G1に挑め!(秋・冬)中央競馬予想へ
G1に挑め!(秋・冬)
にほんブログ村テーマ チャンピオンズカップ(GI)へ
チャンピオンズカップ(GI)
にほんブログ村テーマ ジャパンカップ(2017)へ
ジャパンC(2017)
にほんブログ村テーマ マイルチャンピオンシップ(2017)へ
マイルCS(2017)
にほんブログ村テーマ エリザベス女王杯(2017)へ
エリザベス女王杯(2017)
にほんブログ村テーマ 天皇賞・秋(2017)へ
天皇賞・秋(2017)
にほんブログ村テーマ 菊花賞(2017)へ
菊花賞(2017)
にほんブログ村テーマ 秋華賞(2017)へ
秋華賞(2017)
にほんブログ村テーマ スプリンターズS(2017)へ
スプリンターズS(2017)
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
<天皇賞(春)(G1)回顧>をニッカンコンピで斬る! 日刊コンピで斬る!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる